CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT THIS BLOG
当ブログは、管理人の個人運営となっております。KAT−TUN・赤西仁さん、及び所属事務所とは、一切関係ございません。また、内容の無断転載もご遠慮下さい。
ブログはリンクフリーですが、もしお申し出いただける場合は、リンクのメールフォームよりお知らせいただけますと幸いです。
その他、管理人へのメールも、メールフォームよりどうぞ♪
それでは何にもないブログですが、お付き合い下さいませ。
VISITERS


ただ今のお客様:
SEARCH


OTHERS











SPECIAL
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

飛び込み前転 な キモチ

KAT−TUNがすき
赤西仁くんがすき
ほんとすき 大すき 寝ても醒めても。
それはもう
飛び込んで回ってしまいたいくらいに。
<< うずうず。 | main | バタバタ; >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
今日は、予告編。
ただいまぁ〜〜

やっぱり今日は届かなかったみたいでし><
今日フラゲしたnotジャニ友のDさんは、(←この皮肉。)
「このアルバム良すぎるよ!!!なんなのKAT−TUN><
 ほんと買ってよかった(号泣)まじ素晴らしすぎる」
とかって、しかもMAKOもまだ見てないDVDの感想まで(汗)

でもでも、こうして一般仁にも受けるのは、ほんとに誇らしいね^^
(もはやこいつは限りなくKAT−TUNファンではあるが;)
今回は、初回版だけで歌もDVDもコンプリートできるから、
売り切れとゆう点にのみ目をつぶれば迷うことなく初回版を薦められるし。


けど、まだ手にしていないとは言っても、
音源だけはファイルでいただいていたものだから、
(ありがとうございましたv>私信)
あらゆる変換技術を駆使してそれを無理くりソフトバンク携帯に落として、
持ち歩いて通学中だけでなく授業中もずーーーーーっと聞いてたぁ♪♪
(MAKOは顳丕錚笋箸MP3プレーヤーとか持ってないのです、、)


明日のめざましでは、どんなことをしゃべってくれるのかなぁ。
ファミ映像みたいな雰囲気が感じられるかしら??

******

ほんと、ほんとにいいよね。このアルバム。
ほんとに。ほんとに、感動でしばし言葉を失ってしまって。

その感動の粒を、なるべくなら一滴残らず拭い取って大切にしたくて、
そのために、やっぱりちゃんと1曲ずつ感想を上げたいなと思っていて、
それはちゃんとCD音質のを聞いてからにしようかと思っているんだけれど、
でもなんか、もう既にその衝動が抑え切れなくなりつつあるので、
今日はさわりだけ、とゆうか、予告、みたいな、、??(これでも。↓↓)

まーーMAKOさんはやはり非常に好き放題
ブログって場所を使ってますよねぇ(爆)

※アルバム曲だけになってます

***

■T∀BOO
こうゆう、“はじまり”なのね。ふむふむ。
音・歌詞・ストーリー性、あらゆる演出それぞれのクオリティーの高さに、
既にこの航海がまったく想像もつかないような神秘性を孕んでいることが
ひしひしと…あ、hishihishiと(笑)、感じられます。(ぞくぞく)
てかもうほんと…こんなんで始められたらもう、、抜け出せないでしょ。。

■AFFECTION 〜もう戻れない〜
……んんんんんすき><
これは…いっこ、ほんとにほんとに、泣けてくるくらい、
掴まれて、揺さぶらて、どうしようもない歌詞があるの。(ああ仁くん><)
「仁亀」とゆう歌声のブランド性が改めて感じられる、珠玉の、至極の、1曲かと。
ハモり、掛け合い、ユニゾン、……唯一無二の奇跡の歌声です(うるうる)
シンプルな音とシャレたコーラスのバランスが絶妙ですね。。

■HELL, NO
確かに、もうこのくらいの段階でガンガンに攻めてるねぇカトゥーン(にやり)
新鮮なかっこよさと同じくらい、鉄板な魅力も光る曲だね。
曲ももちろんかっこいいんだけど、これを歌うKAT−TUNのかっこよさはもう
きっと宇宙レベルなんだろうねぇ。。
これも、「仁亀」の攻撃力が心ごと劈(つんざ)いてく感じだ…(くそぅ><)

