CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT THIS BLOG
当ブログは、管理人の個人運営となっております。KAT−TUN・赤西仁さん、及び所属事務所とは、一切関係ございません。また、内容の無断転載もご遠慮下さい。
ブログはリンクフリーですが、もしお申し出いただける場合は、リンクのメールフォームよりお知らせいただけますと幸いです。
その他、管理人へのメールも、メールフォームよりどうぞ♪
それでは何にもないブログですが、お付き合い下さいませ。
VISITERS


ただ今のお客様:
SEARCH


OTHERS











SPECIAL
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

飛び込み前転 な キモチ

KAT−TUNがすき
赤西仁くんがすき
ほんとすき 大すき 寝ても醒めても。
それはもう
飛び込んで回ってしまいたいくらいに。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
さて、今夜は。
部屋の片付けがやっと済んだーーーー
(時計の針が一回りしちゃったよ;)
結局大した更新できなくてすみません;

さて。今年ももう、最終日を迎えましたね。
今夜は、待ちに待ったカウコンです^^
MAKO、去年も書いた気がするけど、
KAT−TUNコンの次くらいに、カウコンがすきなんです。
(ぶっちゃけ去年は…だったけどね;)
普通の単独コンとはまた違ったわくわくとゾクゾクがあって、
ある特定のユニットに強く惹かれているからこそ、
楽しめる部分がすごく大きいと思うんだよね。
特に一昨年のが最高だったんだぁ…


今日は、結局どの友人とも適当にしか連絡をしてないので;、
まぁ適当にぶらぶらしよーーっと。(果たしてあれを約束と言うのだろうか;)
公演自体は深夜だけど、グッズのこととか考えて、
結局早く行くことになるんだろうな…
まだ平気って思ってると、ぐずぐずしてぎりぎりになっちゃうんだもん><

また誰か偶然会えないかな〜〜
MAKO約束してないのにお友達に遭遇する率かなり高いんだよね〜

カウコンに1人は初めてなんだけど、緊張する…//
周りはどのユニットファンが多いだろうな…
去年めっちゃアウェイだったんだよね;
てか今年はお天気は大丈夫かな??
いつだか雪降った年あったよね;

***

カウコン後、元旦は、KinKi兄さんにお逢いして参ります!
姐さんからの情報によると、今回はアリーナのかなり良席みたい^^
楽しみ〜〜〜vv(もちろん予習済み◎)
一旦帰って来るかどうかはわからないけど、
カウコンレポも余裕があれば上げます!
や、でも放送あるし、あんま必要なかったり??


てかこの姐さん。
このブログではちょいちょい登場しちゃうお方なんですけど、
MAKOとタメでありながら、かれこれ10年以上(デビューより遥か以前から)
光ちゃんを愛し続けている、筋金入りのジャニヲタってゆう;
で、こいつがほんと、ありえないくらいに降りてるんだよね。笑いの神

こないだね、コンサートのこともあるし、
せっかくだから会おうよってデートしたのね。
で、予習目的だったから、CD借りたかったのに、
ケース開けた瞬間空だったりとか(爆)
←しかも、2枚頼んだんだけど、もう1枚は別のCDだったし;
それ借りるためのデートだったのに…

黙ってれば…美人さんなのに…

そうそう、大学のミスコンに出場なさったらしい姐さん。
なんと準ミスだったらしい(激爆)
(しかも出場動機は、賞金目当てだったと;)

2人でずっと、
「黙ってれば準」
と、彼女の容姿を形容してたんだけど、
ふと思ったんだけど、

しゃべってたらミス

だったかもしれなくね??

……や、ないな;(←親しき仲にも!!汗)

ほんと話は尽きなくて、もう最初から最後まで爆笑しっぱなしだったんだけど、
(「ディスティネーション変更」は忘れない、爆>私信)
せっかくできた「王子彼氏」との恋愛を

「Another Christmas」に準えるんじゃねえ!!(激爆)

確かに、シチュエーションダダかぶり過ぎてウケたけど、
「ちょっと月がずれちゃったんだけどさ、…」
とか何とかサビをフルで披露してまで別れ話をそんな面白おかしくΣ( ̄□ ̄;)


さすがです姐さん…(号泣)
次は正真正銘の王子を引っ掛けなよ;


てゆうか部屋の整理中に、アルバムが出てきたからちょっと見てみたんだけど、
ほんっとうちって男子校。(←え??)
みんなありえないくらいにバカ面・アホ面なのに、
みんなありえないくらいに大好きだったな…

今度の成人式でみんなに会えるの楽しみにしてよーーっと^^

せっかく振袖着ても、あのメンバーが集まったらまた
完全にあの頃のノリに戻るんだろうな。
ま、それが楽しみなんですけど。

てかアルバムのMAKOのクラスの集合写真、
MAKOの隣で爆笑してるT中が面白過ぎるから、見て!(>私信)

***

さて!
これから一旦寝て、もうひとつくらいエントリ上げてから、出発します^^

今年をね、落ち着いて振り返っておかなくっちゃ。

つかねっみぃ……

| KAT−TUN以外のコンサート | 06:17 | comments(1) | - | pookmark |
ポジティ部部長、任命。
もうだいぶ間が空いてしまった気がするのですが、嵐コン。
こないだの、ドームでの嵐コン、本当に本当に楽しかったから。
自分の体験を書き留めるこの場に、きちんと残しておきたくて。
少しずつ少しずつだったけど、やーーーっとできた。
また携帯からじゃ見れないのかなぁ。


