CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT THIS BLOG
当ブログは、管理人の個人運営となっております。KAT−TUN・赤西仁さん、及び所属事務所とは、一切関係ございません。また、内容の無断転載もご遠慮下さい。
ブログはリンクフリーですが、もしお申し出いただける場合は、リンクのメールフォームよりお知らせいただけますと幸いです。
その他、管理人へのメールも、メールフォームよりどうぞ♪
それでは何にもないブログですが、お付き合い下さいませ。
VISITERS


ただ今のお客様:
SEARCH


OTHERS











SPECIAL
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

飛び込み前転 な キモチ

KAT−TUNがすき
赤西仁くんがすき
ほんとすき 大すき 寝ても醒めても。
それはもう
飛び込んで回ってしまいたいくらいに。
<< 想定外。 | main | 人様のゴールインの顛末を、見せ付けられたようだ。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
まずはこっち(汗)
なかなか、頭が平日モードに切り替わりません;
正月モードは正直、感じた記憶がございませんが、
でもなかなか、曜日感覚だとかが通常営業に戻りません。

てか、今後のKAT−TUNの予定が、追えてない;
次自分何買えばいいの?何録ればいいの??状態だよー
え、ほんと何買えばいんだろ;
ゆっちおせーてー><(本人に頼る、爆)

******

はい、元旦のKinKiコンについて、
まずはその“コンサート部分”についての感想を、上げとこう。うん。
(次のエントリ読めば、その意味がわかります)

***

KAT−TUNコンじゃないと、その内容の記憶度がまるで違いますので、
セットリストはおろか、歌った曲すらよくは覚えてないんですが;、
でも、そんな私にとっても、今回は選曲が豪華だったって印象です。

前回も前回で、10周年を意識したメモリアルなものではあったみたいだけど、
MAKO的には、今回の方がよりアニバーサリーな印象を受けました。
(席が良かったからかなぁ)


KinKiコンの醍醐味、生演奏に関しては、
やっぱり前回同様の感動があったな。
単純に、「いいなぁ」と思った。音楽の“温度”を感じました。
特に、即席のセッションや気の利いたBGMなど、
音楽で会話をしている感じが、みんなとても楽しそうだったし。
一応経験者として言わせてもらうけど、
そうゆうのって信頼してるメンバーとじゃないとできないんだよ。ほんと。

そんなバンドの方に恵まれたKinKiが、とても羨ましかったです。
(もちろんそれは彼ら2人の人間性が呼び寄せた輪なんだろうけど)


なんだけど、逆に今回は「ジャニーズならでは」なことで
すごく嬉しいこともあって。すごく懐かしかった。懐かしい感覚だった。
やっぱり、ジャニーズのコンサートは、こうでなくちゃ。
自担のコンサートだと気付きにくい感覚かもしれないけど。
(むしろちょっと心が狭くなってしまうこともあるのだけど)


そして。KinKiコンの真の醍醐味(といっても過言ではないだろう;)は、

「ほぼMC」

ってことでしょう;

歌やアーティスト部分のレベル・完成度が最高に高いから、
決してMCに食われてしまっている印象ではないんだけれども、
だけど逆にその分、そのギャップに戸惑うほどに、MCが濃ゆい(爆)

たっぷり丸々4時間の、コンサートでございました、、

(17時半開演って…ぜってーケツカッチンで開演時間決めたろ;)

ドームは21時半までしか音出しができないので、
4時間で終わらざるを得ない状況になってしまったんだけれども、
それでもまだ足りなそうだったもんね;
(ちなみに恒例らしいアカペラアンコールは、なかったの><)


ほんと、盛りだくさんだったKinKiコン、
地元来たらまた行きたい!(>私信、笑)

******

最初の3曲がまずやばかったよね!!
今回の「Ø」アルバムの1曲目、
lOve in the Ø」で幕開け。

この曲自体もそうなんだけど、
ダンスがもうとにかくちょーーーーーーうかっこよくて><
てかそれ見ながら隣で早くも踊りこなしてる姐さんに若干引きつつ;
(うそうそ!うそだよー>私信)

バックのJr.もプロフェッショナルばっかり付けてるから、
びしっと揃っててほんとにかっこよくてね、
なんか、泣きそうになってしまった…


で、その直後、「ボニバタ」と「涙、ひとひら」の井手コウジ黄金2連続!
MAKO的にもうこれは豪華過ぎて、特にやっぱボニバタでは泣いてしまった><
もちろんそれはあの…思い出し泣きってやつですけど;
少クラで、仁亀で歌ったんだよね。
あの頃はもうがっつりKinKiバックってわけでもなかったから、
バックダンスの印象ではないんだけれども、
サビは手だけ2人揃ったダンスしてて、そこはもうがっつり一緒に踊ってやった!!
(てゆうか手が勝手に動いてた;)
最後のポーズまでキメてしまった;(1人で。)


でも、ここですぐ魔のオープニングMCに突入してしまい、
事件は起きたのです;

これについては次のエントリでもう嫌とゆうほどしゃべり尽くしてるので
さくっと割愛しますけども、あんなにしゃべるんなら座っときゃよかった;


で、あとは何歌ったか、順番まではとてもとても覚えてないんですけど、
Øアル以外の曲でゆうなら、愛かた月光は嬉しかったかな。
あ、それと、「僕は思う」(激爆)←いやほんと嬉しかったって!

