CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT THIS BLOG
当ブログは、管理人の個人運営となっております。KAT−TUN・赤西仁さん、及び所属事務所とは、一切関係ございません。また、内容の無断転載もご遠慮下さい。
ブログはリンクフリーですが、もしお申し出いただける場合は、リンクのメールフォームよりお知らせいただけますと幸いです。
その他、管理人へのメールも、メールフォームよりどうぞ♪
それでは何にもないブログですが、お付き合い下さいませ。
VISITERS


ただ今のお客様:
SEARCH


OTHERS











SPECIAL
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

飛び込み前転 な キモチ

KAT−TUNがすき
赤西仁くんがすき
ほんとすき 大すき 寝ても醒めても。
それはもう
飛び込んで回ってしまいたいくらいに。
<< いよいよ! | main | メモだけね。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
今のうちに!!
ファンってのはさーーやっぱゲンキンな生き物なんだよねーーー><(独り言です。)
迷ってるのに限ってさーそんないいカードで来られちゃったらさーーそらもう行くしかないやんかーー(独り言です。2)

ファンの悲しい性ってやつかね…(ひとりごとです!3)


***

てかやったーーー!!!
パソコンが若干復活気味だ!!!
や、つか、最近基本壊れ気味ってか、壊れてる方が最近“日常”って感じで;
こうやって普通に使えるときはとっても運がいいの。
(開いてから2.3分で勝手にアプリケーションが終了しちゃうとかありえなくね??怒)


さ、今のうちに!!
簡単にでも書き残しておこうじゃないか!(そうしようじゃないか!)
(←コンサートシーズンの深夜のテンションとゆうことでご勘弁いただきたい)


一応セットリストに沿って、簡単にね。
MAKOレポ(MAKOの感動文)じゃなくて、メモってか「ここで何してるか」ってゆう。



めっちゃ、ネタばれ含みまっせーーー。



 
基本的に、16日(2日目・竜ちゃんプロデュース)のことを中心に。
(1日目と違ったとこはなるだけ書いときます)

******

最初のオープニングアクトってやつはなくなったのかい??
昨日見たときに「あれ?」って思ってたら、中丸のページに書いてあったね。
…つか、あれだけ煽っといてずいぶんあっさり切ったのね;
や、そらそこにはたくさんの議論がなされたんだと思うけど、
逆にあれだけ言われてるとさ、見てみたかった気も、いたしますわよね。。企画内容だけでも。。><
「15分前」「30分前」とかって踊らされてた頃は、「平日それキツい」とかゆってたのに、
なきゃないで拍子抜けしちゃうだなんて、やっぱ勝手な生き物だな;(全くだ。)

最初はメンバーのアニメーションから始まるんだけど、
6人が飛行機みたいのに乗り込むアニメーションなんだよね。
(じゅんのが「大気圏」がどうのとかってゆってたから、きっとあれはスペースシャトルってことかしら)
(←宇宙をナメ腐ってるとしか言いようがないほど恐ろしいくらいの軽装で乗り込むロクーン、爆)
(シートベルトも地球仕様、笑)

これ初日はたぶん字幕出てなかったんだよねーー
確かに何ゆってるかわかんなかったもん。
それを思ったのか、今日は字幕付けて、すっごいわかりやすくなったと思うなー

ちなみにこんな感じ。(厳密に字幕通りじゃないと思うけど)

↓↓↓↓
亀:あ、トイレ行くの忘れた。
仁:LAはひとりだったけど、今回はみんな着いてきちゃったね。

  (←これ、これ、この言い方、なんかもうどうしようもなくかわいくありません??
    何??「みんな」って!!!「着いてきちゃったね」って!!!!
    しかも「きちゃった」とか言いながらその言い方がちょっと嬉しそうだったのが更にツボだよちくしょう><)
  田口ウザい。(んもーーー) 
淳:大気圏の 入口 出口 田口に入りま〜す
聖:
(ごめんじゅんのの印象が強過ぎて今愕然とするくらい覚えてないΣ( ̄□ ̄;)!)
竜:スチュワーデスのお姉さーん お腹すいたー (じたばた)
雄:ポークorチキン?  チキンで。