ただ、以前からゆってますけども、レポは書けません。
KAT−TUN以外。
単なる感想文です。
しかもやはり、KAT−TUNファンである自分は常なので、
ちょいちょい比べたり通して見たりしています。

完全に、MAKOの見た、嵐コン。MAKOの感じた、嵐コン。

けど、仲のよい嵐ファンがいてくれるおかげで、
ファンの人しか知り得ない事情、感覚、結構詳しくはあるのかな。
だから、KAT−TUNファンが見た嵐コンの感想なんだけど、
嵐語もよく出てくるかもしれませんので、
このブログのお客様の大多数であろうKAT−TUNファンの方には、
わかりづらい文章かもしれません。
かと言ってここへわざわざ嵐ファンの方がやって来るわけもなく;
また仮に万一嵐ファンの方の目に触れたとして、
嵐ファンの方を喜ばせたり納得してもらえるような内容でもなく。。

結果的に、ストライクゾーンの非常に狭い、不親切なエントリになるかと(爆)

お許し下パィ(←これはカトゥーン語、笑)


あ、何気にヘイセイくんたちが勢ぞろい。
よもやKAT−TUNよりも短いインターバルで彼らに再会することになろうとは;


続きを読む >>
| KAT−TUN以外のコンサート | 14:51 | comments(3) | - | pookmark |
いつまで経っても。



わっけーな、嵐。



やっぱ嵐コンも、毎回欠かさず行っときたいね。




ま、そりゃさ、より一層。
KAT−TUNコンが見たくなるに決まってるけど。



でも、嵐、逢えてよかったよ、今日。


ありがとう。


| KAT−TUN以外のコンサート | 21:38 | comments(1) | - | pookmark |
コンサートの、お話。
つっても、別に今度の春コンについて新しい情報があるわけでもなく(爆)
ちょっとね、今日見つけた雑誌で色々と思うところがあって。

いやしかし今日もずーーーっと働いてたなぁ。
なんかこないだキッチン作業習ってから
(うちの店では「キッチン」とはほんとは言わないんだけどね)
よくそっちに回されるんですけど…
ベテラン店員は新人さんに付きっ切りになっちゃってさ、
「お前今日もバックね」「…わかった」みたいな。
特に、資材搬入とか男手が必要なときは、
バックの男の子みんなそっち行っちゃうから、
その間ずっと1人で黙々と注文作らなきゃいけなくて、
ほんとね、テンパるって!!
なのになんでもうトレーナー付いてくんないの??
私キッチンに関してはただの新人じゃん!
しかも今日はキッチンのクローズのし方まで叩き込まれて、
なんだ?もう私は完全に全体的にあの店を閉めることを
できるようにならなきゃいかんのかい??
もうちょっと段階を踏んではくれんのかい??
あ、そう。。

なんか最近すげー勢いでトレーニングをされるんですけど;
もうすぐ年度が変わるからかなぁ。
もちろんやめちゃう人もいるしね。

がんばろ…。


あ、そーいえば!
Pちゃんの月9正式に発表あったね!
亀ちゃんがやってPちゃんまでやっちゃったらこれ、
仁くんも近いうちやるってもう決まったようなもんだな!(←無理矢理。)
ラブいの希望!!
絶対「赤面赤西」(←“赤面”と“赤西”を並べたかっただけ、爆)的な
きゅんきゅんしちゃってどうしようもないやつ希望!!><

なんかちょっとぶっ飛んだストーリーのラブコメみたいだけど、
最近はやっぱトレンディドラマってか大人っぽいシリアスなラブストーリーは
連ドラ枠ではウケないのかなぁ。
聖のも一応「ラブコメ」って括りだったもんなぁ。
こっちは“コメ”の方が強いのかもだけど。

仁くんにはさー、超ーーーー濃厚なやつやってほしいわけ。(←さらりと。)
超似合いそうじゃない??
超かっこよさそうじゃない???

亀ちゃんはね、私正直、
実際やってるの見るまで恋愛ものは想像できなかったんだけど、
仁くんのラブもの妄想は早い段階からそれはそれはリアルだったからね(爆)

映画でもいい!!!
anegoもかなりかなりかーなーりーよかったけど、
完全に切ない系シリアスラブストーリー(できれば濡れ場アリ!)
(←一見オブラートに包んだようで実はかなりな直接表現、爆)
が見たいよ!仁くん!!

昔、めっちゃ「失楽園」にご執心だった頃は
ほんとまだまだ子供だったけど
(当時今の私より年上?か同い年くらいだったのに、
 お子ちゃまだな〜〜って思った、爆)、
今だったらちょっとリアル過ぎて笑えないよね。
でもなんか、本人もやりたいっつってたし、
(「やりたいけど俺にはまだムリムリムリ!」つってたのがもう超かわいい><)
もうやってしまえ!失楽園でも愛ルケでも!
ああやばひ><見た過ぎる…(←深夜に暴走)

あ、月9からだいぶ話が飛んだわ(←夢から醒める。)
Pちゃん、頑張ってね〜〜


******

それでですね。
今日バイトの帰りにコンビニでね、雑誌を立ち読みしていて。
私、KAT−TUNが載っていようがいなかろうが
「日経エンタテインメント」って、趣味で毎号読んでるんですけど、
あれにね、色んなコンサート会場云々的な記事が載ってて、
そのページ(P38と39)のドームコンサートの写真がね、
なんとこないだのKAT−TUNコンのだったの!
ちっちゃい写真だったんだけど、5月の追加公演のやつでさ、
あの4つのでっかいスクリーンに映し出されていたのは
紛れもなく赤西仁様だったわけですよ!
私が仁くんを見間違えるわけがない!!
もっと言うなら、あれはオープニングのリアフェだね(←マニアック。)
あの衣装とムービングの配置とメンバーの位置からしても。

