CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT THIS BLOG
当ブログは、管理人の個人運営となっております。KAT−TUN・赤西仁さん、及び所属事務所とは、一切関係ございません。また、内容の無断転載もご遠慮下さい。
ブログはリンクフリーですが、もしお申し出いただける場合は、リンクのメールフォームよりお知らせいただけますと幸いです。
その他、管理人へのメールも、メールフォームよりどうぞ♪
それでは何にもないブログですが、お付き合い下さいませ。
VISITERS


ただ今のお客様:
SEARCH


OTHERS











SPECIAL
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

飛び込み前転 な キモチ

KAT−TUNがすき
赤西仁くんがすき
ほんとすき 大すき 寝ても醒めても。
それはもう
飛び込んで回ってしまいたいくらいに。
<< 地味に。 | main | 取り急ぎ! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
自分のために。
どうもです。
なんかさぁ、最近非常識な客が多いと思うの。(←突然!)

ここ1週間くらいで、本気で3回くらい客にキレた。
あ、違うよ。
MAKOの場合客に対してキレたら、
逆に100%非の打ち所のない接客をかましてやるの。
超笑顔で満点接客。

「お前らに売られた安っぽいケンカなんか買ってやんねえぜ」
って感じで、ま、結局買ってるんですけど;

このくらいのことでストメス溜めちゃうのが逆に馬鹿馬鹿しいから、
特に落ち込んだりもしないしね。

けど最近ほんと、目立つと思うなぁ。
「最近の若者」とか一括りにするのは好きじゃないんだけど、
でもやっぱ、育ってきた環境を疑うような人も多いし、
たぶんこれは経験の少なさとか未熟さがそうさせるんだろうな
って思うと、やっぱり若い人にそうゆう人が多いのも事実で。

誰か、叱ってやってよ(爆)。
私にはせいぜい、馬鹿にしてやることくらいしかできない(最悪だ。)
「ごめんなさい」も「ありがとう」も知らないままじゃ、
絶対ろくな大人になれないって;←余計なお世話だ。


******

雑誌、買ってあります。
中身も読みました。

聖出演の昨日の番組は、リアルタイムではないけれど
ほとんど見ました。

ちなみに、我が家ではずいぶん昔から
「チューボーですよ!」はおなじみの番組なんですが、
昨日深夜にバイトから帰ると、わざわざ母親が起きていて、
「あんた、今日のチューボー田中くん出てたわよ」と。
「知ってるよ。録ってったし。」
と答えると、「なーんだ」って感じでしたが、
聖くん、なぜか昔からうちの母親に好印象(笑)
今までは「いい顔立ちしてる」と、容姿に関してのみだったんですが、
昨日のチューボーを見て、「頭の回転がよさそうな子ね」とな。

「わかる?」とか「そうなのよ」とか
色々な応答が頭の中を駆け巡って、
何て返すのが最も的確だろうかと逡巡したんですが、
結局。

「もう何もかもすっごいかっこいいでしょ?」

ただのアホみたいな返答になっちゃったじゃん(爆)
ま、事実ですけど、何か?(爆)

あとは竜ちゃんだなー。
たぶん竜ちゃんをしっかり認識させれば、
完全にKAT−TUN完全制覇な気がする。ママン。


ブランチ、チャンネル★ロックも見ましたが、
偉人の何とかってやつは、なぜか録画が…できてなかったの><
すっごいショックだった…↓↓うおお…><


その後、リリースも近いからとゆうことで
CDTVも録ってったんだけど、
リリース商品についてはなかったんだけど、
TBS新ドラマ主題歌特集とゆうことで、

特急田中3号主題歌
「喜びの歌/KAT−TUN」


きちんと発表されてました。
や、別にオフレコなことじゃなかったとは思うんですが、
1番正式な形でのお知らせな気がする。

これはシングルとして発売するのかなぁ。
時期的にはちょうどいいかとも思うんですが、
レコーディングの時期を考えると5人なわけでしょ。
やはり今後の展開は、彼の動向如何による気がするし…


来週くらいにはアルバム紹介でもするかなぁ。

DVDはMAKO通販だから、たぶんフラゲできないんだよね><
もしかしたら発売日も危ういのかなぁ。
今はそれだけが支えだってのに。。


あ、ライブDVDのCMですが。
1番近いとこでいくと、「嵐の宿題くん」とか張っとくと、
確実に捕獲できると思います。
J−Oneって一応Jストの傘下だし。
ま、カートゥンKAT−TUN張っとけば確実だけどね。


******

雑誌は一応、
オリスタ・6年生・3誌を買ってきまして、
ざっとですがほとんど読みました。

あと買ってはいないけど、
日経エンタに聖が写真・インタビュー付きで載ってます♪
色々な視点から分析されてたりするから面白いよ^^

**

オリスタは来週も載るみたいですし、
再来週(20日発売号)はKAT−TUNが表紙だそうですよ。
来週の予告写真、去年のドームコンのだったなぁ。。
仁くんもいるなぁ。

**

6年生は、やっぱりおかしいくらい、おいしいショットが;
異常に高い(ように思えてならない)小学○年生ですが、
ページ数とかを考えても、買って損はないんじゃないかな。

**

Wink upのゆっちの伝言板は、
色々と感じた方も多いみたいで。

ゆっち、こないだの女性自身でも、
ごく普通に仁くんの名前出してくれてたでしょ。


なんでゆっちって、こんなあったかいんだろうね。
それがなんかもう、いじらしいってゆうか。
たまらないよ。

仁くん自身がどうこうってゆうか。
ゆっちの中で、メンバーの中で、
ずっとおんなじ場所にいる仁くんを感じられて。

直接は見えないけれど、ここに感じるのは、
確実に“今”の仁くんだから。
1番新しい仁くんに、ここで確実に再会できた。
それはほんの、ほんのごく僅かな欠片ではあるけれども。