←この自由さが、カトゥーン。
つかでもやっぱ、そんな中で他のメンバー絡めるのは案外いつも仁くんなんだよね(きゅん><)


あ、ちなみに席順はね、

    後ろ    
              
       

       


        

     前

ってゆう、シンメおとなり萌へね(デレデレ)

で、宇宙に飛び立ってって始まりますよーーってゆう、体(爆)


最初の慎ちゃんについてはもう、何も言うまい(くふふ)
そんでその後のJr.マンションはあれはもうね、圧巻。その一言です。
色んな意味で、鳥肌モノでしたわーー(200人いるらしい、、)
とりあえず何はなくとも、落っこちないでね><


最初の曲はまさかの。(MAKO的にね)

■RESCUE
ロクーンが上から降りてくる。(去年みたいな感じだよ)(←禁句!!)

亀ちゃんが…立川談志師匠…??(激爆)
なんかね、脱北者?亡命者?みたいな、
何てゆうか、すごく昭和風味の、アレとアレ。(どれとどれ!!滝汗)
仁くんもサングラスだったなーー(←アレのひとつ)

つかなんか衣装がちょっと…地味くない??(色々祭り上げたコンサートのOPの割に;)
や、白くてちょっと爽やかカジュアルテイストでカワカッコイイんだけどね。
キライではないよほんと。むしろ好きなんだけど、カツンコンってOP衣装力入れるイメージだからさー
(今朝のWSで着てたやつね)

これ、間奏のソロダンスはPV仕様で。シビれた〜〜〜><

■ONE DROP
そのままムービングでガーー。
…もうちょい…サビ踊ってくれてもええんちゃうん(泣)??
せっかく一緒にできるフリなんだから、お客さんにも「覚えて!」アピールすればいいのに。。
ねえじゅんのちゃん(よしよし)

「信じ続けてるー」の後の「uh−」のとこで、
音楽が途切れて、花道の両脇に水芸チックな(モーゼ的な、爆)演出。
その後、仁くんが「Bang!(←バァン)」って感じでゆうの><
マイクを「HELL, NO」の最後みたいに打ちながら。(はぁーーん)
(←これで妖狐・蔵馬を思い出した方、お友達になりましょう、激爆)

■LIPS
基本バクステ、仁亀だけ後方のリフターで。
ゆっちボイパのとこで、リフターの上でノリノリの仁くんがきゃわゆい><


■ごあいさつ
ニュアンスのみで失礼。
亀ちゃん「今日は喉潰れるまで叫んでけよ!」的なキザい感じ。
ゆっち「皆さんどうもこんばんは中丸雄一です!」的な全編敬語とゆう全く裏切らない感じ。
聖「声出てんのかこのやろう!」的なこちらも全く裏切らないほど脅迫的な感じ。
じゅんの「入口出口田口でーす」的な常套句を交えつつまさかの「ようこそ」なしに怯む感じ。
竜ちゃん「皆さんこんばんはー」って溌剌とした声の割に表情はのっぺりしてる感じ。
仁くん「アーユーレディー!?」の連呼的なあまりの迫力にちょっとビビる感じ。

そんな、感じ(爆)


■喜びの歌
トロッコ2つに分かれて、外周を。
仁くんはこっち(1塁側)来てくれたんだけど、他のメンバーは定かじゃないので、
間違ってたらやだから黙っとこ(お口チャック)
てかさー、ドームだと基本ずっと双眼鏡で追っかけなきゃいけないから、
自担以外のメンバーがなかなか把握できなくてちょっと不完全燃焼><(ぐすん)


■Keep the faith
そのままトロッコでメインステまで。
つか、親子席、うらやま!!!><


■DON’T U EVER STOP
これはやっぱり、ロクーン揃ってくれなきゃよね(うふー)
これはね、仁くんを見てたいのはもちろんなんだけど、
やっぱ後ろで仲良しこよしのT−Tがすきなんだよねーー

