CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT THIS BLOG
当ブログは、管理人の個人運営となっております。KAT−TUN・赤西仁さん、及び所属事務所とは、一切関係ございません。また、内容の無断転載もご遠慮下さい。
ブログはリンクフリーですが、もしお申し出いただける場合は、リンクのメールフォームよりお知らせいただけますと幸いです。
その他、管理人へのメールも、メールフォームよりどうぞ♪
それでは何にもないブログですが、お付き合い下さいませ。
VISITERS


ただ今のお客様:
SEARCH


OTHERS











SPECIAL
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

飛び込み前転 な キモチ

KAT−TUNがすき
赤西仁くんがすき
ほんとすき 大すき 寝ても醒めても。
それはもう
飛び込んで回ってしまいたいくらいに。
<< ちゃんと気付いてたよー。 | main | せっかくの、お休みだったのに…(泣) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
どこでも。どこまでも。(※内容追記)
こーーーれは……ひとつの、ドラマだろ…><
この世界のクオリティーが高過ぎるのは、CMが??
それとも、彼が??


やられたぜ…
見事にやられてしまったぜ…


やっぱダメだなぁ。。
MAKOはやっぱ仁くんなんだなぁ…



兄ちゃんスマン…(個仁的な用件;)


ネタばれです↓↓


******

最初から、このCMを見るためにこのチャンネルかけてたのに、
ちょっと寸前にもめて(マジ個仁的事情ですが;)
それが落ち着いてボーっとしてた頃だったから、
始まった直後は「この人仁くんに似てるなー…」とか思ってしまった;
(裏を返せば、何でもそーゆう見方しかしてないってゆう、爆)

***

“遠くない未来の、ある日”

ジャケットを腕にひっかけながら、そのまま着ちゃえばいいのに、
あえて着てる途中で携帯チェック。
そんなに着信が気になるの??
で、舌をペロッと覗かせてその顔は…「来てない…か…」的な??

 最近は手ぶらで出かける。

おうちから出て、戸締りをして。
この彼の一人暮らしのお部屋が、
どこにでもあるような安いアパートなのがたまらなくツボ><

 ポケットにケータイだけ入れとけば、部屋に鍵がかかって。

ケータイを身につけてるだけで、指紋認証で施錠できちゃうのね。
鍵に指先を、手のひらごと押し付けるみたいのが、
すーげー子供みたいなんだけど…可愛すぎりゅ…><

ちょっとお天気を気にしながら、ぽっけに手を突っ込んでお出かけです。

 バイクにもエンジンがかかる。

またしても手のひらごと、「えい。」
ぶっちゃけ、スクーターですが。(懐かしの半ヘルだぁ…泣)
そのまま住宅街を流れる川にかかった橋を越え。

 駅でも。

きょろきょろしながら心ここにあらずな感じで、
ぶらぶらと改札を通り抜けて。(←しかも車椅子用、爆)
(ありゃ東急線だね)

電車の中でも、手ぶらで明らかに手持ち無沙汰なんでしょう、
窓なんかこつこつ叩きながら、外の景色を眺めて。
…いやぶっちゃけ、これからの予定のためにドチドチする気持ちを、
持て余してたんだよね。口なんか尖らせちゃってさ。
景色なんて絶対、見えてないでしょ??

 自販機でも。

自販機の前に佇む後姿が、ちょっと頼りなさげでかなりきゅん><
とてもとても、23歳の成人男性には見えない。。

また自販機に押し付けられた手のひらが。
すうごいすうごい、丁寧に力が加えられてる感じで…
これだけで、このシーンだけで仁くんの温かさが伝わるような…(大げさでなく。)


「お疲れ様でしたー」

おしゃれなカフェでのバイトを終えた女性が1人。
嬉しそうに仲間に挨拶を交わし。

“ドコモの技術がつくる、優しい未来”

さて彼は、噴水の前に腰掛けて、誰かと待ち合わせでしょうか。
相手の姿が見えたくらいの時点で立ち上がって、
ちょっと伸びをしたり挙動不審なのが、もうたまらなく可愛いよね><
(an○goが蘇る…><)(←しかし噴水はかの地ではなく;)

 ポケットにケータイだけ入れとけば

そして、ぽっけに手を突っ込んだまま、彼女よりも半歩前を歩いて。
けどやっぱその背中が、彼女のことさりげなく気にしてるんだよなぁ…
彼女のために、歩幅を合わせてゆっくりゆっくり歩いているし。

付き合い始めたばっかりなのかな??
泳いでる目線がたまらないんですけど…
(どっちにしろ、たぶん彼からアタックしたな。←断言。)


「おーーでけーでけー」
「ほんとだぁ」

展望台で、彼女はとっても無邪気に飛行機を追いかけているけれども、
彼は彼女の方が気になって仕方のないご様子。

手すりに掛けられた彼女の手に、彼は躊躇いがちに自分の手を重ねようと…

「フフ…なに?」 (←無邪気もこのレベルまで行くと罪。)

せっかくの勇気を挫かれて、空を彷徨ったその手で鼻と頬をぽりぽり。

「や…別に…;」

眉間に何度も皺を寄せて、またまた視線を泳がせながら、
空ばかり見てる彼女のことをやっぱり見つめてしまう彼。
とても優しい目をしているなぁ。。

そして。
夕方の浜辺を、やはり彼が半歩先を行きながら歩くふたり。
その後ろには、足跡が続いています。

その目的地は…

「どこ行く?」

少し先を行く彼に、何気なく問いかける彼女。

「えァ?…どこでも。」

そう言って彼は照れながら、言葉尻に優しい微笑混じりの吐息を滲ませて。
こうして彼女と歩いているだけで、彼は幸せなんだね。

「何それ。」

なんて口を尖らせる彼女も、微笑みを隠せないようです。

「じゃあ…」

彼は振り向き、背の低い彼女を覗き込むようにしながら、
最後の最後だけ、彼女をしっかりと見つめて。


「どこまでも。」


お姫様をエスコートするナイトのように、差し出された彼の手。
そんな彼のちょっと気取った言動に、ふたりして、フフっと吹き出して。

彼女が甘えるように手を伸ばした先は、彼の…

ひとつになった影が、また足跡を浜辺に残してゆくのでしょう。



たぶん。たぶんだけど。

“幸せ”って、こーゆうことを、言うんだろう。

***

本当に、本当に。
優しい、物語だと思う。

彼で、これを描いてくれたことに、感謝したいと思います。
これを描いてくれた彼に、感謝したいと思います。

優しい幸せを、教えてくれて、ありがとう。

***

※色の変えてあるところは、仁くんのナレーションです。



| CM | 01:30 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:30 | - | - | pookmark |
MAKOちゃん おはよう ^0^
このCM。 ストーリーを読んだときから すっごく見たくて見たくて
私が 演じてほしい仁くんが 見られるのかなと。
こちらで見れるのは たしか明日。
MAKOちゃんの文章で 光景が、雰囲気がすっごく想像できたよ
ありがとね *^-^*

あぁ これ読んだだけで もぅダメ   仁く〜ん・・・
あんな表情かな こんな感じかなって 妄想膨らませて 
早く 映像で見たいな♪ ^^
| ひろみ | 2008/03/21 8:25 AM |
このCM見たら、胸が熱くなって、涙がでそうになりました。まさか、こんな仁君がみられるとは・・・素晴らしい。ありがとうございます。皆様・・・
| 来夏 | 2008/03/21 11:05 PM |