CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT THIS BLOG
当ブログは、管理人の個人運営となっております。KAT−TUN・赤西仁さん、及び所属事務所とは、一切関係ございません。また、内容の無断転載もご遠慮下さい。
ブログはリンクフリーですが、もしお申し出いただける場合は、リンクのメールフォームよりお知らせいただけますと幸いです。
その他、管理人へのメールも、メールフォームよりどうぞ♪
それでは何にもないブログですが、お付き合い下さいませ。
VISITERS


ただ今のお客様:
SEARCH


OTHERS











SPECIAL
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

飛び込み前転 な キモチ

KAT−TUNがすき
赤西仁くんがすき
ほんとすき 大すき 寝ても醒めても。
それはもう
飛び込んで回ってしまいたいくらいに。
<< ノンフライ玉森です | main | 明日…行っちゃう?? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
SHOW TIMEだけでも、残しときたい><
だってだって、あの曲を歌ってくれちゃってるんだから…><
聖のだって、今後どうゆう扱いになるかわからないんだから…><

ほんと、何かの特典とかでいいから、SHOW TIMEを残したい。
(しかし特典として付けようがねえな;)


と、ゆうわけで。
SHOW TIME、その他です。

******

「挑戦者」って、いつまで歌うんだろうね…(汗)
この物語を歌いながら紡ぐ亀ちゃんはすごいすきなんだけど、
ふと冷静になった瞬間に、この疑問が過る(爆)

*

そしてリアデラ!!

イントロだけでかなりテンション上がった〜〜!!
ABCとキスマイの面々によるお歌でございます。
若干(いやガンガン、爆)ノリノリになりながら
一緒に(声無しで)歌わせていただきました。
(でもがっつり踊ってほしかったなぁ)

それからABC→キスマイの順で、たぶんオリジナル曲を披露。
ABCのが大人っぽい感じで、キスマイのが爽やかな感じだったと思う。


そして、LIPSですよ!!

最初のギターポロロンと亀ちゃんソロで、
一気にKAT−TUNファンの血が沸騰って感じ。

で、ここで、奥と左右の巨大スクリーンにPVが流れるんですよーーー><
これにはまーーーヤラれた。

長いことメンバー2人だけを見てきて、
ここへ来て最後に6人を見せ付けられちゃうとね、やっぱ、
「KAT−TUNやっぱ間違いないわーーーー」ってもう、泣きたくなるの。

しかも、あの神PV。
あの大画面、うちにも欲しい…><
ホームシアターセットを欲しがる人の気持ちが、ようやく実感できました;

ゆっちのビートボックスと2人でマネするのが可愛かったなぁ。
本人が観に来たときもきっと、ステージ上に上げておきながら結局2人でやって、
ゆっちにツッコませるんだろうな(爆)


次の聖ソロが、新曲でした。
すごいオシャレで洋楽チックなかっこいい曲だったんだけど、
超ハイトーンでびっくりしたよーーー

桟橋セットの上でのバックを従えたダンスとかもすごくかっこよかったんだけど、
とにかく曲調にヤラれてしまいました。
これは…この場だけに留めておくにはもったいない代物だわ。。


そして。亀ちゃんソロ。「離さないで愛」。
これ最初「歌ったよ」って聞いてから、
正直これを見るために行ったと言っても過言でなく…、、

特に昨日はね、
イントロで一瞬で胸が詰まって、最初のサビだけでボロボロ泣きました。

アレンジもMAKOのすきなバージョン寄りだったし、
何よりダンスが……><
あそこの手の動きと、あそこの蹴りは、
MAKOにとってはもう……神なのです。。

未だに「俺の歌」って感じで歌う亀ちゃんがほんと、
愛しかったし嬉しかったぁ。。
(当たり前かもしれないけどさ)


藪くんは、IKUJINASHIを。
昭和のメロディーラインをモダンにアレンジした感じのこの曲、
昔からすごいいい曲だと思ってたけど、(MAKOの好み的に、ね;)
ここでヤーの曲か…とゆう切なさを感じないでもなかったかな、、


極めつけは、アンダルシア
ついに……来たか。。
って感じ。
これは、亀ちゃんがやりたくてやったのかな。
それとも大人からの「GO」があったのかしら(爆)

本人の意志なら、亀ちゃんはまたひとつ自信を付けたのかな、と思うし、
他者からの意向なら、亀ちゃんはまたひとつ認められたんだな、と思う。

どっちにしろ、座長公演でこれを歌う、むしろ演じるのは、
すごく名誉なことだと思うけれど、
舞台班にはなり切ってほしくはないのが…本音。。(ファンは欲張りなの!)