てか今回のコンサート、シンメを意識した箇所がいっぱいあってほっこり^^
この曲の終盤で花道を2列で歩いてくるとことか、
仁亀がおとなりさんでやっぱりモエモエしてまうよ(はぁーん)


■White X’mas
ま、まさかの…Σ( ̄□ ̄;)
別に無理して歌わなくてもよかったんちゃうんー;

センステがドーム状に包まれてゆくんだけど、
これがバッタに見えてしょうがなかった件(爆)

 
■SADISTIC LOVE
この曲超すきーー><
ってゆう詳細はまた改めるとしまして;
これもまたメインステにて。
最初はダンスして、途中から鉄格子と鎖で出来た茨っぽいセットで。

んふ、いいねいいね、この、KAT−TUNしか無理ーなガチな感じ(爆)
けど、こうして曲のストーリー性がはっきりした曲なんだから、
もうちょっと6人でイメージをガチガチに固めてきてもよかったかな、と思う。
何となく「こんな曲」じゃなくって、「こうゆう世界観だ!」って6人揃ってアピールできるくらい。
ってゆうのは、MAKOのかつての血が騒いだってゆうだけのハナシですけど;

てゆうか最初の仁亀ハモりはやっぱ神過ぎて禿げ上がりそうになる件(激爆)


■1582
これはもう、亀ちゃんファンの方に伺うのがいちばんいいよ。
亀担さんの感想を思っただけで、胸がいっぱいだよMAKOは。

亀ちゃん、できるじゃない。(←上から。)

つかこれMAKO普通に曲自体がすごくすきなんだけど、
2番の歌詞を男性目線に変えてたねーー
(CDは全編女性目線だよね??)

演出も、1番は期待通り女形として花魁風衣装に髪も結い上げて妖艶に。
2番からは片っぽだけ肩を出して、ひたすら男らしく。
つか、ビジュは信長ってことなんじゃない??
ぽいぽい。あの時代のうつけ者って感じ。

センステで、噴水の上に傘であなたそんな。(←説明をはしょりました。)(どーん。)


■亀ちゃんと聖のコラボ
スペシャルな演出を多数取り入れるとのことで、こんな風なコラボがいっぱいでした。

でっかい和太鼓の前に、聖。で、「ティロリ〜〜」(キラーン)(♪「必殺」)
え、君だれ?君も…だれ??どっから連れてこられちゃったの!?
的な子が数人(激爆)

で、そんなこんなで亀ちゃんがセンターステでびしょ濡れになるってゆう。
活字にすると何のこっちゃ、なパフォーマンス。
てかバケツで水をぶっかけられる亀ちゃんが、「LIFE」に見えた件(爆)


■PIERROT
やーーー聖ソロは間違いないわーー
いつもね、この子は、やるべきことがわかってる感じ。
(聖担さんはどう思ってるのかしら??)

バイクまではね、想定できないこともなかったんだけど、
あのパフォーマンスは…すーげーーー(ぽかーん)

こればっかりは見ないとどうにも説明できないからアレなんだけど、
とにかく、安全を祈るのみです><


■WIND
ここも冒頭では聖とじゅんのの絡みが(やっぱこのペアちゅき><)
聖の心無い盛り上げ方と、じゅんのの相変わらずの笑顔。爽やか過ぎるきらきらスーツ。
どっからどう見ても共通点のないこのふたりの仲良し加減に激萌え><
てか、「一緒にやろ」と言われた宏光と父さんの苦笑いがマジウケる(ぷ)

これ、じゅんのらしく踊ってくれてるのはいいんだけど、
トロッコ上ってのは…アリなの??
めっさ揺れてましたけどー;

途中からは仁くんとコラボ。
うーん、「仁くん」ってことももちろん嬉しいんだけど、
ロクーン担のMAKOとしては、こうやってメンバー同士で盛り上げ合う姿勢が嬉しい^^
特にさ、普段がけちょんけちょんの扱いなのにさ。
ほんと、ツンデレを地で行くグループよね(滝汗)