なんか思わぬところで仁くんに出会えて、ちょっと嬉しかった^^


そのページはね、会場費とか資材費とか
そうゆう裏方的な内容の記事だったんだけど(経済誌だしね)、
照明とか特効、その他色んな費用について
アーティストとか会場に沿って挙げられてて。

なんかさ、昔を思い出しちゃったな。

私吹奏楽部だったのね。
で、1年の最後、3月にやるコンサートは、
校外の大きなホールを借りてやってたんですよ。

予算とにらめっこしながら、
色んな演出考えたり、構成練ったり、
何をいくつ借りて、リハーサル室と楽屋は何時まで借りられて、
衣装はどんな風にして、裏方はこんな風に動いて、
とか、すんごいハゲそうになるくらい頭使うんだけど、
よくね、コンサートの打ち合わせとかって聞くと、
その頃のこと思い出すんだよね。
ま、私たちの場合「予算」のウエイトがでか過ぎたんですけども;


やりたいことを実現させるのって、思ってる以上に実は難しくて。
ひとつ新しいことをやろうとすると、確実にどこかしらにしわ寄せがあって、
「妥協はしたくない」って言葉が綺麗事に思えてしまうほど
諦めざるを得ない事情もいくつも出てきて、
でもそれを「妥協」にしてしまわないように、
どう納得できる状況に持っていくか最善を尽くして、
アイデアを搾り出すように話し合って、
もう毎日毎日問題が出て来る、って感じだったなぁ。
構成や演出で悩むのは別に外のホールでなくてもそうだけどね。

まぁ普通のアーティストの場合、
よっぽどのことでなければ予算はあんまり気にしなくていいんだろうけど;

それにしたって、「どうコンサートを作っていくか」って、
真っ白なところに好きなものを描いてくのは楽しいんだけど、
1人で作るんじゃないから意見がぶつかったりもするし、
初めにあるキャンバスが白ければ白いほど戸惑うこともあるし、
かと言って前とおんなじもの、誰かがやったものはやりたくないし、
わくわくとため息が詰まったような作業なんだよね。

でも。
頭で描いた構想が形になったときって、もうほんと、
思ってた以上に達成感があるの。
一生懸命考えて、温めてきたものを、
精一杯の心で、パフォーマンスで、披露して、
たくさんの拍手をもらって、お客さんを笑顔にして、
「ああ、これでよかった」って。


私は、あんまりがつがつ自分のやりたいことを押し付ける方じゃないんですけど、
信頼する仲間が決めたことだったら、それが自分にとっても一番やりたいことだ
って思うようになってたんだよなぁ。いつからか。
もめたら、どっちかの側に立ってフォローすることもあったけど、
どっちに決まっても、何に決まっても、
みんなが決めたことならすぐに心から納得できたの。
まぁ基本的に私の学年の仲間たちは、いい意味でおバカさんが多かったから、
すっごくもめても決まっちゃうとケロッとそっちに向かうような
可愛いやつらばっかだったけどね。


でも私、今思うと、仲間たちをマインドコントロールして
自分のやりたいように仕向けてたのかなぁ。
曲決めにしても。コンサートの構成にしても。
もっともらしい話術でねじ伏せてた、とも言いますけども(極悪人じゃないか;)

でもほんとにね、私「それは絶対やだ!」ってことってほとんどなくて、
他の子に何か提案されると、とりあえずまず「あ、いいんじゃない?」」なの。
でも、問題点を潰しながらそれを実現に向けて具体的にしていく段階で
「それはそれでいいから、例えばこうするとか…」って
常にそれを発展させた形で返してたから、
結果的にそれにみんな乗っかってくれてた…気がする…今思うと(爆)

それとか、
「それをやりたいなら、現実的に方法を具体化してみて」とか、
あれはもしかしたら、私なりの反対だったのかしら。今思うと(←3回目)。
(どー思うー??>私信、爆)

だってさ、私こう見えて(どう見えて??)部長だったんですけど、
その権利を濫用したことなんてない(と思う←おいっ)けど、
結果的にみんな、なんか乗っかってくれちゃってたんだよね。
最終的に私が納得できないようなものなんてなかったもんな。
確かに他の人よりストライクゾーンがだだっぴろいのはあると思うんだけど、
思惑通りに(←こーゆう言い方がせこい;)事が運んでばっかだった気がするわ;

そのときは無意識なんだろうけど、後から
「なんかいつも結局はMAKOがこれって言ったやつになるよね」
って言われたもん。あ、嫌味じゃないけどね^^;

でもほんと、みんな私にしてやられてくれちゃって、私は当時から
「こいつらほんと盲目純粋なおバカさんでかわいいな」と思ってたけど、
後になってその頃の話になると
「あの頃はほんとMAKOに踊らされてた」
みたいなことを超よく言われる。嬉しそうに。(←この辺が最高にかわいい)
その上仕事もよくできる子ばっかだったから、
部長はほんとにやりやすかった!(←1番ダメ人間)
ほんとありがとね>こんなところで私信告白(激爆)


