CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT THIS BLOG
当ブログは、管理人の個人運営となっております。KAT−TUN・赤西仁さん、及び所属事務所とは、一切関係ございません。また、内容の無断転載もご遠慮下さい。
ブログはリンクフリーですが、もしお申し出いただける場合は、リンクのメールフォームよりお知らせいただけますと幸いです。
その他、管理人へのメールも、メールフォームよりどうぞ♪
それでは何にもないブログですが、お付き合い下さいませ。
VISITERS


ただ今のお客様:
SEARCH


OTHERS











SPECIAL
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

飛び込み前転 な キモチ

KAT−TUNがすき
赤西仁くんがすき
ほんとすき 大すき 寝ても醒めても。
それはもう
飛び込んで回ってしまいたいくらいに。
<< 嬉しい再会。 | main | いよいよ! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
何色想い…?
なんか最近、MAKOの周囲で高尾山熱が高まっていて、
それはKAT−TUNファンとしては当然の衝動なのかもしれないけれども、
違うんだよ、ファンじゃない友達の間で、もっと盛り上がってるの(滝汗)

で、昨日も突然
「今高尾山登って来ましたーー」
とかいってバイト先の後輩の子からメールがあって。
(決して近いわけではないけど、高尾山はMAKOにとって地元って感じなのです)

んだよーーーーー行くなら事前に言えよーーーー(´д`)(←お門違いな無茶をゆう、爆)
買って来てもらいたいものとか聞いてきて欲しいこととかあったのにーーー(じだんだじだんだ)
あのお菓子に、あのお面に、あのお蕎麦に、
そしてMAKO的にはあのTシャツやガチャガチャが気になるところだったとゆうのにーーー><

昔は頻繁に登ってたもんだけど、今また高尾山がクるとは思わなかったわー

*

で、今日はバイト上がってから、親がどうしても観たいとゆうので、
一緒に「名探偵コナン」を観て来ました(激爆)

これも昔はエラいハマって、毎年GW=コナンって感じだったんだよね。
別に漫画とかアニメはどうでもよかったんだけど、映画だけやたら好きだったの。
映画だけなら、ビデオとDVD途中まで揃えてたもん。(3か4くらいまでビデオなのです)

あれ、オープニングのメインテーマが、毎年アレンジが違くて、
それがもうたまらなくゾクゾク感じてたのを思い出して懐かしかったなーー
つか、それが目当てで観に行ってたと言っても過言ではなく(えー;)

大野克夫さんとおっしゃる方がコナンの音楽プロデューサーなんですけど、
「太陽にほえろ」とかジュリーとか…
とにかく個仁的に大好きな作曲家さんでして。。
コナンに関しては、メインテーマ好きが高じて、部活(吹奏楽部)でやってしまったからね(爆)
ここでも職権濫用ですよ。(更にちなみにジュリーの「勝手にしやがれ」もやった、滝汗)


で、コナンの映画自体は数年ぶりだったんだけど、
やっぱり最初のメインテーマは身構えて観てて。

…意外とあっさりでしたけど(えええ;)

けどびっくりしたのは(あ、すいませんネタばれ含みます)、
いつもいつも最初はちっちゃくなっちゃった事情以外に、
阿笠博士の奇妙(に見せかけて実は恐ろしくハイクオリティ)な道具の紹介があったんだけど、

は、はしょられてた!!!Σ( ̄□ ̄;)


そこはかとなく、ショックを受けました…(年月の経過を痛切に感じたとゆう意味で。)
や、さすがにあの「蝶ネクタイ型変声機」辺りまで今更詳らかに説明し尽くされても
それはそれで明らかtoo muchではあるんだけれども、、

それでその代わりに、黒づくめの男たちの詳細が、MAKOが知ってるときよりやたら明らかになってた…!!
「ジン、ジン」って連呼されてその度にいちいちドチドチしたよ(´3`)フゥ(←それはお前;)

けど、これってかれこれ15年間くらいずっと、「黒づくめの男たち」なわけ??
その辺、もっとずばりな呼称付けたらええやん。コナンくん。

内容はね…

ま、前のがすきだな(´∀`*)アハ

これは単に、MAKOが大人になっただけかしら…
けど、前のやつのがもっとうまいこと練られてた気がしるるる、、

つか、、


蘭姉ちゃんほぼ出てこなかったけど(;´д`)


ちなみにね、ざっくりとしたストーリーの進展に関してはね、
もう別に特に期待とかしとらんとです(´u`)


あ!!
あと、ごくせんの予告映像が流れてて、
でも亀ちゃんはまだ出て来なかったし、その予告映像自体は初見ではなかったんだけど、
こうして正式発表後に見ると、

伝説の卒業生、復活!!