雑誌に載るのは活字ではあるけど、
ゆっちの口から「赤西」ってどんな風に発音されたのか、
きっと前と何にも変わらないんだろうな、
ってゆうのも容易に想像できるし。

ファンの中の「赤西仁」も、確実に更新できたよね。
少しではあっても。

それをきっとゆっちは、無意識にでもファンを思いやって
そうしてくれたんだと思う。
こうやって、「今の俺にとっての赤西」をさらけ出してくれて、
限りなく間接的にではあっても、
自分を通して「新しい赤西仁」を、もたらしてくれたんだと思う。

そうゆう人だもん。ゆっちって。
ゆっちは別に感謝されたくて口にしたんじゃないだろうけど、
やっぱり「ありがとう」って言わずにはいられないよ。

*

今回のライブについて話すメンバーは、
とってもキラキラしている印象で。
ずっと待ってたってことが、痛いくらい伝わってきたね。

でもいつも、ライブの大枠は仁くんだったから、
多少いつもと勝手は違ったのかな。
でもKAT−TUNってどんなときも
言いたいことがあるならそれは絶対言いそうだから、
これまでと全然違うってもんでもなかったと思うけど。


言い方は悪いかもしれないけど、
「お前がいなくても俺たちにはこんなことができる」って。
胸を張れる出来栄えだと思うよ。今回のライブ。

それを仁くんは、そこに参加できなかったことを、
「すげー悔しい」って思えばいいよ。
それで、「次こそは」って。思ってくれれば、いいよ。

「お前がいなかったからこれができなかった」
「お前のためにあえてこれをやらなかった」

そんなベタベタした甘い関係のグループじゃやなの。
そんな女々しくて弱っちいグループじゃやなの。
KAT−TUNは。

いつもは、自分だけの前を向いて、
そこに向かってまっしぐらで、
積極的に誰かを頼ろうとなんて思ってなくて、
むしろ誰より早く俺が辿り着いてやろうってくらい野心家で、
でもふと振り返ったときに全然違う方向向いてるメンバーがいて、
それだけで「自分はもっと行ける」ってゆう勇気と闘志が湧いてくるような。
だから、いつまでも強く輝いていられるような。

そんなグループでいてほしい。

KAT−TUNがすきだから自分を磨いて、
メンバー1人1人がすきだから、他のメンバーのために
結局自分自身を高めようと努力する、
そんな強いグループでいてほしいと思う。

でもふと振り返ったときに1人足りなくて、
それが何となく、だけど確実に寂しい、物足りないって。
そのくらいがいい。


いつ頃からかは忘れたけど。
今、KAT−TUNってゆう存在自体が強くなったって感じるんだよね。
個仁がどうってゆうよりも、KAT−TUNが。


曲決めのときとか。
自己中なのに民主主義なとこが、ほんとKAT−TUNらしいよね^^;
こうゆうの聞くとやっぱり、メンバー1人1人の中に
自分とはまた別の「KAT−TUN」ってゆう個体があるんだなと思う。
構成メンバーは6人だけど、KAT−TUN自体は1つだから、
KAT−TUNが頑なに貫きたいKAT−TUNは、
民主主義で決めなくっちゃね(笑)


自分と。KAT−TUNと。
どっちも愛すべき、自分自身。

自分のためにがんばることが、
まっすぐグループのためになっていて。
そんな、強いグループになったなぁ。。


こんなときだからこそ、余計にそう感じるんだと思う。
とゆうか、気付くことができたんだと思う。


仁くん、今、自分のために、頑張ってますか。

君はたぶん、積極的に「KAT−TUNのために」とか
言わないし言えない人だと思う。
「結果を見てくれればわかるから」な人だと思う。

だから。100%「自分のため」でいいから。
でも、自分のために「頑張る」ことだけは。
絶対に、約束して下さい。

とにかく自分だけのためだけれど、本気で頑張れたって。
誰かのために何かできたのか、できるのかはわからないけれど、
それでも俺は俺のために頑張ったんだって。

そう胸が張れたときに、どうか、戻ってきて下さい。

君がそう胸を張って、KAT−TUNのAにもう1度納まったとき。
KAT−TUNはまたひとつ、大きくなる。


今、自分のためにがんばって、
KAT−TUNを大きくしようとしているメンバーが、
ものすごく感じられます。
それは、仁くんからもMAKOは感じるのだけど、
思い過ごしじゃないといいな。


******

MCレポ、ほとんどできました^^
今日明日中にはUPしておきますね。
UPしたらこっちにも書いときます♪


以下コメントレスです。
和さん、ありがとうございました!!  ↓↓


******
>和さん
はじめまして、ようこそいらっしゃいませ^^

レポ、お役に立てたようで光栄です♪
ただ個仁のレポというのはやはり、
その個仁の主観による印象が生み出すものですから。
同じものでも、色々な見方が存在するんだと思います。
どうか、惑わされて不要に傷付かないで下さいね><
それは、MAKOのレポでも同じことです
これはあくまで、MAKO個仁の印象ですから。

でも、そんな私自身の印象が、和さんに少なからず
元気をあげられたことは、とっても嬉しいです^^

仁くんパート、今後訂正があったらまたここで書きますね


また遊びにいらして下パィ^^

| レギュラー雑誌 | 03:18 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 03:18 | - | - | pookmark |