CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT THIS BLOG
当ブログは、管理人の個人運営となっております。KAT−TUN・赤西仁さん、及び所属事務所とは、一切関係ございません。また、内容の無断転載もご遠慮下さい。
ブログはリンクフリーですが、もしお申し出いただける場合は、リンクのメールフォームよりお知らせいただけますと幸いです。
その他、管理人へのメールも、メールフォームよりどうぞ♪
それでは何にもないブログですが、お付き合い下さいませ。
VISITERS


ただ今のお客様:
SEARCH


OTHERS











SPECIAL
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

飛び込み前転 な キモチ

KAT−TUNがすき
赤西仁くんがすき
ほんとすき 大すき 寝ても醒めても。
それはもう
飛び込んで回ってしまいたいくらいに。
<< こじつけだろう; | main | SHOW TIMEだけでも、残しときたい>< >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ノンフライ玉森です
結局なんか、レポもどきみたいなのが出来てしまいました。。
けど、最低限のドリボ知識がないと意味わかんないだろうし、
なんか、、「帯に短したすきに長し」的な厄介なものが生まれてしまったやも。。

うーーん、自分のためのメモの延長なんだよね。やっぱり。
ご期待に沿えるものかどうかなんて甚だ怪しいですし、
それが目的なわけでも全くないので、ご理解下さい。

***

11日は昼の部、12日は夜の部に参加致しました。

ただ、書いたのがほとんど12日の夜ですので、
昨日=11日、今日=12日の認識でご覧いただきたく…

あ、あとすみません、今の時間的に読み直しとかしてる余裕がないので、
一旦上げちゃいますね;誤字脱字は…勘弁><


隅から隅まで不親切なブログでほんと恐縮です;


******

うーーーん、前回と間隔が詰まってるせいか、
やっぱり所々細かく比べてしまう自分の脳みそが恨めしかった、、
新しく加えられたシーンもそうだけど、
逆に完全に同じシーンでは、台詞の端々に至るまで
「あ、ちょっと変わったな」とか「全く同じ言い回しにしたんだー」とか、
いちいちそんな風に観てしまう自分が、正直めんどくさかった(爆)
だって、いちいち「どうしてこれ変えたのかな」とか
「なんでこのシーン入れたのかな」とか
そうゆう裏方的なことを頭が勝手に考えちゃうんだもん;

でも、あえて前回と比べてってことで言えば、内容的に、
シーンであったり台詞であったり、ちょっと補足的な場面が多く加わってたかな。

何てゆうか、ドリボってのはMAKO的に、
「ストーリーを追うものではない」って認識で;、
特にメンバーみんなで出てた頃のやつは、物語云々とゆうより
パフォーマンスを観に行ってるって意識だったんだけど、
前回(9月)分からそうゆうストーリー的なものもすごく配慮されてて、
すっきりしてわかりやすくなったなって思ったんだよね。

でも今回は、更にこう場面と場面を繋ぐシーンやちょっとした台詞が加えられてて、
頭を使わなくても細かいストーリーが自然と伝わるように
細かくつじつまが合わせられてるって印象だったかも。

そうゆう場面に触れる度に、真剣に意見する亀ちゃんや聖の姿が浮かんだわ。
「これじゃちょっと伝わりづらいんじゃね?」とか
「こうすればもっとすんなり流れる気がする」とか。
(いえ、勝手な憶測ではございますが、、)

それを思うととっても微笑ましく感じる反面、
前回の印象が強過ぎると、多少くどく感じてしまわないこともなかったので、
あまり予習とかあえてDVDを見直したりとかはせずに臨んだ方がいい気がします。
個仁的に、ですが。

*

今回は開演前にABCやキスマイの面々による呼びかけコーナーみたいのがあって、
ピエロの格好をした彼らが、交代制でやってたんですけども、
MAKO的に昨日(1回目)の
ノンフライ玉森でーす
の印象強し。
何てゆうか、「た、、玉ちゃんが玉ちゃんのまましゃべってる…(うるうる)」的な。