いやしかし、、かっこよかーーーー(号泣)
途中の「ハッ」って掛け声に、全身シビレました><
これまた6人でやったら…どうなるんだろ…(思い出し鼻血、爆)


最後がI’ll be with youだったのは、前回と同じだね。
まさかこれがこんなに重要なポジションの曲になるとは思わなんだ。。
だけど、「ありがとう」の思いを込めて、
出演者全員が愛情たっぷりに歌ってくれてるのを見ると、
KAT−TUNファンとしてとても誇らしくて、嬉しくなります。

亀ちゃん、聖くん、私はあなた方のファンで、幸せです^^

それに昨日はねー亀ちゃんが両耳に髪をかけてて、
どストライクだったのだよーー><

*

アンコールとゆうかカーテンコール(?)は3人のお話なんだけど、
昨日の藪くんがマジ面白かったんだよね(ぷぷ)

とにかく愛想笑いが激しくわざとらしくて、2人がたじたじになってたの(笑)
何かゆう度に語尾に「ははっ」ってゆうのがくっついて、
藪くん本人も無意識なんだろうけど、それがまーもれなくくっつくもんだから、
いちいち亀ちゃんも聖も爆笑するんだもん。

マジ、藪くんの愛想笑いは今後、キーワードにしようかと思う。(自分的に、爆)

***

真琴つばささんは前回に引き続き心強く支えて下さってるんだけど、
初演のときみたいに、彼女の“面白さ”を露呈する機会があればいいのに(爆)
演技ももちろんそのスキルは凄まじいんだけど、
この異様な面白さが更なる魅力なのになぁ。

「I’ll be with you」のとき、
上品に跪きながらお辞儀するのが、たまらなく素敵だと思います。(じーん)

*

それから新しくご出演の鳳蘭さん。
びばりに負けず劣らずド迫力な方で…(ひーー)
(あ、前田さんからはお花が届いてたよーー^^)

役どころは、完全に前回の前田さんとかぶっていただけに、
その違いがはっきりしてて面白かったな。
鳳さんの方が落ち着きめ、とゆうか、リアルな感じがしました。
前田さんは、ステージ栄えする演技って感じ。
(まぁお二方共舞台上での存在感はそらもう圧巻なんですけども)

何気に、最初や最後の全員集合のときに、
マーメイドラインのロングスカートかと思いきや
マーメイドラインのパンツスタイルで、ちょっとびっくり;

***

Jr.の子たちも、すごくドリボを掴んできたなぁと思った。
パフォーマンスだけじゃなくって、演技の部分でも。
演技だけに関してゆうなら、キスマイの成長ぶりはすごいと思うなぁ。
ABCもキスマイも、前回から個人個人キャラクターのある役どころで、
その部分に成長が見られたことが、何だかとても微笑ましく感じました。

一方で逆に、亀ちゃんのフライングを受け止める(とゆうか抱き止める)
宮田くん、玉ちゃん、千賀ちゃんの、それらのミッションへの取り組み方も、
前回より数段心強く感じられるようになってたし。
(それに3人とも演技も成長した…ってゆうか積極的だったと思ーーう)


それからやっぱり。
ABCのパフォーマンスやアクロも、凄まじい。

ダンサーのお姉さんたちがやってるような、
布に巻き付いてぶら下がりながらアクロバティックなことしてるやつ、
あれMAKO今まで、プロがやってるから安心して見てられると思ってて。

ロープに片手で掴まりながらぐるぐる回るのも、
プロじゃなきゃABCしかできないと思ってたけど、
これにまで挑戦してくるとは…思わなかった。。
尊敬だよほんと。その姿勢に。

パイプキューブ振り回すときも、亀ちゃんよかでかいサイズのを、
しかも亀ちゃんよりも長い時間、ぐるぐる回し続けてて。
重さとかはわからないけど、遠心力とかハンパないと思うし、
見た目以上にキツいんじゃないかと思う。

布に巻きつくやつはね、命綱がないの。
とゆうかむしろ、だからその布だけが命綱であって。
腰やお尻の部分にだけ巻き付けて、手足を伸ばしたりひっくり返ったり、
それが体重でほどけてしまったり抜けてしまったら、真っ逆さまなわけですよ。

今日はそれをやる塚ちゃんが目の前で。
ものすごい速さで、何重にも布を股の間をくぐらせてて、
その必死さから、本当に命がけであることが伝わって来て。
でも塚ちゃんあんまり、「辛いです><」って顔しないんだよなぁ。。
魅せながら、ひとつひとつ丁寧に技をこなすんだよね。
(ABCみんなそうだけど)

その必死な様子になぜか少し、笑いが起こった瞬間だけは、少し憤りを感じました。
(や、ほんとは…少しじゃないですけど;)
別のことが何か面白かったのならそれは別にいいけどさ。
目の前で、危険と隣り合わせでこんなに必死な塚ちゃん見て、
何を、感じたんだろうな。

ABCの皆さん、あなた方の特別なファンではない、こんな小娘も、
ちゃんと見てるからね!!!
とゆう気持ちは、前回同様強く持ってます。マジで。

*

そして藪くん。

ダンスとか舞台栄えってゆう点で言えば、
やっぱり屋良くんさすがだなって思わないこともないけど、
一生懸命な人を嘲るつもりもそんな権利もありません。
応援してるよ、藪くん。

屋良くんを意識するなってのは無理な話だと思うけど、
ヤブって役なわけだから、自分なりのヤブを自分の満足の行くように演じられれば、
それでいいと思います。
自分の得意なフィールドに持ち込んで、アピールしてくれれば。

Next Dreamで、歌に重点を置いたのも、
そうゆう意志の表れだったんではなくて??

***

次は17日なのですが。
どう進化しているのか。
楽しみです^^

| 舞台 | 06:55 | comments(1) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 06:55 | - | - | pookmark |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2008/03/14 3:54 PM |