でもそうやってさ、信頼できる大すきな仲間たちと
あーでもないこーでもない、
あれがやりたいこれがやりたい、
あーするとかっこいいこーするとダサい、
とか色々ぶつぶつ言いながら頭の中のイメージをお互いにすり合わせて
目に見える形に作っていくのって、
ほんとうにほんとうに貴重で素敵な時間だと思うんだよね。

もちろん曲作りに関しても言えることだけどね。
この曲をどう演奏することで何を表現して、
この演奏会でお客さんにどんな幸せをあげて、
そうやって日々コンサートを作ってると、
曲にもコンサート自体にもものすごい思い入れができていくの。
隅々まで全部が大切で、きらきらした自分の一部になるのがわかるんだよね。



KAT−TUNもさ、もちろん、
歓声を浴びることだとか、人前で思う存分歌うこと自体にも
わくわくしてるんだと思うけど。

でもこうゆう、アーティストな部分にもきっと魅力を感じてると思う。
だから、どんなに忙しくなっても
セルフプロデュースって形を崩さないんじゃないかな。


でもそれってね、
そうやって、「自分たちがやりたいものを作りたい」ってね、
それってものすごくKAT−TUNがすきってことなんだよ。
KAT−TUNが大すきだから、とても大事だから、
コンサートも隅々まで自分らの納得のいくものを作りたいって思えるの。

これはほんとに、ほぼ確信に近い形で言い切れる。
自分の経験からってゆうのもそうなんだけど、
そうじゃなかった例も知ってるから。

私の場合は、部だったり仲間だったり、
ものすごく思い入れがあって大切だったから、
ひとつひとつの曲も、コンサートも、全部大事に本気で作った。

でも、その思い入れが欠けてしまっただけで、
曲やコンサートに対する熱も冷めてしまうの。
せいぜい「言われたこと・決まったことを精一杯やろう」、
程度の意欲しか湧かなくなるんだよね。
意見をぶつかり合わせること自体、億劫にしか感じないもん。絶対。


KAT−TUNも、
歌が好き、ダンスが好き、それを人に見てもらうのが好き、
だからコンサートが好き、
それだけの気持ちじゃ、わくわくしない。
とにかくまずKAT−TUNがすきだから、
KAT−TUNコンを作るのが楽しくて仕方ないんだよ絶対。

KAT−TUNの転機は初単独コンの神様コンだって、
メンバーみんなよく言ってるよね。
「あのときくらいから、KAT−TUNでやって行こうって思うようになった」って。
それ、すごいわかるもん。
他の仕事ももちろん6人でこなしていくことで
KAT−TUNとして固まって行った気持ちはあると思うけど、
本業とも言うべきコンサートを初めて自分らで作り上げるって、
ほんと、ものすごく大きなことだから。


それから、それを人前でやりたいと思うのは、
拍手とか歓声とか、単にそれが欲しいんじゃなくて。
普段支えてくれる人に対して自分たちが頑張ってきた成果を見せることで、
大きな感謝を伝えたいんだよ。
そのくらいに、聞いてくれるお客さんもすごく大事。
大切で愛しくて、「ありがとう」でいっぱいになるの。



KAT−TUNはコンサートを作る上で、
いつもまず大枠のデッサンは仁くんが引くんだよね。
これ、他グループファンの友達にゆったら意外って言われたけどさ。
「何にもないところから何か生み出すのが得意なアイデアマン(byじゅんの)」
ですからね。彼は。完全右脳派(爆)。

仁くんがそのときに、
自分の意見が通らないとやだ、とか、
絶対に押し通すほどわがままで自己中、とかって
KAT−TUNファンの中では結構有名な話だとは思うけど、
その手の話聞く度、MAKO嬉しくて嬉しくて。
「仁くんそんなにKAT−TUNすきなんだぁ」って思えるんだもん。

仁くんが変わったこと考えて、
それをコンサートで(多少無理矢理だったとしても、爆)実現させて、
後から「あれ俺が考えたの♪」って嬉々として言われる度に、
泣きそうなくらい嬉しいもん。

仁くんのわがままに乗っかってくれたKAT−TUNもスタッフさんも、
すっごい愛しく思えるのよ。
「やれやれ」でも「それいいじゃん!」でもどっちでも。
わがままだってわかってて引き下がらない仁くんも、
それ自体がいいって言ってるんじゃなくて、
それほどの意欲でもってコンサート作りに臨んでるんだなってことが、
もうほんと嬉しくて仕方ないんだよ。

ただの仕事でコンサートをしてる感覚じゃ、
そんなに熱くなれないよ。


仁くん、君、KAT−TUNすきだね?
君ら、KAT−TUN超すきだね??
だから、KAT−TUNコンすきだね???

それがわかるから、コンサートってすき^^
会える感動とは別にそうゆう感動も、いっぱいの感動があるから、
きっとコンサートってやっぱ別格なんだろうなぁ。


MAKOの中では
「コンサートやりたい」=「KAT−TUNがすき」
「コンサートやりたい」=「いつもありがとう」
って勝手に変換されるから(爆)


大すきです。ほんと、大切な時間です。
KAT−TUNコンサート。

会いに、愛に、行くよ♪♪



| KAT−TUN以外のコンサート | 03:56 | comments(1) | - | pookmark |
KinKi Kidsコンサート〜Harmony of Winter〜
どうも。
今日バイト先でヨーグルトかぶったMAKOですけども(爆)
や、私のせいじゃないから。
てかほんと混み過ぎ。。
でも従業員が三が日は少ないのよ〜〜
でも三が日は逆に世の中も休みだから必然的に客も多いのよ〜〜
結果的に休日の昼ピーク並の混雑を
昼ピークの半分以下の人数で回さなきゃならなかったのよ〜〜