台詞じゃなくて、素のままの玉ちゃんが大勢の前で、
ちょっとボケて、ちょっとスベって、ちょっとはにかんでるのが、
なんかこう「クララが立った…」的な感動を覚えてしまって。
孫の初節句を祝う祖父母の心境が、一瞬わかったもんね(爆)

あと同じ意味で言えば、

た、たたたた泰観……!!!!Σ( ̄□ ̄;)

とゆう衝撃も結構でかかったのですが、それはまた後ほど(笑)

あとは五関くんの「ごせっきーでーーす」の言い方とか
郁人の「ジョニー出っ歯河合です!」とか
想定内の郁人くん始め結構これもこれで面白いコーナーだったんだけど、
(てゆうか入場中のお客さんにちょっと邪魔者扱いされてる郁人マジウケた、笑)
こうゆうとこでやはりさすがだな、と思ったのは、太ちゃんですかね。

「座席の移動などは、おやめ下さいね〜」

と注意を促しながら、

えーまた、藤ヶ谷ファンから亀梨くんファンへの移動も、禁止です!!


さすがです!!父さん!!!!


「それもまたね、退場していただかなきゃいけなくなりますから…」


……なら、気を付けなきゃね!!(←え??)


*

昨日も今日も2階前列で、
昨日はどどどどど真ん中だったから飛んでくる亀ちゃんを堪能し放題で、
今日は下手寄りの端の方だったから、聖の初登場フライングを間近で拝めて、
なんだかこんなにおいしい思いをさせていただいちゃって、逆に申し訳なかったな;
ですが、しっかり楽しませていただきました。


基本的な流れは変わらないんだけど、衣装が多少やっぱ変わってて、
初っ端の聖のシルバーフォックスは…忘れられない…(爆)
あれ系は仁くんの専売特許な気がしていたけれど、御見それしました。聖様。

*

映画の撮影シーンの前に、アンダーソンの異様な熱唱シーンを経て(爆)、
3人の長ーーい語りみたいなシーンが追加されてたな。
特に聖の長台詞は…ほんと尊敬しましたです。。
一緒だった3人が、10年とゆう歳月の間に別々の道を…
とゆうよりは、心がバラバラになってしまったことを強調するために
加えられたシーンなのかな、と思いました。

*

One Nightのとこ、
たぶん今回からは、後ろのスクリーンの映像はリアル中継な気がします。
(あれが例の高性能マシーンなのではなかろうか)
前回は、映画撮影の小道具だったカメラはハリボテで、
だからたぶんでかいスクリーンの映像は元々撮ってあったやつだと思うんだけど、
今回からは本物のカメラを使っての中継だったと思うんだよね…。
昨日の映像と今日の映像が違った気がする。
(や、でも「これリアル映像じゃないか?」とは昨日のうちに思ったけど)
それに、撮影をぶち壊した聖が、前回はカメラに突っ込んでってたけど、
今回はカメラには全くダメージを与えてなかったので、、
「あれやっぱホンモノなのかな…」と。

で、その映像の亀ちゃんがね、すーーごい清々しい表情なの><
いつもみたいに凛々しい“役者カズヤ”とはちょっと違って、
確かに役を演じるカズヤではあるんだけど、(この場合はコウキ役ってことかな)
少し眉を下げ気味なふとした笑顔とかがちょーーー可愛くて><
MAKOは断然こっち派!!!!(←聞いてない、爆)
その爽やかレベルが、昨日のが忘れられなくて今日も期待してたんだけど、
昨日の方がよりきゅーんとできた気がするので。(←そーゆう判断基準;)

*

桟橋はねー、、
藪くん、ガンバ!!なとこではあるんだけども、
あの(ある意味)由緒ある桟橋アドリブの笑いのクオリティーを
藪くんに求めてしまうのは、荷が重い気もしないではありません。。
(それにほら亀ちゃんだって決して「面白い」子ではないから…爆)

