CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT THIS BLOG
当ブログは、管理人の個人運営となっております。KAT−TUN・赤西仁さん、及び所属事務所とは、一切関係ございません。また、内容の無断転載もご遠慮下さい。
ブログはリンクフリーですが、もしお申し出いただける場合は、リンクのメールフォームよりお知らせいただけますと幸いです。
その他、管理人へのメールも、メールフォームよりどうぞ♪
それでは何にもないブログですが、お付き合い下さいませ。
VISITERS


ただ今のお客様:
SEARCH


OTHERS











SPECIAL
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

飛び込み前転 な キモチ

KAT−TUNがすき
赤西仁くんがすき
ほんとすき 大すき 寝ても醒めても。
それはもう
飛び込んで回ってしまいたいくらいに。
<< ちょっぴりしゅん、、 | main | へふぅ、、 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
見ているよ。知っているよ。
じゅんのは、特に短髪が似合うと思います。
SUMMARYの頃が、大すき過ぎてヤバイです。
でもまだ、最新の短髪じゅんのさん、拝めておりません(泣)


突然の嘆き節、恐縮でございました。
もしかして、気付けば明日はドル誌DAY??(ですよね??)
わーーお。(やべえやべえ;)

***

とゆうか何気に。
録ってあったんです。

完全に、邪な下心からではあったのですが。
それを、やっと見ました。


なんだか、無性に泣けてしまって、戸惑った。

でも違う。違うの。
これは、ただの弱虫が流す、情けなさの結晶でしかなかったんです。

とてもじゃないけれど、「感激の涙」だなんて、
胸を張れたものじゃなかったんです。

でもMAKOは、涙ってのは、本能の声だと思ってるから、
たとえそれが“感激”でなかったとしても、
感情が揺さぶられてしまったのは確かだと思います。

そしてその本能が、いったいどんなことを叫んでいるのか。
その声に耳を澄ませてみることとゆうのは、
決して無駄なことではないのです。

******

Pちゃんの情熱大陸をね、見たんですよ。

MAKO的にあの番組ってのはね、
テーマソングだけでちょっと泣きそうになる事情もないではないのですが;

ま、葉加瀬ソングは置いとくとしまして(爆)


MAKOはあれを見て、いわゆる「なんて素晴らしい…!!」的な感動は、
ほとんどなかったと思います。

だって今までだって、あのたった30分余りによって
「見直したぜ山下智久!」ってほど、ヤマピーを見くびってはいなかったし、
かと言って、改めて感動に胸を震わせるほど、
彼のことを見つめて来たわけでもないし。

これを見てMAKOが泣いてしまったのはたぶん、
特に仁くんも、直接は関係ないのかなぁ。と思う。
彼を通して、仁くんの影を追っていた、とゆうことはあったとしても。

***

「ヤマピー」

キムタク、タッキー、ヤマピー。

アイドルであり、スターであり、それはつまり、“キラキラ”の代名詞であり。

木村拓哉の、滝沢秀明の、そして、山下智久の、
彼ら自身の代名詞と呼ぶには、あまりに大きくなり過ぎてしまった“名前”。

それこそ「愛称」と言われるように、その呼び名が生まれた背景には、
多くの人の、“愛情”が注がれたに違いないのだろうと思います。
けれど今、そこに何の思い入れがなくとも、あなた方を呼ぶつもりがなくとも、
簡単に口にできてしまう、そんな市民権を得てしまった彼らの“愛称”が、
たまに切なく思えるときが、あります。

アイドル=偶像だなんて直訳が、皮肉に感じられるときが、あります。


「笑えないアイドル」。

矛盾のかたまりのようでいて実は、実に単純な、人間の証明だと思う。
「アイドル性」の、つまり「偶像」の否定とゆうのは、
生身の彼がここに、確かに存在している、とゆう証拠だから。


笑わない、とゆうより、笑えないPちゃん、
MAKOにとっては意外でも何でもないなぁ。

とゆうかむしろ、Pちゃんの笑った顔ってのがなかなか想像できなくて、
「笑顔」を人に伝えるの、苦手な人だなぁって思ってて。
別に笑顔なんて、努めて他人に“伝える”べきものでもないんだろうけどね。
そうゆう幸せな気持ちってゆうのは、伝えるとゆうよりも共有すべきものであって、
それを共有したいと思う相手には、どんな表情でも、
その幸せは伝播していくものだと思うから。