仁くん最後は「お邪魔しました」(ぺこり)


■バンジーコーナー(ってかゆっちのコーナー)
SRのオレンジのつなぎで出てきたゆっちがまずボイパ。
これ、バンジーを意識し過ぎてゆっち本人のテンションダダ下がりだったんだけど、
技がほんとものすごかったよーー

で、同じくつなぎの仁くんとじゅんのを助っ人に、ゲストを紹介。
初日は山田くん、今日は知念くんとまっすー。
バクステ付近から連れて来るための金斗雲、ゲストをさりげなく支える仁くん萌え><
(初日は、じゅんのの肩に優しくそっと手を置く仁くん萌え><で、あの前髪ぴょこん><><)

したらメインステには亀ちゃんと竜ちゃん(←このふたりの乙女双子っぷりが劇的にきゃわゆい><)
と、クリリン。の格好をした、聖。

この辺りで今日、亀ちゃんが聖の股間を触ろうとしてたら、
「おいクリリンのクリリン触んなって!」って誰よりもいの一番にツッコんだ仁くんの声のトーンが
普段よりも3段階くらい高かった件について(激爆)

*

とりあえず、現時点でまだ飛べてないけど、
見守るメンバーの目とか態度も、Sっぽく見せかけて実はとてもあったかいし、
こうゆうロクーンの絆も悪くないなとは思います。

てかてか、やっぱ、ゆっちをいじるときはどうしても仁亀が結託してる件><
2人が近所で有名な悪ガキ兄弟に見えるのです(きゅん)

*

優馬くんとかも出てきて、チェリーと関ジュの(?)曲。(←説明が雑過ぎる!)
けど、チェリーは年末にダンスを覚え過ぎて、完全に踊りこなしましたが何か。
(更にどうでもいいかもしらんが、たぶんチェリー初日よりカットされてた、爆)
またしても慎ちゃんが結構フィーチャーされてますけどー(笑)


■Peak
今ふと思ったけど、この檻が浮いてるやつって、KAT−TUNしか使ってない??
これも、シンメで分けられてるのが萌えなんだよねーー><

初日は、亀ちゃんとか聖がグダグダでした;
亀ちゃんの失敗に「ひゃは!」って笑った仁くん、プライスレス(泣)

こうして「誰のソロ…」とかって聞いてると、「あーこのとき仁くんいなかったなー」ってことを
ふと思い出してみたり、ね。別にもうしんみりはしないけどね。
こんな当たり前に歌ってることが、何だか突然貴重に思えてくるのも事実だけど。


■Jumpin’up
これ歌うとき、自分の元々のパートがないなりに、
「こうきーー」とか、お客さんを煽ったりとか、
自分で自分のやることを探して実践してる仁くんがたまらなく愛しく感じたり、します。


■ノーマター・マター
もうおなじみの流れですわね;


−MC−
初日は特に超ぐだぐだ;
つかでも、ぐだぐだなりにみんな楽しそうだし、それでいいやって感じ。
(てかなんか仁くんが…いい感じなんですけど…)(どぎまぎ)(←これはもう使命。爆)
難しいのかもしれないけど、また時間忘れてしゃべり尽くしてほしいなーー
(ってのはいつも思ってるよね;)

あ、あのマルチアングルモニターGJ。

つかつか、ナチュラルに絡む仁亀にマジほっこり。
そろそろポロッと「じん」ってゆってくれてもよくってよ、きゃめちゃん♪(にやり)

つか更にMAKO的には、じゅんのの入所記念日を聖が思い出してゆってくれたことが…
若干涙が出ましたが何か。

*

サイン入りポスターの抽選会アリ。
この辺も、何だかとても楽しんでくれてるみたいでそれはよかったんだけれども、
別に会員番号まで読み上げなくてもいんじゃね??(滝汗)


■LOVE
珍しくc/wからってことで。
思わぬところで悲願達成(びっくり)
ダンス超かっこよかったなーー><


■春夏秋冬
最初は軽くダンスしつつメインステ。途中からセンステ。

つかMAKOこれ超すきなの><
MAKO的には、アンコールとかでトロッコで回りながら歌ってくれてもいいなーと思ってたんだけど。
これね、マジ嬉しかったのは、MAKOが「こんな風にアンコールで歌ってほしい」って思ってたように、
手を左右に振りながらね、仁くんが歌ってくれてたのよ!仁くんだけが!