きみくんや屋良くん、海から奇妙奇天烈な登場!的なのはもう恒例ですが、
今回藪くんは、ボートに隠れててそこから登場、な感じなのね。

しかしここで異常に想定外なのは、
ゴンドラみたいなボートの端っこに腰掛けながらバイオリンを弾く、泰観。

昨日、藪くんに「この船手配してくれた俺の友達」的なことを振られたとき、
「え、泰観もこのアドリブのシーンに交えるのか!?」ってハラハラしたんだけど、
絶対「いやいやいや、、」とか恐縮して逃げると思ったのに、
結構臆せずにしゃべり出して、(てゆうかマイクすら付けてないかと思ったのに)
しかもその内容が、
昨日は、

「あの、この橋の下くぐるとき体張ってるんですけど、(←弾きながら体寝かしてるの)
 要するに、急がば回れってことですよね^^」

…………ん????

今日は、

「藪くんは誘拐されてたんですよ。(亀ちゃん&藪くん「???(笑)」)」
 でも、よかったですね。(「無事で」ってことか??)」
 (「??」とグダグダな空気が逆巻く中)これ、海賊船なんですよ!!」

んんんん?????


なかなかに君の脳みそが理解不能だぞ☆(激爆)

「あーーこの子…いわゆる“不思議ちゃん”なんだ…」的な(笑)


一応亀ちゃんから「君が手配してくれたの?」的な語りかけがあったと思うのに、
ものの見事に言葉のキャッチボールを放棄して下さいまして(滝汗)
亀ちゃんも藪くんも、大爆笑。とゆうか、大失笑。
(でも逆に泰観に持ってかれたお陰でオチが付いた気もするが;)

今日はその謎の「海賊発言」から、
去り際にパイレーツ・オブ・カリビアンのテーマソング(He is a pirate)を
さらっと弾き流しながら去ってゆくとゆう粋なこともしてくれちゃって。。

彼の発言の意図は100%わかりかねるのに、
そのたったワンフレーズのために、
場内に拍手が起こったからね。

手に職付けといてよかったな、泰観!!(激爆)

桟橋シーンはね、ほんと、泰観への衝撃がでかくて、
亀ちゃんたちのアドリブの印象、薄過ぎ;
また魚扱いされたのは、間違いないんだけど。

……「チャンプウゥゥ……!!!」しか聞いたことなかったのになぁ…(爆)

*

で、次の聖のジムのシーン。
細かいことなんだけど、宏光とか父さんがチャンプを慕う理由が変わってて、
今回のがより自然でいいと思います。
2人の演技の進歩の問題もあると思うんだけど。

個仁的に、ここで泰観が何食わぬ顔でトレーニングしてるのがもう
おかしくてしょうがなかった、、(泰観はコウキ側のキャラクターなので)

ここで何気にびっくりしたのは、
サンドバッグに打ち込む渉兄さんをニカちゃんが肩車してて。。
……ニカちゃん…あんなに小さかったのに…
藪くんもそうだけど、男の子の成長ってのはほんと、
目を瞠るものがあると思いました。。(おばあちゃんかっ)
だってMAKOは小学生の頃から5cmくらいしか伸びてないし;

*

FIGHT MAN
こないだ発売されたDVD見て思ったけど、
これはぜし生で聞くべき。聞いてほしい。
聖は特に生のがいいって感じには思ってなかったけど、
ドリボ関係に関しては、帝劇で生で聞いた方が断然うまいと思う。
てかなんかDVDだと、ピッチがすごく低く聞こえるんだけど…
もっとちゃんと合ってたのに。
MAKO的に光ちゃんとかも生歌のがずーーっといいと思うんだけど。

あとこれ今日見ながら突然思い出したんだけど、
MAKOこれのすばるのモノマネするのが異様に得意だったんだ(爆)
姐さん(@KinKi)が、このネタ大好きなの(笑)

あと細かいとこだけど、
「I wanna hit man」のとこ、追っかけて繰り返す部分がカットされてたかな。

あ、あと、ここで聖に映画撮らせてくれって頼みに来る亀ちゃんが、
カジュアルな白いシャツに黒いベストってゆう簡単な衣装で、
それだけにすっごく成長した体つきをもろに感じました。
肩幅とか…ほんと一回りでっかくなってた、、