って煽り文句が、もうこの上なく誇らしい響きに思えてしまって…(えぐえぐえぐ、、)

これ、今は一応のところ、「小田切竜」個仁のことと捉えていいのよね??
そら、主要キャスト(だから助演だってば♪)として、あんながっつり出るんですものね(にやり)
んふーーマジ楽しみ♪
けどその頃には、コンサートも終わって、仁くんのお誕生日も過ぎているのかぁ。。
それはちょっと、ちょっぴり、寂しい気もするね…


つか、2010年お正月映画の予告もちらほらやってたから、
そろそろ心の準備をしておかなくっちゃね^^


*

てーか、ここ1〜2週間で、ちょっくら夜遊びし過ぎました;
いつも基本明け方、よくて深夜に帰って来て、学校やらバイトやらしてたら
なんかもう曜日・時間感覚とかわけわかんなくなったーー;(そして今でも細々と就活中)
その詳細はまぁぼやっとさせときますけども(爆)、
とりあえず、すっげー頻度でカラオケ行ったのね。


で。

歌って来ましたわよ。あれ。


care


とくべつなうた。

なんだよね。やっぱ。




うーーーん、、、


結構もう色んな雑誌で、
「ずっと音源化したい」って思ってたこと、
その思いには、少なからず「ファンの皆さんからのたくさんの要望があった」のが影響しているとゆうこと、
コンサートのソロ曲がなかなか決まらなかったこと、
コンサートではこれは歌わないこと。
因果関係は今ははっきりしないにしろ、話してくれているよね。

だから、今はまだ、その点に関しては、「わからない」って判断してる。
MAKO個仁は。
単純に、「祝・音源化☆」ってゆうことだけで、お祭りしてる。
(←あ、それでもお祭りはなさってるんですね、爆)

普通にそれについて、本人の口から聞きたいと思ってるし。
MCで、少なからずしゃべってくれるんじゃないかとも思ってる。
や、別にそんな重い話が聞きたいんじゃなくてね。
だけど、活字じゃなくって、今の仁くんの口から、
今の仁くんにとっての「care」って響きが聞きたいだけなの。


だけど普通に、アルバムに収録されるのを知ったときは、
もちろん喜びと同時に、色々考えたりもしたよ。
てゆうか、単純に喜びたい気持ちに浸るよりも前に、
この曲にまつわる色んな想いが交錯して、まずそっちの輪郭をたどるのに必死だったってゆうか。


careの収録が発表されたとき、個仁的にいちばんの正念場で;、
この期間正直ね、仁くんに疑問とかムカついたりしたことも、ほんと1度や2度じゃなくて、
(あのときのあれが…とか具体的なことではないんだけど、、
 私が個仁的に自分の考え方とか人生に対する姿勢とかを死に物狂いで再考する上で、
 結構癇に障る節がちょいちょいあったりしたもんでアハハ、爆)
フラストレーション…とゆうか結構いろいろ抱えてたりもしたから、
これが発表されて…「よりによってこのタイミングで…」って思い半分(←個仁的にって意味で)、
ますます彼の真意がわからなくなったりね。。(発表当時はね)

このタイミングで…ってのは、感動とゆうか喜びももちろんあったと思うよ。
だけどたぶん、初めてこの曲が歌われた当時みたいな
「仁くんからの応援メッセージなんだ」って純粋に受け取った感動的な想いとはまた違って、
だってあれから良くも悪くもいろんなことがあって、(一義的に捉えていただいて構わんとです)
彼も曲中に言っているけど、「誰の愛だって何度も色変える」のと同じように
文字通りその姿を変えた感情であるとか、
別角度から光が当たることで日の元にさらされることになった思いだとか側面もあったわけでしょ。
あれから。

てゆうか、かつて、日に当たっている部分が眩し過ぎて、
そのとき日陰にあった部分のことに気付けなかったこととか、
きっとたくさんたくさんあっただろうし、それって、これからもきっといーーっぱいあるだろうし、
そうやってね、私の、彼の、色んな愛情や想いを、色んな側面から考える機会、多かったと思う。
あれから。


だからたぶん、この曲は、私個仁の中でも“何度も色を変え”てきた曲だと思うのね。
時間や環境の移り変わりや変化と共に、
濃さを増した色、強くなった想い、薄れて柔らかになった色、優しくなった想い、
混ざり合って馴染んだ色、悩んだり迷ったりしながら見つけ出した想い、
そんな風に、この曲に傾ける愛情はきっと、
いつもおんなじ方向で、おんなじ輝きではなかった。

その上で、今はどんな色なのかなって。
自分のことにいっぱいいっぱいで、まだ掴めてなかったの。
あのとき。careのこと、聞いたとき。

たぶん、自分の中での、色と同時に、
今の仁くんの中での、「care」の色を、探ってたんだと思う。今思うと。
何色?どんな色なの??って。
それを知ろうとすることで、自分にとってのcareの居場所をもう一度捉え直そうとしてたの。かな?