死ぬかと思った。。

今週は何気に40時間だったよ〜〜

…なんかもうパートタイムなジョブじゃねぇべ…(爆)
がっつりお勤めしちゃってるじゃん(汗)
週休2日のお勤めと勤務時間変わんないじゃん。。
引くわーーー
バイトだけしてるわけじゃないのに;


て、ゆうか。
このエントリ、ほとんど昨日書いたものですので、
ちょっと読みづらかったらごめんなパィ;
内容書いてる途中に力尽きたのです…(汗)

てゆうかこうやって見ると私のエントリって大概バイトの愚痴から始まるね;
まぁ聞いてやって下さいよ。ここくらいでしか愚痴れないから;


タイトルにありますように、先日のKinKiコンについてですね。
いつも言ってますように、KAT−TUN以外のコンサートについては、
レポじゃないですよ。レポは書けません。
KAT−TUNのしか。

ですけども、
KAT−TUN担目線でのジャニーズコンはこんな印象でしたよ〜
と。そんな感じの感想くらいは語りたくて。
聞きたい人のみどうぞ〜〜


(以下、昨日記入分)
******

年末年始人手足りなくて従業員人数半分だったよ…
疲れたけど6日連続これかぁ…ちょっと厳しいね…;
てゆうかぷっすま撮り忘れたーーーー(超号泣)
Pちゃんのビビリ王見たかったよおぉう><
白虎隊の宣伝絶対してたじゃん。。
だって3日だと思ってたの。。
中途半端にKAT−TUNの絡みが薄くなると
救済頼めないからなぁ。。

あーもうすっごいショック><!!!


******

さてさて。
KinKiコン。
やっぱ素敵だったよ〜〜〜
2日間入ったので、ごちゃまぜにしながら印象に残ったとこをば。


なんかね、私はいつも基本、楽しいパーティーにでも参加するような心持ちで
コンサートってやつに臨んでいるのですが、
KinKiコンはちょっとその類ではないかな〜〜
と、思った。

ジャニーズのコンサートって、
「手振ってほしい」とか「こっち向いて笑ってほしい」とか
そうやってお客さんの側が何かを得るつもりで臨んでる部分が大きいと思うけど、
KinKiファンは、尽くすタイプが多いのかしら(爆)
なんかね、KinKiに対して何かを与えてあげたいって感じで
臨んでるお客さんが多い気がする。

ただただ、
「2人の歌が聞きたい」
「2人の元気な姿が見たい」
「2人が仲良く戯れる姿が見たい」
そして何より「それを喜んであげたい」ってゆうのかなぁ。
てゆうか、「そんな私たちファンを見て幸せになってちょうだい」って感じ。

KinKiコンって、歓声じゃなくて拍手なのね。
他のジャニーズコンサートに慣れてる人は、
初めてのときは驚くと思うんだけど。
てゆうかKinKi担は特に意識してないらしいけど、
あれは正直びっくりですから(>私信)

その拍手になんか献身的な響きがある気がするんだよね。

ずっと姐さんと一緒にいるからかなぁ。
でも姐さんみたいな人がいっぱいいた気がするわ(恐っ←爆)

***

大晦日は姐さん含むKinKi担のお友達と、元旦は母と入ったんですが。
この2人がさ、もう劇的に降りちゃってるわけ。神が。

笑いの(爆)。

31日は割と早い時間に姐さんと待ち合わせして、
私が遅刻しちゃったんですが、急いでご指定の喫茶店に向かって、
店内にぱっと見どこぞのOL風の長身美女がいたわけですよ。
何てゆうかセレブ風な巻き髪のエレガンスないでたちで、
髪をかき上げる仕種なんか19歳とは思えない色気があって、
「ほんとにこの人かな?」ってちょっと声かけるのが躊躇われたんですが、
私を見つけた瞬間、あのナリでそのリアクションはねーべー(爆)
結構混んでる店内で、満面の笑みでぶんぶん手をお振りになってまぁ…
ほんとウケたわーー;口開け過ぎですから;

抹茶フラ○チーノをちゅるちゅるすすって「コーヒー飲めないから」(爆)
いいよーーーー姐さんいいよーーーーー

そこでしばしいつものようにジャニトーク。
うちらのとこだけたぶん気温高かったよね;

その後超久々にプリクラ撮ったんですけど、
ここでも神降りまくりだったね…
1番ウケたのは、2機目のブースの中で、
「1回目はノープランで撮り過ぎたから、ちゃんと決めてからお金入れよう」
っつってうちわ出したりとかしてたら(出た!ジャニファンプリクラ!!)
姐さんが椅子の前の段差で派手にこけて、
それだけでも大爆笑だったんですが、
お金を入れたら
「ようこそ!段差があるから気を付けてね!」的な文章が(笑)
「遅いよ!もうこけたよ!!」とか、ほんとお前裏切らねぇな(爆)

しかも撮り終わってから
「左側の緑のらくがきコーナーに移動してね」
って出たから
「姐さん、緑だから左だって」
「あ、わかった〜〜」
って言った直後に右側の幕に突進して壁に直撃してたね…