*

で、公園のシーン。
Next Dreamの冒頭の、
「Woh〜〜」のとこが、亀ちゃんの口笛に変わってました。
結構マジ顔で超真剣に歌ってるとこを、
ユウキ(昨日は大我くん、今日は慎太郎くん)に呼ばれて
「まっすぐー(↑)まーえーをー(↓↓)」ってどんどん落ちてくのがウケた
(伝わりづらくてゴメソ;)

ここで、「この曲俺が作ったんだ」って流れになる前に、
やたらと2人でこの曲を大絶賛するんだけど、
(「センスしか感じない」とかそらもう引っ込みつかないくらいに;)
カズヤ「まーこれ作ったの俺だけどね」
2人「えーーーーー!!!!」
とか言ってユウキの驚きに便乗る亀ちゃんがマジ可愛かったなぁ。。

で更に、「カズヤと僕は一緒だね」の流れになって、
「かつては可愛かった俺」をやたらと亀ちゃんが演じてて、
「だっちゅーの」みたいなポーズしながら、ブリブリいじいじ
「昔は可愛かったんだもーん」とか繰り出す亀ちゃんが、
もうこいつやっぱわかってんじゃねぇかくっそーーー!(じだんだじだんだ)
って感じでしたが、やはりばっちりヤラれました(爆)


で。
トレーニングシーンに行くかと思いきや、(セットリストには載ってたのに…)
なんか見たこともないようなちっさい子たちがわらわら出て来て、
宣伝コーナーみたいになってたけどーー;
藪くんからはごくせんの告知とかもあったんだけど、
彼もちびっ子らも結構カミカミで、とってもグダグダな感じに…(滝汗)
特に昨日なんかごくせんのとこで噛み過ぎて
いったい何の告知がしたいのかほとんどわかんなかったもんな(←意味梨)

今日はね、アンダーソンが英語で噛んで(←斬新!)
「オーゥ!!シーットゥ!!」って感じに自分を責めながら地面を蹴ってたのが
かなりアメリカンな感じで超面白かった(ぷぷ)
「ほんとに外人って素でこーゆうリアクションするんだ…;」みたいな。

あとね、ほとんどの子が「君誰やねん;」状態だったんだけれども、
やたら饒舌な子がいて、「僕は八王子のスターになりたい!」の流れから
スシ王子の宣伝の流れに持ってってたんだけど、
亀ちゃんが呆気に取られて苦笑するくらいがーーーっとしゃべってて、
カトカンの再来かと思いました(笑)
どうか大成してくれ。……名前は知らんけど(爆)

そのスシ王子の流れのときに、
「光一くんかっこいいよねー」「ねーー」のムードに
亀ちゃんが「うちの河太郎も出てるから…」って割って入って
「や〜〜んv」って感じだったんだけど、(←どんな感じだ;)
ちびっ子が「あーあの『よっスシ王子!』ってゆうだけの人ね」とか
素性も知れないちびっ子にまでイジられたゆっちを庇うかのように亀ちゃんが
「“だけ”とかゆうな!あいつも一生懸命がんばってんだよ!!」とか
何度も抗議してて、あかん、、涙が…(激爆)

で、その後最終的に「お前らの夢はさ、俺みたいになりたいってことだろ?」
って流れに(そらもう無理矢理)持っていくわけですが、
「カズヤって、1ポンドの福音に出てた奴に似てない?」
「あれ…俺だからv」
「でもあんな奴よりカズヤの方がかっこいいよ!」(と耕作をバカにし始める)
「そうか?」(あれも俺だっつってんのに否定されたままでいいのか;)
的なやり取りが確かあってわちゃわちゃして、
その着地点が「カズヤってKYだね」って台詞なんだけど、
亀ちゃん曰く、
「俺はKYじゃなくて、AKYなんだよ!『あえて空気読まない』んだよ!」
らしく、「あ、この言葉最近覚えたんだな…;」と思った(爆)
ちなみに今日はその後に、「あまり空気読まない」「案外空気読めない」と
三段活用まで披露して下さいましたが;