みんなでやるフリはやらないけど、こうゆうときだけひとりだけやってくれちゃうなんて><
どんだけスタンドプレイだよ!(←照れ隠しだよこのやろう><)


■WATER DANCE
そのままセンステで。
サマリー並の水芸の中で。

これもダンスがかっこいいなーーー
やっぱ何だかんだ、ロクーンでのダンスが嫌いな人なんていないしょーー

「〜〜 ME」って歌う仁くんのみずみずしい色気にもうオーノーって感じ、、


■MOON
初日のみ(泣)。(このタイミングで合ってるよね?;)
これマジすきなのになぁ…
すっごいかっこよかったよ。
特に、「消えない 消せない」の辺りの、ハモり…とゆうよりは、
各メンバーの高音・低音がすごく映えてて。

見れたことで、「よし!」としよう


−エビキス−
どっちもかっこいい曲だった。
けど、キスマイのあのアレはなくなっちゃったね、、
「K!キタヤーマ!」とかってやつ。


■Real Face
スクリーンに、「2006.03.22」って映し出されて。
ここからは、KAT−TUNの歴史を遡ろうって感じのコーナーになるのかな。
最初のRapは亀ちゃん、最後はじゅんのって流れができつつあるわ


■日替わりコーナー
★15日:ゆっちプロデュース
 NEVER AGAIN(感動)
 My Weather(リアフェコンゆっちソロ)(他メンがバックに><)
 愛はいつも追いかけるモノ(大大大感動)(むしろ号泣)
 ピカピカ(ほっこり)
 MY ANGEL YOU AER ANGEL(ダム決壊)


★16日:竜ちゃんプロデュース
 FIGHT ALL NIGHT(マジダンスやばいコレ)
 SPARKING(リアフェコン竜ちゃんソロ)(背中合わせで歌う仁竜に吐血)
 GROLIA(何度もゆうけど、ロックのがすき><)
 ツキノミチ(このタイミングでコレキタらもうどうしようもないべーー)
 (最後に亀ちゃんの「じっちゃんの名にかけて!」の台詞)

 
これさ、ふと思ったけど、
「亀ちゃんバック仁くん、仁くんバック亀ちゃん」を拝める日も近いってことよね??
わ、想像しただけで吐血しそうだぜ…><(ぜえはあ)


■花の舞う街
ピアノ演奏がまず…手は震えてる割に音はしっかりしてるんだよね。
間違えても、「あーくそっ」って感じで何食わぬ顔で弾き直すのが竜ちゃんらしい(笑)

これ、こうやってソロの場で、更なる成果を見せようってゆうのが泣けるわー

つか、今回の竜ちゃんソロは隅々までツボ過ぎて…
あまりにツボ過ぎて素晴らしすぎてキリがなくなりそうだから、箇条書きにします(爆)
●スクリーンのモノローグ
●イントロ(生演奏)→竜ちゃんの達成感にあふれた合図→ギターの一連の流れ
●ロミジュリ映像
●竜ちゃんの優しい笑顔

→→→ありえないくらいの号泣。

今日は、1番のCメロの歌詞が「あれ?これ2番じゃね?削ったのかな?」って思って、
したらやっぱ間違ってて、2番で同じ箇所にさしかかったとき竜ちゃんが気づいて
「歌詞間違えた!」ってのがもう…><
てか、1番その部分だけ歌詞がスクリーンから消えてたのは、そのためだったのかしら。
確認しようとしたんだけど歌詞出てなくて「あれー」って思ったんだよね。

最後の跪き土下座はかわいかったわーー、、


■WHITE WORLD
ゆっちらしい(とゆうか舞台で取り入れてたような演出の)パフォーマンスの後、
センステにて。

これ、このアレンジマジすきなんだけど!!
つか、MAKOが人知れずアルバム曲について書いてるやつが、正にドンピシャで!!(未UP;)
うん、これは、ゆっちが歌うんなら、逆にこうゆうロックっぽさをもうちょい出した方がいい!!
MAKOは初めて聞いたときからそう思ってた!!