「なんかもう私自身が神なのかも」
……そうでしょうね。。



席は2回とも天井でした。
31日はちょい上手寄り。1日はほぼ真正面。

ここではうちの母に神が降りまして…

ドームの中に入って、開演40分くらい前だったんですが、
母はトイレに並んだんですね。や、これは普通ですけど。
でもうちの母って異常に方向音痴だし思い込み激しいし
細かいことまでちゃんと把握してないし取説とか読めないタイプの人間なので、
絶対1人じゃ席に辿り着けないんですよ。しかもドームじゃ。
だから、トイレの間私も入らないで待ってなくちゃいけなくて。

でも、刻一刻と開演時間が近付いても全然列が進まなくて、
最近覚え立てのメールで
「まだまだだから始まりそうだったら入ってて」と。

心配で心配でしょうがなかったけど、
始まってから入るのはやだったので、
開演3分前まで待って、渋々先に入ったんですね。

「絶対に係のお姉さんに席聞きなさいね」
ってゆうメールを返して、(お姉さんに託した、ともゆう爆)
私は席に着きました。

で、きょろきょろしてたら開演時間になっちゃって、
でもなかなか始まらないから「今のうちに早く><」と思ってたら…

私の列のだいーーぶ右手の方に
うちの母親が腰を落ち着けてたんだよね(激爆)

たまたま空いてた全く違う席に座っちゃってるよあの人!!

って思ったんだけど、呼び戻すにはどうにも遠いし…
何より恥ずかしい><
てゆうか隣の席に私いないのになんで座っちゃったかね…↓↓

そうかーー係のお姉さんでは荷が重過ぎたかーー(爆)

でも何とか私を見つけて、
私結構端の方の席で通路に近い方の席空けといたのに
わざわざ人の多い方から入って来て、
最終的に私の足の小指を思い切り踏みつけやがりまして、
なんかもう開演寸前にすっごい萎えたんですけど;

しかも開演前に双眼鏡のピント合わせしてるとき逆から覗いてたけど、
ちゃんと使い物になったのかしら?あれ。

まぁぎりぎりで開演には間に合ったのでよしとしませう。


なんか開演に至るまでがものすごく長くなってしまったので、
本編は隠しましょうか。ほほほ



続きを読む >>
| KAT−TUN以外のコンサート | 03:53 | comments(0) | - | pookmark |
昨日は。
どもども。
女性誌(セブンや自身)に、亀ちゃんのサプリ打ち上げショットが。
その中身を読んでいて、
「亀ちゃんも立派に芸能人になった」と。
またね、今更ながらにそうゆう感覚。
主役だったんだもんね…


そしてそして!!
昨日はどこへ行って来たのかというと。

2度目のSMAPコンに参戦して参りました。
場所は、あの思い出の、伝説が生まれた、東京ドーム。

もう別にレポとかはいいかと思ったんだけど、
やっぱり見れば見るだけ感想ってやつは生まれるもので。
そうゆうのを書き留めるのが、このブログの目的だから。
書きます。

2度目のSMAPコン↓↓


続きを読む >>
| KAT−TUN以外のコンサート | 23:49 | comments(0) | - | pookmark |
Pop Up! SMAP −飛びます!トビだす!とびスマ?TOUR−
予告しておりました通り、
今日は、我らがKAT−TUNの大先輩でもあり、国民的大スターでもある、
SMAPのコンサートに行って参りました!

今日は2006年9月9日。
デビュー15周年記念の大事な大事な日だったのですよ。
ケーキが出て来たりとかしてね。
でも私今回のツアーは、9月末のドームだけの予定で、
今日は行く予定なかったんです。
でも、これも友人経由で、親子共々お呼ばれしまして…
こんなに大切な日に…ほんとに感謝です>私信

最初にことわっておきたいんですが、
誰のコンサートに行っても私はやっぱり
KAT−TUNファンなんですよ。
正直「担当」って言葉、よく考えもせず使っちゃってますが、
それが「ファン」よりも「オタク」よりも
微妙なニュアンスを補ってくれるのなら、
私は完全にKAT−TUNの「担当」なんですよ。
節操なしじゃないよってことが言いたいんじゃなくて、
他のアーティストのコンサートも、どうしてもそうゆう
「KAT−TUN」ってゆうフィルターを通して見ちゃうから、
その辺はご理解いただきたい。て、ゆう話。

とゆうのはですね。
SMAPのファンにもKAT−TUNのファンにも、
どう思われるかはわからないんですが、
私はどうしても、比べてしまうんです。この2組。
比べようとも、比べまいともしてないんですが、
無意識に重ね合わせてしまう部分が多いの。
他のグループでも、
「これがKAT−TUNだったら…」
とかはね、正直常に思っちゃう感覚なんですが、
SMAPはね、それこそ1人1人のキャラクターに至るまで、
しつこいくらいに比べっこしてしまう。
みんな1人1人違う人なのにひどい話ですよね。
わかってはいるんですけど。。
でもこれは、ほんとあくまで私の主観ですので。
同意できない人もきっとたくさんいらっしゃると思いますよ。
でも、これは私の感想ね。
もちろんどちらも、カラーの違うすばらしいグループだとは思ってるんですよ。

とゆうか。
冷静に考えてみると、「似ている」とは全く思わないんですよ。
でも。ふと。
突然シンクロするときがあるんです。
SMAPを見ながら、KAT−TUN見てる感覚になるときが。
正直逆はないんですが;
頭よりも心が反応しちゃうんだよね。

とにかくですね。
比べてこそ確実に実感できる、お互いの素敵さもあるんです。
だので、
「Impressions Of SMAP Concert
  Compared With KAT−TUN」 ←頭悪そう
って感じに受け取ってやって下さい。