それを聞いてた藪くんが、
「KYってよく考えたら、『カズヤ&ヤブ』だね☆」とかゆうんだけど、
したり顔でゆってる割には大して面白くないってゆうのがミソ(爆)

てか何よりKYなのは、
そこへ1人だけド真面目にカズヤをトレーニングに誘いに来る、
最高にかっこつけな千賀ちゃんね(爆笑)
よくもまーあんな出づらい場面で…お疲れ様です。
(とゆうか、ご愁傷様です、爆)


あ!!!!
てかそう、昨日は藪くんからの告知で、ごくせん以外にも
平成メンバー出演の「先生はエラい!」ってドラマの告知もあって、
(藪くんは出てないんだけどね)
それをまたちょっと噛んでしまったことで亀ちゃんから
「え!?『先生はエロい』!?!?」とかって揚げ足を取られて、
(ゆったってもう彼もいいオトナなのに…爆)
藪くん「違いますよ!(焦)」って感じだったんだけど、
テンションアゲアゲ亀ちゃんが「ハイ!それ俺も出たい!!」とか挙手し出して、
それに対して藪くんも「そんなん俺も出たいですよ!」って返そうとしたんだけど、

俺もでかいですよ!!」ってゆっちゃったのね。。

…「先生はエロい」から、この流れ……

これを亀ちゃんが聞き逃すわけがないんですよ。
KAT−TUNである、亀ちゃんが。(←ん?どーゆう意味??笑)

「え!?でかい!?お前でかいの!?」

(腕時計を見るフリをしながら)

「お前まだお昼の1時だぞ!!」

←最高に嬉しそうな感じで。


ああ藪くん……不憫なとばっちりを…(爆)
かつて君を溺愛してた人もこんな感じだけど、
その相方もまたこんなどうしようもない感じで…ごめんね;
嫌いに…ならないでね。。(話重い;)

で、その後、トレーニングシーンは丸々カット、と(滝汗)

*

試合シーンで思ったけど、、
聖…やっぱ痩せ方が気になるね。。
確かに今亀ちゃんが大きいってのは差し引いてもね。
心の元気を応援して、ただただ見守るばかりです。
それに、聖の笑顔に嘘はないってのは、信じてるし。なら、大丈夫。
いっぱい笑ってるもん。いっぱい、喜ばせようとしてくれてるもん。
あの笑顔、ほんとMAKO弱いんだ><
次に逢うときは、少しでもおっきくなってたらいいなぁ。

*

フライングはねえ。
2階のあれほどド正面で見たのは初めてだった。。
(前回は、今回に比べれば少ーしだけ上手寄りで。)
でも、あまりに必死な亀ちゃんの形相と気迫に、マジ縮み上がってしまいました。
彼が必死であればあるほど…ね。

でも、その後お友達と話してたのだけど、
むしろ台宙の方がね…キツい。。(本音が、、)

けどその“心配”も、亀ちゃんのために“応援”に擦り返るから、
1回1回、無事を心から祈り、温かく見守るばかりです。

最後亀ちゃんが、フライングの締め括りに歌うウィルビーは、
本当に本当にぐっと来ます。
一緒に声出して歌いたいくらいだよ。その思いをめいっぱい込めて、手拍子してます。
(心の中ではいつも一緒に歌ってますが)

*

あ、INTO MINEの歌詞が変わってた!!
MAKOはこっちのがすきかな。…いや、しかし前のも前ので…
(←お前の意見は聞いてねえ)

てゆうかね、「Ah もがいても辛い」ってとこが今回あるんだけど、
そこの「ツラーイ」の歌い方が、バリ可愛いの><
けど「僕以外愛せなくなれ」は前のが…(もんもん。)

あとね、パイプキューブってゆうらしい、
ジャングルジムの一角みたいな鉄パイプの立方体を振り回すパフォーマンスが追加。
その中でぶら下がって回ったりとか。(ちょっとWSでもやってたね)
じゅんのが似合いそうな大道芸チックな演目だと思いました。