けど、ひとつだけ言えるのは、それがぜんぶ、
愛情”であることには変わりはないの。

ぜんぶ違う形、違う色かもしれないけど、
それでもそこにあるものは、MAKOにとって、
とっておきの、めいっぱいの、「愛情」なんだ。


それが、わかった。
それに、気付いた。
ちゃんと。


だからね、胸に“愛情”を自覚しながら歌っただけで、
自然と、泣けて来たよ。
あの頃の、色、想い。
またあの頃の、色、想い。
そして今感じる、このありったけの、“愛情”。


なんかね、単純に、「すきな曲」って括りではないのかな。
この曲に関しては。
それこそすきな曲ってゆったら、MAKOはムラサキがすきだもん。
(これも音源化してほしいよう)


だけど、この曲に関してはね、
とくべつ」としか、言いようが、ないです。
スペシャル。オンリーワンってやつ。



コンサートで歌わないってことに関して言えば、ある意味がっかり。
単純に、今の仁くんが歌ってくれたら嬉しいからね。
てか普通に、たとえば今「Hesitate」とか歌ってくれても嬉しいんじゃない?
それがcareだったら尚更ってのはあるかもしれないけど。

けど、新しいソロは、普通に楽しみ。や、つか、超楽しみ。
しかも、図らずも結果的に全く予備知識のないこんなシチュエーションになってしまったわけだし、
本人も狙ってるのか何なのかやたらと煽ってくるし(ハードルを上げているともゆう、笑)、
それに仁くんって、こっちが全く予期しないところで突然ストライクキメて来たりするでしょう;
それはパフォーマンスの出来の善し悪しではなくて、(もちろんそれもあるけど)
普段ファンのことなんか全く眼中ありません面しておいて(←正直。)(←MAKOが。)
素で、最上級のニーズに応えてくれたりするじゃない。
その意味で言えば、今回のcareに関しても全くそうだと思うけど。

君が「楽しみにしてて」とゆうのなら、
テストは限りなく悪い点に見積もりがちなMAKOだけど、
余計な懸念はせず、100%楽しみにさせてもらうからね。


*

けどやっぱ、今になって歌詞を変えたところだとか、
感覚としては「直した」って意識かもしれないけど、
どちらにしろ、今新しいcareへの愛情、仁くん自身も感じているんだよね。
MC、少しでも触れてくれたら嬉しいなぁ。

仁くん、アルバムに関して言うなら、
今でも「care」を、胸を張ってアピールしてくれてるから。
こうして、変わらないものもあるんだなって。
や、違うな。
たとえ色が変わっても、それが彼にとっても、
紛れもなく“愛情”であることには変わりはないんだなって。

そうゆうことに、こんな風にふと、気付かせてくれちゃうから。
むき出しの“愛情”の欠片、気まぐれに恵んでくれちゃうから。

どうしたってキライになれないんだよ、バカ。



しかし仁くん、MAKOが、人類最高の発明だと思っているのは、
「秩序・ルール」だったりするんだがね(激爆)


*

あ、ちなみに、一昨日行ったカラオケでも「春夏秋冬」歌ったんだけど、
これ、「はるなつあきふゆ」じゃなくて、「しゅんかしゅうとう」って読むのね;
あ、今更すか;(たっはーー)

更にちなみに、一緒に行った子(もうすぐ20歳♂)がかなりハマって、
「やべえこれRap含め超歌いてぇわ」っつって、
しかもそれを、歌い終わったMAKOの服の裾をちょいちょい引っ張りながら
こう、溜める感じで訴えて来て…
「……ねえ貸してv(ぼそり)」だとよーー
んだよもーー顔はジャニーズ系ど真ん中なんだから
いつもそうして素直にしてりゃかわいいのによーー><
…じゃなくって(ふるふる)、いいよいいよ、いくらでも貸してやるよ(ヨシヨシ)
けど最後に「借りパクするから」とか抜かしやがったけど;

つかむしろ、お姉さんが、買ってやろうか?(爆)



| 赤西 仁 | 03:25 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 03:25 | - | - | pookmark |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/05/09 6:07 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/05/10 9:56 AM |