ネタバレも含まれますので、以下から↓↓
長いです。ものすごく。



続きを読む >>
| KAT−TUN以外のコンサート | 22:31 | comments(0) | - | pookmark |
ARASICK×3 Cool&Soul
今日は地味に色んなことがあったよね。
雑誌発売とか、その雑誌での思わぬ発表とか、、
しかし、買いに行くだけで精一杯だったのと、
どうしてもまず嵐を語りたいので、
雑誌はまた今度〜〜


さぁそして嵐!!
そりゃね、KAT−TUNコンまでは熱く語れないさ。
腐っても私はKAT−TUN一筋で生きてきたからね。
しかしね、KAT−TUNがすきだからこそ、
他のジャニーズのコンサートってすげー魅力的で、
お勉強がてら、去年ぐらいから、
他のジャニーズグループのコンサートに、
ちょくちょく通ってます。
でも結構どれも事故的になんだけどね。
しゃかりきになってチケット獲ったんじゃなくて。
ちなみに今年は、済んだのも含めて、
∞(済)、嵐(済)、SMAP(2回)、KinKi(予定)
参加です。もちカウコンもね。言うだけなら、タダ!!
さっきも申し上げましたように、
どれも自分で獲ったんじゃなくて誘われて…ってゆう。
や、前々から「行きたい」とはゆってたんだけどね。
そしたら、各担当さんの友達が、私の分もきちんと獲ってくれて。
昔から周りに、強いめのジャニーズファンが多い、
ほんと私って果報者。
他担の話でも、自分のことのように一喜一憂し合える仲。
ほんとみんなありがと>私信
精神的にもネットワーク的にも(爆)、すごい助かってます
あ、SMAPは母なんですけど(激爆)。

でも基本的にやっぱり、
コンサートには、より好きな人に行ってほしい気持ちがあるから、
「獲れたチケットが余ったら、ぜし声かけてね」
ってゆうニュアンスなんだけどね。
だからKAT−TUNは…
なかなか誘ってあげられなくてごめんなパィ。。>私信;
本当は、特別ファンじゃない人に、
奴らの魅力を見せ付けたいって気持ち、
すっごいすっごい大きいんだけど、
コンサート行けない辛さは…ほんとしんどいから…。。
仲のよさよりも、チケットが獲れなくて困ってる
KAT−TUNファンを探してしまうのです。
優先してあげたくなってしまうのです。。
そこの辺わかってくれるから、ほんと感謝してます。>超私信;
それでも、ご自分の担当様のコンサートには何度も誘ってくれて、
もうほんと幸せですよ。私は。
だから、1回1回、すっごいきちんと堪能しているつもり。

前置きはこのくらいにして。
嵐コンですよ。
∞のときも思ったけど、同じジャニーズといえど、
ほんとグループによって、コンサートって全っ然違うんだよね。
もちろん、脈々と流れてるような
共通の“ジャニズム”みたいなものはあるとは思うよ。
でも、どのグループもちゃんと、
∞なら∞、嵐なら嵐、してるんだよね。
暇があったら、いつか∞コンの感想もUPしようかな。

でね。嵐の場合。
まずびっくりしたのが、すんげー踊ってるよ嵐(爆)!!!!!
今年は特別、「見せる」部分ってゆうか、
視覚的に5人を魅せる感じの演出に力を入れたみたいなんだけど、
いや〜〜それにしてもみんながしがし踊ってらっしゃる!!
もちろん、それぞれ個性や癖はあるんだよ。
でもね、5人とも、「踊る」ってゆうことに、
とりあえずまず一生懸命だったの。
それがもうすっごいかっこよくてさぁ。

KAT−TUNってさ、とりあえずまず、
「自分たちがどう映ってるか」
みたいなことを気にするから、
それでいくと、「かっこつける」ことに必死なんだよね。
自分なりに、全身でいっぱいいっぱいに、
「自分」とゆう人間を、とにかくかっこよく演出するの。
その方法は、ダンスだったりムードだったり表情だったり、
それこそ6者6様で。
ほんともう息もつかせぬ勢いで、ちゃんとみんなかっこいんだよ…
ごほごほ、話逸れましたが、そうゆうとこすごいすきだし、
かっこつけないKAT−TUNはどっか違うと思うから、
KAT−TUNは、それでいいと思う。

でも嵐は、
とにかくまず一生懸命踊って、一生懸命歌ってた。
そうすることで、かっこつけてる感じ。
もうマジかっこよかったよ。

私は、ウタワラで株が急上昇の潤くんと(仁くんとの絡みおいしかったのに;;)、
歌声が最高の智くんが、特にお気に入りで。
(ちなみに友達は翔くんファン☆)
けど自担じゃないから、結構客観的な感じで楽しみました◎
だって嵐が登場したとき、他のお客さんみんな
「きゃーーーニノーーー」とか
「翔くーーーーーん」って感じなのに、
私「すごーーーい嵐だーーーー!!!」っつったもん(爆)
しかも大音量で。(←大迷惑)
初めてでもないのに;

