CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT THIS BLOG
当ブログは、管理人の個人運営となっております。KAT−TUN・赤西仁さん、及び所属事務所とは、一切関係ございません。また、内容の無断転載もご遠慮下さい。
ブログはリンクフリーですが、もしお申し出いただける場合は、リンクのメールフォームよりお知らせいただけますと幸いです。
その他、管理人へのメールも、メールフォームよりどうぞ♪
それでは何にもないブログですが、お付き合い下さいませ。
VISITERS


ただ今のお客様:
SEARCH


OTHERS











SPECIAL
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

飛び込み前転 な キモチ

KAT−TUNがすき
赤西仁くんがすき
ほんとすき 大すき 寝ても醒めても。
それはもう
飛び込んで回ってしまいたいくらいに。
<< もう立派にミッションだと思う。(お知らせ追記) | main | たまたま起きてたら。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
それならいち早く!(ちょっと追記アリ)
撮影に入って下パィ!

とゆうことで!


亀梨和也くん、
1月クール日テレ系連ドラ

「1ポンドの福音」
土曜夜9:00〜

主演決定!!!!


(報知より)


根性なしボクサーのラブコメディだってーー♪♪
亀ちゃんのコメディかぁ…
他のメンバーいないのに、ソロで大丈夫??(←余計なお世話)
とかも思ったけども、やっぱり新しい顔が見れるのは、楽しみです^^


なんか一報を知ってまず思ったのは、
…これほんとだったんだ…(汗)

3月のドリボズのこととかコンサートのこととか考えると、
1月クールの連ドラはキツいなぁと思ってて。
でも逆にボクシングドラマなら、その流れでドリボズってのも
いい感じの話題づくりってか、いい流れなのかもしれないね。
そりゃ舞台には舞台用の稽古だとかもあるんだろうし、
どっちもただボクシングができりゃいいってもんでもないんだろうけど。

うん、でもこないだカツカツで亀ちゃんが言ってたように、
「いい感じ」に準備してるんだ。
ベスト体重55キロ。
今亀ちゃん、そんなにあるんだねぇ…(うふふふ)

こないだのドリボズが終わって、しばらくはカツカツでしか逢えなくても、
ちゃんと亀ちゃんは自分の大事なミッションのために(笑)、
その間も着実に動いていたんだね。いるんだね。
万全の体制で臨めるように。

まだ…共演者の発表だとかがされてないからあれだけど、
仁くんの主演発表より1月近く早い第一報。
だからもう、とにかくいち早く撮影に入ってほしい。

ドリボズやコンサートが…ってゆうよりは、
亀ちゃん本人が、少しくらいふわふわしたままでも
きちんといいものが作れるように。どれもこれも。

ソロのお仕事が詰まると、突然キリッとして大人モードになる亀ちゃん、
すごおぉくかっこいいと思うけど、
「俺今忙しい」「俺亀梨!」「ない時間の中でいいものを」って言いながら、
でもその一方で、
「ちゃんと振り返る時間、立ち止まる時間もあるから今楽しい」って、
いい感じのバランスが保たれるといいな。

亀ちゃんのこと大すきな人はたっくさんいるから、(もちろん私も)
そんな人たちがめいっぱい幸せを感じるには、
彼自身にも多少なりともがんばってもらわなきゃいけないんだけど、
「忙しそうだね…」よりも「充実してそうだね」って言いたい。
彼には、おいしいとこばっかり口いっぱいに頬張ってくちゃって笑ってほしい。

今仁くんにはね、そんな風に感じてるから。
忙しいことで心配するのは、睡眠とか休養の部分だけで、
でも充実してそうだから、安心して見守ろうって。

KAT−TUNとしての活動、
もちろんコンサートとかはやっぱ気になるけど、
彼らがいつも言ってるように、
ソロでの充実=KAT−TUNの発展だもん。
亀ちゃんが笑顔で「がんばるよ」ってゆってくれるなら、
全部ちゃんと期待していい子で待ってます^^

「がんばって」

他人にこれをゆうのは個仁的に少し躊躇われるんだけど、
亀ちゃんや、今の仁くんになら、
安心して投げかけられる言葉だな。
今、思った。

でもじゃあだから、
早いうちに撮影入っちゃえばいいじゃーーん。
(←結局自分本位;)


てかてか、主題歌!!
2クール続けてのドラマ主題歌、
主演ならありえない話じゃないじゃないかぁ!
ラブコメディなら、可愛らしい曲調もアリなんじゃなくて??
そろそろそんなのもシングル化しても、いいんじゃなくて??

いいよいいよ、そうゆう忙しさならもういくらでも乗り切ってやるよ。
1月は、テストシーズンだけれども(激爆)。

(ちょっと追記)
えっ役名って、

畑中耕作」なの!?

なんでか読み飛ばしてたよーー;

なんか最近KAT−TUN、
役名がぶっ飛んでるね(笑)

太郎…魅録…グランマニエ(美童が名前だけど)ときて…

耕作入りましたーーー(爆)

耕作くん?耕ちゃん??
とにかく、亀ちゃんが演じるんならたちまち愛くるしい名前に思えてきたよ(爆)

***

相方様(@亀ちゃん)から、昨日のHEYのお口添えをいただきました(爆)

そうそうそう、アンコールの前に亀ちゃんがね、
「何歌うかな…」みたいな雰囲気になったときに、
「ねえ。ねえ!ちょっとさぁ…」とか言って
わざわざ場を黙らせてから

「KAT−TUNの6枚目のシングル歌っちゃう?」

…………


歌えるもんなら大歓迎ですけど?