■DISTANCE
歌謡曲チックな感じで結構新鮮だね。曲調的には相当すき♪♪
6/8拍子の曲がそもそもMAKOはすごいすきだし。
ジャニーズって結構そうゆう昭和歌謡を音でポップにアレンジするよね。
欲望のレインとか、IKUJINASHIとか、結構すきよ。
でもそれをKAT−TUNに持ってくるとわ、、びっくり。
要所要所で前に出て来るじゅんのちゃんにほろり。。

■MOTHER/FATHER
優しい歌詞が…ううう><
普通に、ぽろぽろと泣いてしまいます。。
竜ちゃんの歌声が優し過ぎて、温かい感動が込み上げて来ます。
前に出ない仁くんの歌い方も、とても素晴らしい。

■「un−」
嵐チックな元気で爽やかな感じで。
でも、いい意味でKAT−TUNらしいゆるさが引き立ってて◎
くどくない、音を厚くするだけのハモりをそうゆう体でさせるなら、
KAT−TUNの右に出るユニットはいないね(にやり)

■OUR STORY 〜プロローグ〜
ライトな中に確かな荘厳さがあって、
なんかこう、雨上がりの空を見上げて笑いながら泣けてくる感じ。
歌詞も幻想的なとこと切実なとこ、明るいとこと切ないとことが混在してて
やっぱりどうしても泣けてきてしまってしょうがないなぁ。

■何年たっても
こんな感じなのは意外だったわ。
OUR STORYのアナザーストーリーってゆうんでもないけど、
これも、明るいはずなのにちょっと切なさが胸をつく感じが、
やっぱり涙を誘います。
やーでも、、じんじん、熱いよほんと(笑)

■SHOT!
やっぱこれ歌詞が絶妙だよーーー><
てゆうかこーーーゆうことよ亀ちゃん!!!!て感じ。
あなたはやっぱこうゆう歌い方のがいい!!そこでこそ、魅力全開になるから!!
あの部分かなり、かなりいい味出してるから!!
やっぱあーゆうのは亀ちゃんに任せたいのよ!!><

■12 o’clock
1、2、3…12 o’clockって遊んでるとこ、
そこもちゃんとコンで見たいんですけど…、、
こうゆうデジタルチックな音で歌うなら、
ハモりも機械的に音を並べた方がいいと思うんだけど、その感じが最高だわ。
いっこ、仁くんのファルセットが絶妙なとこがあって、
こうゆうの聞くとやっぱ、仁くんに白旗を上げざるを得ませんな。(ひらひら)

■愛のコマンド
またこれボーナストラックのしかも終盤に
結構重量級の濃厚な爆弾落としてくれちゃって…;;
ジャカジャカタイプのロックだけど、最高にメロディアスな感じの曲で。
サビのユニゾンが、アグレッシブ感を最高に演出してて、超いい><
従来の“KAT−TUNらしい”とは違うかもしれないけど、
KAT−TUNにしか歌えないと思う。
だからもう、KAT−TUNらしいって言いたい。
一箇所ゆっちの歌声に揺さぶられてしょうがないとこがあります。

■SIX SENSES
……泣泣泣。。
「祝・音源化☆」(ぱちぱちぱちぽち)
コンサートで一緒に、踊ろう。ほんと。(振りはまだ覚えてるわよー!)
でも、一箇所に集まってしっかりダンスしながら歌ってほしいな。
間奏のダンスが超すきだった。

***

これでも、さわりだけだから(くすり、爆)

なんか今回は、それぞれがどんな風にコンサートで歌われるのかって考えると
メンバーが1人ぱっと浮かぶ曲が多い気がします。
パートが多いってのもあるかもしれないけど、
聞いた感じのイメージとゆうか、このメンバーの印象強いな、的な。

やっぱ全部歌ってほしいなーーー><


いやもうほんと、溺れてますよ。
KAT−TUNに。(ぶくぶくぶくぶく……)



| リリース情報(CD・DVD・写真集など) | 01:38 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:38 | - | - | pookmark |