それと感じたのは。
嵐って、1人1人が、
「嵐ーーー」って空気放ってるんだよね。
う〜〜ん、説明しづらいんですが、
例えば5人がバラけて移動してるときとかも、
1人のことをぱっと見ると、誰のこと見ても
「あ、嵐だな」って思うの。
5人全員が、“嵐色”のオーラ放ってる感じなんだよ。
KAT−TUNって、1人1人、放つ空気が全然違うでしょ?
外周とかを1人ずつ回ってると、
「あ、亀ちゃんだな」「仁くんだな」って。
で、ステージで6人揃って初めて、
「俺たちKAT−TUN!!!」みたいなオーラが、
大爆発する感じ。そりゃあもう眩暈を起こしそうなくらい。
1色1色が、「KAT−TUN」ってゆうものを構成してる感じ?
決して混ざり合うとかじゃないんだけど、
すっごい心地よく6人での空気を作り上げるんだよね。
その点嵐は、まずとにかく
「嵐」ってゆうオーラがすごいのよ。
会場全体が、嵐ムードに包まれて。
その「嵐」ってゆう媒体から、
5つの要素が飛び出して来たって感じかなぁ。
どっちも、仲良しなグループですが(だべ??汗)、
パフォーマンスその他の傾向としては、真逆なのかなって思った。

あと嵐のファンサは半端ないね。やばいね。あれはやばい。
あれはクセになっちゃうよ。
クールってか、どっかこう斜に構えた印象だと思ってたニノも、
めっちゃ笑顔でかわいくいっぱい手振るし、
意外に潤くんがすごいファンサキャラなんだよ。嵐担的に。
これは他担にとっては意外じゃないかな?どうなのかな??
で、智くん。
逆光になるからって、自分に当たる照明を遮ってまで、
自分のうちわを一生懸命探して、ピンポイントでサービスするの。
や、てかそう!
嵐ってみんな、すっごい客席見て、一生懸命自分のうちわ探してるのよ。
で、少しでも多くのファンに、
きちんとピンポイントでサービスしてくれるの。
あのくらいファンサしてくれるんだったら、
そりゃ気合入れてオリジナルうちわ作りたくもなるよね。
……と同時に、若干悲しくなりました…;
∞も結構ファンサよかったしな。。
うちだけなのかな…(遠い目)
「今もらえた!」って瞬間、今まであるにはあるんだよ。
でも、自己満のレベルが違う。
ファンサなんて所詮自己満だとは言いつつ、
あれだけもらえたらそりゃ虜にもなるよ…;;
嵐…羨ましいぜ。。いや、もごもご…(爆)

で、ですねーー…
感想じゃないんだけど、嵐って、
フリとコール&レスポの量が半端ない(汗)
滝翼とかもそうなのかと思うんだけど、
嵐には敵わないんじゃないか??
電話で練習させられ、当日会場前で練習させられ(←ひどい羞恥プレイ)、
それでもほんっとちんぷんかんぷんなった(*_*)
しかも隣の席の人が、
「えっそこまで!?」
って担当でもたぶん引くくらい完璧に踊りこなされる方でねーー;
いやもう非常に申し訳ない気分になってしまいました。
友達は、その割によくできてたって褒めてくれたけどね。
次までに精進しよ(ぼそっ)

いやしかし、ほんと嵐見直したよ。
や、普通に私は昔からGの嵐のファンですし(昔は「G」ではないけど)、
それこそちゃんと毎週時間チェックして見てますし、
あーゆう嵐の一面はもうほんとすっげー尊敬してるんですが、
ちゃんとアーティストとしての嵐も、
好きになれました。すごいなって思える。
てゆうかほんといい曲多いしね。
世に出回ってる嵐の曲って、やたら明るい応援ソングが多いけど、
ほんとマジ、それ以外に、普通にいい曲多いと思う。
マイナー系のを初めて聞いたときは、
今まで損してたなって思ったもん。
同時に、世の中みんな損してるなって思うもん。
それはKAT−TUNに関しても言えることだけどね。

ちなみに、入らなかった回に、
会場の外でコンサート中の友達待ってたら、
移動中の相葉ちゃんと潤くんが見れちゃった♪
潤くんはわざわざ会場の外のファンにまで手振ってくれたよ〜〜

その後嵐担のお友達のおうちにお泊りして、嵐三昧☆
コンDVD見て、語って、映画見て、語って、Gの嵐見て、語って、、
ピカ☆ンチはマジ名作だったわ。ほんまに。面白過ぎ。
すごい ぶっ通しで見ちゃったよ。マジで買おうかと思ってるくらい。
けど、嵐のお仕事、羨ましいな、と思う。本気で。
嵐だからってゆうのはわかってるんだけど、
でも、やっぱりね…どうしても、
「これをKAT−TUNがやったら…」
って思って見ちゃう。
ほんとに、色んなことにチャレンジしてほしい。
とゆうより、色んな顔を見せてほしい、かな。
結局自分のためってゆうね;

Gの嵐の枠が移動なさるみたいですし、
どうです?まずは深夜から!!日テレさん!!
ジャニーズ事務所に、デビューしたての、
活きのいい6人組がいますけど!!
Gの嵐のクオリティを考えると、
ずっと深夜でもいいかな、とも思うんだけど、
もうとりあえず、とにかく贅沢は言わない。
とりあえず、冠番組を!!!プリーズ!!!!!
…結構切実だったり…

いや〜〜すげー語っちゃったね。嵐で。
とにかくね、ほんとにありがとう!!
Mちゃん、Aちゃん、
Mちゃんのママ!!ママほんと大好き♪♪
またご一緒しましょう〜〜
ぜしまた誘ってねん♪♪

次からはまた完全KAT−TUNモード戻ります〜〜
| KAT−TUN以外のコンサート | 00:13 | comments(0) | - | pookmark |