*

聖中心のシーンは、今回はアドリブ的なお遊びコーナーじゃなくて、
色んなトリックを用いたパフォーマンスに変わってました。
メンバーの友情出演も、なしとゆうことで。
MAKO的には、あれはあれでアリ、これはこれでアリって感じ。

前回は完全ストーリーと切り離して捉えてたから
別に前後の繋がりとかは特に気にならなかったけど、
今回は、病室で消えそうな命と向き合うコウキの内面を描いてる感じで、
一貫性のある感じにしたかったのかな??
逆に前回は、「あえてメンバーを出演させるコーナーを作りたかったのかな」
とも思うしね。今にしてみれば。

どっちの方がいいとかはほんと特にないけど、
たとえば聖自身のあのシーンへの意向や変更理由が聞けたら、それは嬉しい。

*

藪くん率いるリズプローションの「Next Dream」が、
屋良くんバージョンと変わってました。ちょっと明るい感じのアレンジだった。
個仁的にはこっちの新バージョンがすきだけど、
屋良くん、藪くん、それぞれに合わせたアレンジなんじゃないかな。
それは、すごく頷けます。屋良くんのがね、大人っぽい感じなの。
あえて(だと思う)マイクを持って歌う藪くんが印象的でした。
(屋良くんやABCはヘッドマイクなのです)

つまり、屋良くんは“ダンス(含むパフォーマンス全体)”、
それに対して藪くんは“歌”に重点を置いてるってことを
アピールしたかったんじゃないかしら。(と思う。)
演出意図もそうだし、藪くん自身の強い意志も感じました。

*

天国シーンはね、聖が更にゴージャスになってたかも、、(爆)
昨日は昨日で、亀ちゃんがまた妙なタイミングでディラン繰り出したり
女の人の髪の毛触って「パンテーン1週間やったんだよこれ」とか、
ちょいちょいおいしい感じではあったんだけど、
今日のが長かったし(てかなかなか切り替えられなくて)面白かったかな。

これいちいち全部書くのはキリないんですけど、
ソファーに腰掛ける聖のズボンの丈が短いことにツッコむ亀ちゃんが可愛かった…
「てかゴメン聖丈短くね??(笑)」とかって…
(笑っちゃって声ちょっと掠れてるんだもん><)
まぁ確かに、丈の足りてない聖なんて貴重かもしらんけど;
(いつもむしろズってるからね)

ひとしきり笑い続ける亀ちゃんに対して聖くん、
いつものように「ここは……、間かな…」と切り返し、
やっとのことで気を取り直して「何の間?」と聞く亀ちゃんの問いに、
長ズボンと半ズボンの間かな…」とゆう絶妙な返しを!!(ぷぷぅ)
で、亀ちゃんもまたも爆笑して崩れ落ちる最中、
「七分丈…(笑)」とか呟く聖のこの“ボソリ”感がたまらなかった!(腹痛ぇ)

あとはなんかまた亀ちゃんが聖発言の揚げ足を取って、
チャゲアスののマネをやたらしつこくやっていた(爆)
(そらもう異様なほどしつこかったのです;)

まだ色々あるけど、ほんとこのときばっかりはね、
完ッッ全2人だけの世界だねありゃ。

その後の「And I’ll be there」はかっこいいのに…

*

細かいことですけど、Rambleの曲が変わってたのが…プチショック↓
あのラブファントム(B’z)みたいなのすきだったのに…

*

最後は、ユウキからの手紙シーンが加わってて、
亀ちゃんの繊細な演技が光るとこだったかな。
劇中では今まで散々、怒ったり呆れたり悩んだりしてたけど、
ここはそうゆう風に外に向けて発する感じの演技じゃなくて、
内側の感情と向き合って涙する…みたいな感じで、
このシーンを加えることで、ひとつハードル上げたなと思いました。
もちろん立派にそれを超えていたと思うしね^^

*

最後の歌とフライングは、ほんとに最高^^
あの笑顔見てるだけで、ほんとにほんとに、幸せいっぱいになれる。
大すきな人の笑顔ってのはやっぱり、最強です。

***

SHOW TIMEはエントリ分けますね;


| 舞台 | 06:39 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 06:39 | - | - | pookmark |