(←MAKOだけ本気でこう言った)


お客さん含め、メンバーみんなで
「まだ出てない出てない」みたいなツッコミに
亀梨さん満面の笑顔でお喜びでしたけど。
(100%想定内のツッコミだろうに…なんて愛しい子なんだ…)

で、その後おもむろに仁くんのとこにつかつかつか…と。
で、しばしのラブラブターーイムだった、と。


そうそれからね、例の台詞の部分なんですけど、、
「うわ><」とは思ったんだけど、
MAKOもMAKOで、ある事情により(これはONAIR後、笑)
堪能し切れなかったんじゃないかと思うから、
そんなMAKOが変な表現とかしちゃっても困るから、
ONAIRでじっくり。ご確認下さいませませ。

……(それでも思い出し悶絶)

*

MAKO昨日改めて思ったけど、
いつも言ってると思うけどね、こうやって歌収録の番協行くときって、
本当にただただ「逢いたい」キモチだけ抱えて行く気がする。

期待があるとすれば、本当に「逢える」ことだけ。
サービスとか、近くで、とか、
ほとんどリアルには求めてないなぁ。
「…だったらラッキーだなぁ」くらいなもんで。
だから、自分よりもおいしい思いをした人への妬みとかもまるで感じないし、
その瞬間の「いいなぁ」くらいで、引き摺ったりもしないしね。

昨日、位置が近くて仲良くなった方(じゅんの・亀ちゃんファン)に、
「仁担にはおいしくなかったんじゃないですか?」とか言われて、
「そうゆう期待をして来てるわけじゃないんで」って返したんだけど、
ほんとにそう。おいしくなかったなんて、とーーんでもない。

仁くんはこうゆう場で、直接お客さんに対して手を振ったり笑顔を振りまいたり
明からさまなファンサはしないんだけど、
でもMAKO別にそうゆうの求めてないなぁ。
ただ、今日は元気かなって。調子いいかなって。それだけ。
後ろ向きに諦めてるつもりでも、まるでないんだよ。

笑顔とかの表情、歌声、ダンスとか、調子はそれでわかるんだけど、
彼がお客さんをいい意味で意識してるかどうかってゆうのは、
何より彼がマイクを通してボケるかどうか

アンコール中とか、雑談中とか、昨日みたいに退場していくときとか、
ちょっとでもしゃべろう、楽しませようとしてくれてるのすごいわかるんだもん。
ファンを想う彼のキモチ、ちゃんと伝わってくるんだもん。
他のメンバーを使ってサービスしてくれるの(笑)
(巻き込んで犠牲にして、ともゆう、爆)

別にこっちに向かって笑ってくれなくたって、手振ってくれなくたって、
ちゃーんと仁くんのあったかい気持ち、感じられたから。
赤西仁くんのファン個仁的にも、とても嬉しい番協でしたよ^^
そのボケがたとえ、全く面白くなくとも(どーん)
(←そうゆう期待も、しておりません´u`)

だからもし万一「仁くんのお手振りもらえた!」とか「触れた!」とか、
そっちがむしろ奇跡的な状況って感じ。
それよりもそれよりも、100%元気な仁くんのが、
MAKOにとって何よりのご褒美な気がするのもほんとだけどね。

*

今日、ウキウキな筋肉痛がやってきて、
自分でもたまに疑う年齢査証疑惑、これで胸張って払拭できた(爆)
ただね、痛みがハンパない;


それから…
買い被り過ぎですKままさん、、
ギャップ…あるとするならこっちが本性ですから(滝汗)


******

>mayaさんへ
私の文章そのものが不快にさせてしまったなら申し訳ないけれど、
亀梨くんと赤西くん2人の絆は、
KAT−TUNファンにとって大きな楽しみ方のひとつだと思っています。
ですが私個人、その考えを押し付けるつもりもありません。
この2人でなくとも、メンバー同士の仲睦まじい光景は、
それが濃密であればあるほど、ドキドキさせてくれるものです。
とっても幸せな気持ちをもたらしてくれるものです。私にとって。
それは、彼ら1人1人に、私が確かな愛情を感じているからだと思います。
陰湿な悪意で綴っているんでは決してないですし、
彼らへの敬意は、その胸の根本にいつも持っているつもりです。

ですがmayaさんのお考えも、立派な愛情の形だと思いますよ。
反対の考え方であっても、
どちらが正しくてどちらが間違っているものでもないと思います。

あなたのお考えを自分のものとして受け入れることはできませんが、
受け止めることはできます。
ひとつの考え方として、胸に留めておきます。
ですが、私は私のやり方で、彼らを応援していきたい。

これが、私の考えです。

*
個人的なことでお目汚し失礼致しました。。

| 亀梨 和也 | 19:16 | comments(1) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:16 | - | - | pookmark |
MAKOさん、こんにちは。

いつも楽しく拝見しております。
昨日の番協レポや感想、KAT-TUNへの愛情が溢れてて、
面白い文章に大笑いしながらも、感動しておりました。
MAKOさんみたいなファンがいてくれて、
KAT-TUNは幸せだと思います、私。

相方様からのお口添えにあった、
「KAT-TUNの6枚目のシングル歌っちゃう?」
という亀梨さんの発言、
ツッコミを期待したボケだとは思うのですが、
まさか、まさか、もしかして、
亀梨さん主演の1月期ドラマの主題歌、
もう決まっている???!!!
You&J発足の時と同じ、亀さまポロリ発言???!!!
と、一瞬、心がピョンって跳ねました。
主演ですし、MAKOさんも仰ってらしたように、
2クール連続の主題歌も有りですよね〜。
| まりあ | 2007/11/06 4:47 AM |