CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT THIS BLOG
当ブログは、管理人の個人運営となっております。KAT−TUN・赤西仁さん、及び所属事務所とは、一切関係ございません。また、内容の無断転載もご遠慮下さい。
ブログはリンクフリーですが、もしお申し出いただける場合は、リンクのメールフォームよりお知らせいただけますと幸いです。
その他、管理人へのメールも、メールフォームよりどうぞ♪
それでは何にもないブログですが、お付き合い下さいませ。
VISITERS


ただ今のお客様:
SEARCH


OTHERS











SPECIAL
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

飛び込み前転 な キモチ

KAT−TUNがすき
赤西仁くんがすき
ほんとすき 大すき 寝ても醒めても。
それはもう
飛び込んで回ってしまいたいくらいに。
<< 有言、不実行。 | main | 仁きゅうううん>< >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
おいしいけど、絶対避けたいことNO.1。
この、d誌さんの、仁くんの扱い(爆)。

非常に嬉しいけれど、非常に「あちゃー;」(爆)。

ちなみにMAKOは、吹き出した。(←ええっ;)

でもこの配慮がさ、嬉しいじゃない。
この笑顔がさ、アイドル誌の表紙にふさわしいじゃない。
そうそう、こうやっていち早く、ロクーンを実感させてほしかったんじゃない。


たとえ、
卒業アルバムの欠席者
みたいな扱いだったとしても(激爆)


あああ。。
こうやって、雑誌に載ってる仁くんにもまた
ツッコミを入れられる日が、確かに来たのね…(泣)


今回の雑誌はまだ、KAT−TUNのページには仁くんは不参加だけど、
(KAT−TUNページの中身も結構どれもすきだったな〜^^
 てか最近KAT−TUNビジュアルマジいい!!)
会見の記事は早速載っていて、
ドル誌はファミリー目線で書いてくれるから、
特に気に病むこともなく読めるね。

てゆうか、、Myojoさんが楽しみやねんけど。。
行くときに、色んなメディアが散々
「不透明」「不可解」と責め立てる中、唯一、
「奴に、矛盾はない」と。

Myojoは、赤西仁とゆう人間そのものを、大事にしてくれてるから。

てゆうか、アマンが??(笑)

すっげーテンション高く祭ってたりしてね;
ま、いんじゃね??
アマンもきっと、寂しかったろうし。。
カレンダー、6人とも撮ってあげたかったよねぇ。

***

MAKO、半分は無意識だけど、
この半年間も、ドル誌の購入だけはやめなかったなぁ。。
元々昔から、迷わずに全誌買う人だったし、
テレビ誌、ファッション誌、その他問わず、
他のメンバーのソロもチェックしてほとんど買ってたし、
別にその点は、
「仁くんがいないこと」
を意識して自粛してた記憶はないんだ。

いつものようにKAT−TUNの載ってる雑誌をチェックして、
気に入れば購入して。
ただいつもと違うのは、ほぼ100%近くの可能性で、
そのどれにもAの姿が期待できないってことくらいで。
悲観も…特にはしてなかったと思うなぁ。


でも実はね。少しだけ。
考え始めてたかも。


今思うとね、この半年間。
雑誌の買い方すら変わらなかったことの根底には。
やっぱりどうしても、
「KAT−TUN」に対する認識を変えられない自分がいたんだ。

5人のKAT−TUNが辛くなかったかって言えば嘘になるけど、
でも、5人のKAT−TUNってゆう事実がただそれだけで
私を苦しめてたかって言えば、それも全然違って。

「5人でもがんばってるんだから」とか
「5人でも応援してあげなきゃ」とか
妙な思い込み(ってか思い上がり?)でもないんだよ。

ただ、KAT−TUNがいくら5人でいても、
私の中のKAT−TUNはいつだって6人で。

だからね、「KAT−TUNの載ってる雑誌」。
私にとって、「KAT−TUNの誰が」載ってるかって。
あんまり大きなことじゃなかったの。…かな。

KAT−TUNが載ってる。
それだけでMAKOにとっては、“欲しいもの”だった。


でも。本当に、ごく最近。
ふと、思った。

「これからも、買い続けるのかな。私。」

それはたぶん、これからのファンとしての自分の在り方を
見直そうとしてたんだと思います。

「私は、KAT−TUNファン。」
「私は、赤西仁ファン。」

……どうしよっかなぁ。

て、感じ…??

ちょっとね、ちょっとだけ、戸惑った。

そのときは別に何となく思い至っただけで、うんうん考え込まなかったし、
たぶん答えが出るまでは結局何も変わらなかったんだろうけど、
それを深刻に考え始める前に答えが出て、ほんとよかった。

だって、今更どう転んだって、
KAT−TUNに対して無関心にはなれないし。
すきですきでどうしようもないし。

でも本当に5人になっちゃったら、
自分の中でKAT−TUNってどうなるのか、わかんなかったし。

どうやってそうゆうちゅうぶらりんな気持ちに折り合い付けるのかなって。
想像してみてゾッとした。


あーーー
無用な悩みに終わってよかった。
だって、みんなのこと、応援してたいもん。
見守り続けてたいもん。
6人のKAT−TUNを愛し続けたいのと同時に、
そんなKAT−TUNの、1人1人を、愛し続けたいもん。
つか、愛してるもん。


あーーーーよかった。
どっちも叶って。


***

明日も1日学校でその後バイトだなぁ。。
ひたすら、鬼のように、レポ書きたいんだけど、
でもコンサート期間って休日にシフト入れないから
逆に詰め込んじゃったんだよね。
あああ、、悪循環。。

| レギュラー雑誌 | 02:30 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:30 | - | - | pookmark |