だけど、笑顔はなかなか想像できないのに、
MAKOにとって“ヤマピー”はやっぱり“キラキラ”の代名詞。
それはきっと、世間のイメージのまんまなんだと思うな。

彼がもし何らかの葛藤を抱えているとしたら、
もしかしたらそんな「ヤマピー」と「山下智久」のギャップなのかもしれないな。


そこにはね、ちょっとだけ、同情した。
ごめんね、こんな小娘に上から同情なんかされても、
そりゃムカつくだけだよね;
「かわいそう」だなんて、ただの屈辱だろうと思う。
でも私はあなたの“ファン”ではないので、
ちょっと客観的に思いやってやることしかできなくて、
それはたぶん、単なる同情に過ぎないものな気がするのでね。


「キラキラアイドル」を着せられてしまった彼の、
そんな煌びやかな衣装に似つかわしくないような、
泥臭くてひたむきな努力・姿勢を、
いちばん訴えたいんだろうなと思いました。

彼が、とゆうよりもむしろ、あの番組がね。

Pちゃん自身は、いつでも、これからも、
超然として、そんな不器用さをカバーして余りあるほどごくしなやかに、
しっかり自分らしく、まっすぐに登っていくのでしょう。
これまでも、そうであったように。
彼自身からは、その意志だけは、強く感じました。


彼が「ヤマピー」を着るとき、
それが誇らしい日があったり、ちょっとウザッたい日があったり、
でも彼が他でもない、「山下智久」でいる限り、
それは紛れもなく、彼にとって愛しい「愛称」なんじゃないかな。
とゆうか、だったらいいな、と思う。

***

MAKOはこれ見て、正直、羨ましかったよ。

違うよ、「仁くんもこんな番組で…」とかじゃないよ。全然。

MAKO個仁として、Pちゃんが羨ましかった。


よくゆってることかもしれないんだけど、
MAKOは本当に、努力ができない人間で、
とゆうかね、努力する方法がわからないの。
「努力」って、どうすることなのかわからない。
人の努力なら、よくわかるのに。
自分でどうしていいか、わからないの。努力した記憶、ほとんどないのよ。
そんな、半端な人間なんです。

だからね、当たり前のように「努力」をする環境があって、
自分なりの「努力」に身を投じられる彼が、ちょっと羨ましかった。
それもつまるところ、彼の「努力」の結果なんだろうけど。


彼の抱えうる葛藤すら、贅沢なものに思えてしまって。
そんな全て、私個仁の勝手な独り相撲なんですけど。


自分の努力を見ててくれて、知っててくれる存在がいるって、
それってすごく、羨ましい。
それが必ずしも、称賛や応援だけではなかったとしても、
評価して受け止めてくれる存在がいるなんて。
「幸せだと思う」なんて価値観は押し付けないけど、
私個仁にとって、とても羨ましい。

辛いことは、どこにでもある。
キツいことだって、いっぱいある。
その過酷度を誰かと比べて他人を見下す権利なんか誰にもないと思うし、
人に何と言われようと、辛さを嘆く心は、同じでなくともみんな平等だと思う。
そしてそれは、「喜び」や「幸せ」に関してもまた然り。

そうゆう試練に耐えながら前に進むってことが
「努力する」「がんばる」ってことなら、
どんなにがんばったって、認めてくれる人が必ずいるとは限らないから。
とゆうかむしろ、「がんばり」を認めてくれる人がいる彼らは、
多少の葛藤はあれど、そこにやりがいを感じて然るべきだと思う。
それが彼らを、あの場所に留めておく理由でもあると思うし。

認められることが「努力」の目的でないことなんて、わかってるよ。
だけど、そうやって誰かに
「それでいいんだよ」「がんばったね」って言ってもらって、
改めて自分のベクトルがはっきりすることだってあると思うし、
曖昧だった居場所が、しっかりとした地面にだってなりうると思う。


彼らが何かを捨てるのは、捨てざるを得ないのは、
次に手にするべきものが、はっきりしているからじゃないかな。
欲しいものが、明確に見えているからじゃないのかな。


あの場所に行きたいだなんて考えたこともないのに、
そしてこれからも考えることなんてまずないのに、
そうやって羨ましい部分にだけ、勝手に嫉妬してしまって、
努力できない自分の習性をそんな風に正当化してしまう
そんな青臭い自分がちょっと本気で情けなくて、
びーびー泣いてしまいました。

別にPちゃん、何も悪くないのに(爆)
MAKOが極端にひねくれてるだけで;(←ほんとにな!!)


