CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT THIS BLOG
当ブログは、管理人の個人運営となっております。KAT−TUN・赤西仁さん、及び所属事務所とは、一切関係ございません。また、内容の無断転載もご遠慮下さい。
ブログはリンクフリーですが、もしお申し出いただける場合は、リンクのメールフォームよりお知らせいただけますと幸いです。
その他、管理人へのメールも、メールフォームよりどうぞ♪
それでは何にもないブログですが、お付き合い下さいませ。
VISITERS


ただ今のお客様:
SEARCH


OTHERS











SPECIAL
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

飛び込み前転 な キモチ

KAT−TUNがすき
赤西仁くんがすき
ほんとすき 大すき 寝ても醒めても。
それはもう
飛び込んで回ってしまいたいくらいに。
<< 「言葉にする」とゆうこと。 | main | おかえり、王子! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
今日の某。
MAKOの大すきな深夜番組、「内村プロデュース」の名物ラストコーナー名です。
ちなみに「某」と書いて、「なにがし」と読みます。
あ、「知ってるよ!」って話っスか;(それは失礼)


桜。
MAKO、ここ数年、
テレビで開花宣言してないと、ちゃんと満開にならないと、
気付けていないかもしれません。
ニノちゃんの日記を読んでも、反省しました。

春を教えてくれるのは、単に“進級”だとかそうゆう、
自分の組み込まれているシステムだけだったかもしれません。

けれど、MAKOの門出はいつも、
満開の桜が演出してくれました。
大事な行事の度に雨が降る、あの学校でも。

だからMAKO個仁は、桜との相性はいいと思っています。


でも、それでもやっぱり、
立ち止まってふと、写メっちゃったりとか、
そこから小さな幸せを摘み取ろう、元気の種を見つけようって、
そんな健気な衝動からは少し、遠ざかっていたかもしれません。


また改めて、あなたに気付かされました。
亀梨和也くん。



******

「今日の、亀梨和也くん」

とゆうことで。

ドリボズ、観て来ました!

2階のバルコニー部分での観劇で、
普通に座ってても1階の様子がよく見えて、ステージもフライングも近く感じて、
なんだか一石二鳥な気がしたわ^^

ちょっと時間があれなので、レポとかじゃなくて、感想だけ。

やっぱ間違いないよ。亀ちゃんのパフォーマンス。

瞳、汗、体、声、佇まい、
そして、溢れんばかりのオーラ。
全部全部、あれはこの世で唯一の輝きです。
世界中で、彼だけが放てる輝きです。


聖曰く、今日の亀ちゃん、
1公演だけだからって、テンション高めでごきげんだったらしいよ。
でも、「帰って来て><」亀ちゃんじゃなくって(笑)、
すーごい穏やかで、優しくて、凛々しくて、
色んなことにころころ笑ってて、超可愛かった。

もちろん、全てに対して真剣なのはいつもとおんなじ。
むしろ、彼にとっては1回1回新鮮に取り組んでいるんだろうから、
“同じ”ってゆうのもまた違うのかもしれないけれど。

でも、隅々まで最高にプロフェッショナルで、
あそこに立っていたのは紛れもなく、「亀梨和也」その人に他ならなかった。

けどその一方で…
一回笑うと後引いちゃうのも、いつもの亀ちゃん。
いっこウケると味を占めちゃうのも、いつもの亀ちゃん。
笑いが絡むと、オチとか大事なとこでグダっちゃうのも、いつもの亀ちゃん。

もうどこまでも、描いた通りの亀梨くんです。


「進化を続ける」、とゆう変化も、
彼を形容するのには全く想定内だから、
そこまでもって「いつも通り」。

“いつも通り”、前回よりも成長してました。


「離さないで愛」が、とにかくヤバかった。
なんか、言葉にできない。したくない。
“色気”なんてその程度の言葉じゃ、表現し切れないんだもん。

あの、限りなく女性的で、たおやかな仕種は、
それが亀梨和也とゆう男性が演じることで、
あれほどの壮絶なエンターテインメントになり得たんだと思う。

体が硬直してしまって、神経ごとヤラれてしまって、
直後の曲の記憶が一切飛んでしまいました。

ほんと、あんなの、世界中に、亀ちゃんしか無理。


亀ちゃんは。
自ら望んであの広いステージの真ん中に立って、
そこから、共演者を、スタッフを、めいっぱい誇って、
そこにいることを、共演者から、スタッフから、大きな信頼の下託されて、
そこに立つに、ふさわしい存在でした。

最高に、最高の、座長でした。

それは、絶対。絶対だよ。


カーテンコールの最後にね、聖が、マイク使わないで、
「ありがとうございました!!」って、すっげーでかい声で叫んだの。
前のときもよくやってたんだけど、このときの聖の、
最高に達成感に満ち溢れた表情はね、ほんと、
世の中の不純物を全て、あの一瞬だけでも浄化してしまうような、
そんな、眩いほどに綺麗な光を放っていてね。

そして、それからくしゃっと笑った聖をね、
ステージの後ろへ下がりながら亀ちゃん、少し聖に寄り添って、
お尻を叩いたの。結構すりすりするみたいに、がっつり。

あーーKAT−TUNだなぁって、思って。
亀ちゃんだなぁってね、思って。
あの一瞬、メンバー同士の戯れが見れて、心が躍ったんだ。
たったそれだけの、ほんの一瞬に、泣いてしまえるほどの威力だったんだ。

だけどね、聖に笑いかける亀ちゃんの目には、それだけじゃなくって、
座長として共演者を労うような視線も、混じっていたと思うのね。

今日の公演の無事・成功に対する、安堵・満足感を、
分かち合うと同時に、感謝してるみたいな。

そんなポジションが似合うのもやっぱり、亀ちゃんだからだよ。
そうゆう表情が、自然と受け止められたのは。君だからだよ。


見てる。応援してる。ずっと。
私からも君へ、幸せ、届いたかな??><
私へは、もう余りあるほどに、届いたよ!
ありがとう。ありがとう。ありがとう。


今日、あなたに逢えて、幸せだいっっ!!!!!


大阪、、色々考えているのか…
……やっぱ行きたいなぁ><

*

写真が26日付で追加されてました。
今までのより少なかったと思います。
個仁のソロだと3枚ずつくらいかな。
あとは3人の集合や混合が数枚ずつ。

***

うちの高校は、門の前の桜がすごく綺麗だったんだよね。
今は…どのくらい咲いているかなぁ。
あ、ちなみに、通学途中、学校の前で、
愛犬を散歩中の彼の恩師と、よく遭遇しましたかね(爆)

| 舞台 | 04:18 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 04:18 | - | - | pookmark |