白い一反木綿みたいなのと一緒に踊ったりしてて…
あれはいったい…どうゆう意味なんだろう。。
一歩間違うと(や、百歩くらい間違ってると思うが;)
あれ、ダッ●●●●に見えてしまって…(コラコラコラコラコラ)


■イリュージョン
ソロが終わっていすに腰掛けたゆっちが仁くんに!ってゆうマジック。
これ、このときの音楽がすっごいかっこよかった><
KAT−TUNね、コン中のこうゆうちょっとしたインストが
マジびっくりするくらいかっこよかったりするから、
MAKO的にはコンサートごとのサントラとかが欲しいところだわ。


■Wonder
流れ的にお察しかとは思いますが、仁くんソロ。
曲の本編に入る前に、ちょっとダンスちっくなのが。

色々とツッコミどころは満載なのですが;、女性ダンサーにまず怯み;

そしてそして。
これですね。

Jin Akanishi feat.Crystal Kay

でもなーーいい曲なんだよなーーーー><(←まさかの逆説からの導入、爆)

MAKO最近この“feat.”系の曲ばっか聞いてるから、
(童子−TとかSpontaniaとか。女性はJUJUとかBENI、テルマとかね)(←笑)
なんかちょっと運命的なものを感じましたけど(←全くのお門違い、爆)
や、確かにいいんだよね、このfeat.的曲って。(平たく言えばデュエットですね、爆)

曲的には、これマジすき。曲的には。(←この繰り返しに他意はないです。他意は。)(←爆)

これ、いちばん左のスクリーンには英詞、いちばん右のスクリーンには日本語の詞が出てて、
たぶんラブジュのときみたいなお粗末な直訳じゃないから、
がんばって日本語の詞覚えようかなーー

つか、メンバー同士のコラボ云々はもういいのかしら;


■バトルコーナー
各メンが各惑星の王様って設定みたいなんだけど、
もう木星ってのは完全にシカトってことでよいのかな(きょとん)

初日は完全にシンメ対決で、
じゅんのvs聖
竜ちゃんvsゆっち
亀ちゃんvs仁くん
だったんだけど、
2日目は最初
じゅんのvs竜ちゃん
だった時点で「あーー…」って思ったんだけど、
2回戦は田中。が出て来て、「よかったーー><」

で、このふたりが出て来たからにはね、「だーー!」(笑)

これが、ジャニーさんのむちゃブリの割には、なかなか面白かった♪

仁亀対決はね、確かに萌えるんだけど…
もっと何かわかりやすいことしたら?(爆)

願望ってゆうよりは、この「…で?」って感じを何とかしていただきたい(爆)
もうちょいわかりやすくバトってほしいんですけろ><
(あ、2人はワイヤーで吊られてます)

2人が降りるとき、ドリボでのエビキスの役割(受け止めてハーネスを取り外す役)を
主に仁くんはじゅんのが、亀ちゃんは竜ちゃんがやってくれてるんだけど(きゅん)、
2日目は、亀ちゃんが降りるときに竜ちゃんが満面の笑みで抱きついていて…
え?何?血を吐けって??(爆)


■ダンス
揃わない揃わないって言いながら、ちゃんとこうゆうコーナーがあるのが素敵☆


■愛のコマンド
これも2日目は削られてたわーー
トロッコで歌ってたと思いますー


■WILDS OF MY HEART
あーーなんかコンサートがもうすぐ終わりそうな感じ><
マジ「あ、ラストスパートだな」って感じ、、
つか亀ちゃん、「聞こえ(ない)」
メンバーにバカにされても貫く姿勢、愛しいわ(爆)