***

Pちゃん、残り30単位と。
Pちゃんの学校の学部で、後期だけで残り30は厳しいと思うけど、
むしろ、これまでで結構取ってたんだな!!って印象だったかも。

MAKOがゆうのもあれだけど、
Pちゃん、すぐにではなくとも、
卒業の夢は、きっと叶えられると思うよ。

***

MAKOは、仁くんとPちゃん、
似てるって思ったことは、ほとんどなくて。

MAKOだって、似ている奴とばかり親友なわけではないし。
てゆうか下手にMAKOに似てる人間ばっか寄り集まっても
厄介極まりないでしょう(爆)


けれども彼らは、深い実感や理解を伴う互いの許容をしているんだろうなって。
それは、ずーーっと前から思ってた。

考え方が似ているとゆうよりも、お互いの考えが、
信頼できるから理解できて、
理解できるから実感できて、
実感できるから影響されて、
結果的に自分自身の血となり肉となるのかなって。

だから、そうやって自分と別個の個仁として見てるから、
尊敬の念も湧くんだろうしね。

それからやっぱり、仁くんファンとして、あの情熱大陸、
「羨ましい」とも思ったよ。
厳密には、「羨ましい」ともちょっと違うのかもしれないけど。

ただ、俳優としてだけの彼とか、歌手としてだけの彼ではなくて、
そんなたくさんの顔を持つ1人の人間としての彼を、
ただただ描いてくれたら、
そんな第三者による、好意的な視線ってゆうのは、
彼自身のために、喜ばしいと思えるからね。

「誤解の多い」彼だけに。

それを「誤解」だと言ってくれていたのは、身内だけだったからさ。
その「誤解」に、より多くの人が気付くきっかけになるなら、
それってやっぱり嬉しいもん。
彼自身がそれを、積極的には望んでいなかったとしても、
それでもやっぱり、理解者の存在って、
心強いものだと思わない??

******

ファンでもないのに「応援してるよ」とかは嘘っぽい気がするので、
(そんなん私個仁の問題ですけど;)
けれど、今君に、君個仁に、嘘偽りなく言える言葉があるとしたら。

君のこと。君の努力。



「見ているよ。」 「知っているよ。」



| ラジオ・その他メディア | 02:11 | comments(4) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:11 | - | - | pookmark |
初めましてm(_ _)m
MAKOさん、若いのに考え方しっかりしてますよね。
自分をしっかり持ってぃるのに驚きの連続デス。
ブログの中で難しい言葉も沢山出てくるし…(必死に理解しよぅと頑張ってる自分が恥ずかしい)《笑》
色んなコメントの中で感じた事は…MAKOさんの事、何も知らなぃけれど自分の気付かない所で必死に努力してぃる方だと思いますよ。
その必死の努力でこれからも仁の情報、仁への想いを、ぁなたに負けない程仁を愛してぃる私に提供して下さい(^O^)
これからも楽しいブログ頑張って下さいね♪
PS…あなたのよぅな娘がぃたら楽しかっただろぅな〜(*^_^*)
| まみ | 2008/03/08 7:42 AM |
はじめまして!
毎日ブログを拝見させていただいてます☆
MAKOさんは、いろんなものを自分なりに考え、自分の中で消化し、思いを素直に言葉にできる方なんだなぁといつも尊敬しています。
私が感じた、言葉にすると壊れてしまいそうな仁くんに対する想いとかもMAKOさんの言葉ではっきりとした文字になる気がします(^^)
時々「こういう考え方いいな」と羨ましくなることもあります。

努力を見て知ってくれる存在がいる羨ましさ、実は私も感じたことがあるんです。
でも、つらい心が平等であるように、努力する心も平等だよなぁって思いました。どういう環境にいるから努力が簡単・難しいとかってなんか違うなと。
でも私が言うのは変ですけど、MAKOさんの努力を見てる人知ってる人、そして応援してくれてる人、思っているよりもたくさんいると思います♪
ブログに書く考え・想いは、気付いていない努力があってこそ生まれたモノだと思っています★
勝手に長々と偉そうにすみませんでした!!
いつまでもMAKOさんらしく頑張ってください♪
楽しいレポもまた読ませてくだぱい!!笑←真剣です^^
| | 2008/03/09 12:04 AM |
↑名前忘れてました・・・2度もごめんなさいm(__)m
| いむたん | 2008/03/09 11:37 AM |
MAKOちゃん、こんばんわ♪
最近MAKOちゃん不足なまりです(爆)
あっでも一方的にblogチェックという片思いはしてます(やめろっ)

MAKOちゃんの書く文章やっぱり好きです。
まりとは全然?違った山Pの捕らえ方をしてて、
同じシーンに対しても「あっこういう角度からの見方もあるんだぁ」と
あらためて気付かされます。

本当はもーっと語りたいんですけど、
MAKOちゃんのレポなみになったらAKYな人全開なので
やめときます♪爆
でもって志村動物園をリピしながら(ぇ)
今月のW誌について一晩考えたいので今夜はこのへんで。
おやすみなさぁい☆
| まり | 2008/03/09 11:01 PM |