弾き語りで
ひとりじゃない」→「僕は思う
とかかなり豪華だよね。
あ、これら2曲は、彼らの初アルバムでのソロなんですけど。
(剛くん、光ちゃんの順ね)

Øアルに関しては、アルバムで聞いてた印象よりもずっとよかった!
当たり前のことかもしれないんだけど、
生で聞くともっともっといい曲に感じたよーー
今回のアルバムって割とBGM的なムーディーな曲が多いなって思ってたから、
いつも聞いてるうちにListenからHearになっちゃってたんだけど、
あれほどの熱唱とあれほどクオリティーの高いダンスとが合わさると
どれもこれも最高の楽曲に思えて、いちいち感動してました。

ちなみにMAKOがすきなのは
「the EDGE of the WORD」と
「snapshot」なんですけど、
特に「the EDGE〜」の方はやっぱ鳥肌立ったなー
剛くんの声量とか、やっぱもうほんとハンパないよ。

剛くんの声量と言えば。
彼の歌唱力が遺憾なく発揮されたのは
即席セッションコーナーだったんだけどね;
(これも次のエントリで;)
もったいないほどの凄まじい歌声だった…


それから、ノー・チューンドもすきだな。
とかって挙げてったらキリないんですけど;
since 1997とかunchanged.
元々の印象よりずっとすきになったし。


もちろん「銀色 暗号」も大すきよ♪
これも恒例の(?)光ちゃん作曲・剛くん作詞の合作で、
この「銀色 暗号」ってのが2人しか通じない言葉なんでしょ?(>私信)
そーゆうのがにっくいよねぇ。

愛かたとか恋涙みたいに女性詞なんだけども、(曲調は愛かた寄りだよね)
さすが剛くん、な繊細な乙女詞でございました。
何てゆうか、女性の持つ切ない感受性とか強がりとかがめいっぱい詰め込まれてて、
変な言い方かもしれないけど、世の中の男性の中に剛くん以上に
「唇噛む」ってフレーズが似合う人なんていないと思う。
直接的な歌詞じゃなくて、ちょっとした言葉の欠片(それこそ言の)で
絶妙な色気だとか表情を演出してて、
歌の中でこれほど演じられる人も珍しいよね。

次いで、亀ちゃん辺りかなぁ。
「離さないで、愛」とか、剛くんの世界観を上手く継いでたし、
今ならもっと似合うかもしれないよね。(うわ、見たくなってきた;)

決して弱くはないんだけど、女性の脆さとかたおやかさを
ものすごく絶妙に歌ってて、それがまた光ちゃんの音にすごく合うんだよーー

2人にしか歌えない歌って、いいな。
と、思いました。


で、確かこの辺りで頭上を通過された(爆)


あ、そうそう、10周年とゆうことで、過去映像が流されたんですけど、
あれ絶対竜ちゃんだったと思う!!
ちゃんと発見できたのは竜ちゃんだけだったけど、
絶対あれKAT−TUNみんな映ってたんじゃないかなぁ。

あ、あとね、今朝のWSでやってたけど、
中居くんがお年玉を届けるためだけに来てくれたことも話してたよー

KAT−TUNがKinKiのバックで育ったように、
KinKiはSMAPのバックで育ってきたんだよね。
で、中居くんって縦社会には義理堅い人だから、(それはほら、ね、笑)
必ず毎年わざわざお年玉を届けるためだけにドームに足を運んでくれるんだって。
(公演は見ていかないのね;その言い訳が「ごめん歯医者が…」って、爆)
その渡し方がまた中居くんらしいのよねーー

ビリビリの諭吉は、あえて取っておくらしいです(@光ちゃん)


***

さっきもちょっと書いたけど、今回のKinKiコン、
「ジャニーズならでは」が嬉しかった。
バックにMADが付いててさー。
(去年はMAとダンサーさんだけだったから。。)

MAからは米花くんと屋良くんだけで、
他にMADから、辰巳くん、松崎くん、越岡くん、福ちゃんが付いてたのー><
バックってゆうシチュエーションにここまでどちどちしたのは
いったいいつぶりだろうか;
てゆうか、席が超良くてものすごく近かったから、
お手振りとかいっぱいもらえたんだもん。
(辰巳くんに手めいっぱい振ったら指輪が飛んだし、爆)

特にそのメンバーって裸少をすっごい思い出して、
「今の彼ら」をこれほど近くで目の当たりにして、
なんかものすごく、そのがんばりを労ってあげたくなったんだよ。
めいっぱい踊る彼らに、すっごい胸を打たれました。
ちょっと違うかもしれないけど、何てゆうか、
“ノスタルジー”に近いものを感じました。

てか…みんな逞しくなったよねええぇぇ><
辰巳くんとか…ほんっとかっこよくなった。
福ちゃんももう立派に男の人だったし、
松崎くんのバンダナとかかっこよかったし、
コッシーの笑顔にも心を打たれたし、
MADはダンスも上手いしさーー…

やっぱり…人数は少なくてもいいから、(むしろ演出によっては少ない方がいいかも)
それでもジャニのバックはジャニを付けてほしいかも。
先輩を盛り上げるためにめいっぱい踊る後輩って、
ただそれだけですごく感動するもんよ。
あれはほんと、久々な感覚だった。

***

そんな感じで、音出しリミットぎりぎりまで
めいっぱい4時間のコンサートだったんですけど、
これは明日にでもDVDになってほしい!絶対買う!!


次のエントリもKinKiコン(しかもおんなじ公演)についてですー(爆)
なんかね、番外編でありながら、実はあっちが本編なんじゃないかって感じ;

| KAT−TUN以外のコンサート | 02:33 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:33 | - | - | pookmark |