■NEIRO
最後の曲の前の挨拶は各日の担当メンバーが。
なかなか新鮮だったなー。

仁くんの「笑えるのは」のとこの笑顔。
あれ、意識して笑ってくれてるんだよねきっと。
そうやって、曲調によって歌詞をきちんと表現しようとしてくれてるのが…
なんか…いつからこんな風にできるようになったっけなーとか考えたら結構泣けてきてしまって…
ありがとう、仁くん。
他にもいくつかそうゆう箇所があって、普通に感動しました。

初日は、C&R風にびっくりするような「一緒に歌って!」演出があったんだけど、
2日目からはそれが、メンバー全員でソロを回す、くらいに落ち着いてて、
うん、全然こっちのがしっくり来るよ。
C&Rに慣れてるならまだしも;初日のはアレは…なかったわーー(滝汗)


*

最後の挨拶は亀ちゃんだったんだけど、これもうメンバー全員の挨拶は聞けないのかしら(ほろ)


−アンコール−


SHE SAID...
まさかの全員トロッコ!!
MAKOはロクーンが一緒にいるのがすきなので、これはこれでいいんだけれども、
だったら逆サイドも行ってあげた方がいいわよね…(バクステで解散なの><)


■Peaceful days
前も言ったかもしんないけど、これ、仁亀だけ「ピースフルデーイ」って伸ばし続けるのがすきなの。
すっごい息たくさん吸って、思い切り、「ピースフルデーイ」。
疲れてぜはぜはしちゃうんだけどね。
けど今日はなんか仁くん、「飛んで!JUMP!」とか言っちゃってさ。
全然最後まで枯れてなくって。

そらプロとしては当然なんだけど、なんかそうゆう、最後までちゃんと100%を見せてくれてることに…
またしてもヤラれまして(命がいったいいくつあれば足りるんだ;)

なんかすごい幸せだったなーーー


−ダブルアンコ−

初日はなかったんだけど(←これちょっとびっくりだったわー;呼ぼうぜ><)
呼び続けたら出て来てくれたよーー


■Will Be All Right
歌詞がグダグダなのはもういいわ(笑)
てか亀ちゃんも最初間違ったの、気づいてんのかな、本人(爆)
亀ちゃんって間違ってても基本自分じゃ気付けないようなのが多くて、
結果的に気持ちよさそうに堂々と間違ってるからなぁ(えー;)

みんな、ふとしたときに見せる素の表情が素敵だわ
それがアンコールの醍醐味だと思うし。

やっぱこの曲、もちろんMAKOにとっても大切な曲だけど、
何より、KAT−TUN本人にとって特別ってのが、いいよね^^


******

セットリストに沿ってコメントを添えるだけのつもりが、
思わぬ超大作になってしまってげんなりだよ;
今日はたっぷり寝たかったのにな…(夜が明けちまったい、爆)


| KAT−TUNコンサート | 04:15 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 04:15 | - | - | pookmark |
こんにちは、MAKOちゃん。堪能したぁ!レポ、ありがとう♪大阪お留守番組には、嬉しいかぎりです!仁が楽しそうにしてるのが何より(涙)まさかのインフル・・・大阪に来れるのかカツン(泣)神様〜!!
| ta-yan | 2009/05/17 2:34 PM |
こんにちは。
レポ読ませていただきました。
本当に文章というかまとめる力が素晴らしいですよね。
どなたのレポよりも読みやすくわかりやすいコンレポです。
MAKOさんの書かれるものが本当に好きです。
私も日曜日に初めて今回のコンサート参加させていただきました。とても楽しかったです。1度ではすべてを把握することは難しいですが、でも感動的な何回もウルウルきちゃうコンサートでした。
またレポを読ませていただけることを楽しみにしています。
毎日の参戦は大変お疲れになるかと思いますがたくさん楽しんでくださいね。
どうぞお身体に気を付けて。。。。。
| AKI | 2009/05/18 11:07 AM |