CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT THIS BLOG
当ブログは、管理人の個人運営となっております。KAT−TUN・赤西仁さん、及び所属事務所とは、一切関係ございません。また、内容の無断転載もご遠慮下さい。
ブログはリンクフリーですが、もしお申し出いただける場合は、リンクのメールフォームよりお知らせいただけますと幸いです。
その他、管理人へのメールも、メールフォームよりどうぞ♪
それでは何にもないブログですが、お付き合い下さいませ。
VISITERS


ただ今のお客様:
SEARCH


OTHERS











SPECIAL
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

飛び込み前転 な キモチ

KAT−TUNがすき
赤西仁くんがすき
ほんとすき 大すき 寝ても醒めても。
それはもう
飛び込んで回ってしまいたいくらいに。
<< 24時間テレビ リアルタイムレポ その4 | main | まだまだ語れる >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
24時間テレビ リアルタイムレポ ラスト
いよいよラストです。
いや〜だいぶ重いね。読み返してみたけど。
でも、臨場感満載です。
いや、今更ゆってみたけど。
ぶっちゃけその4までも臨場感は、それだけは、満載だったかと。ね。

とりあえず、番組中にゴールできて、よかった。
アンガールズ!Thank you&お疲れさん!!!

27日 夜編 (ラスト)

16:17
笑顔がだんだん晴れ晴れとして来てるね
ゆっちのFAX紹介。
視線と心は、完全にチャレンジャーたちと共にあるね。

16:22
華花ちゃん。
痛々しい画、雅代ちゃんの言葉に顔を歪めるみんな、胸が痛い。。
辛いわけじゃないんだけど。。

16:40
来たね。亀ちゃんの発表。

16:44
全ペア入賞!?
すごーーーーーーい!!!!!!!

16:47
先程の寛永通宝、実は永楽通宝だったみたいです!(←ちょっとどーでもいい;)

17:07
ゴスペラーズ。
歌で。そのときのことを思い起こすなんて。なんて素敵。
心の、1番深い部分に、響くってことだね。真実の歌声は。

17:30前後〜
しばし笑点ですね。

(ごはんに呼ばれました〜)
18:30前後
ベッキーの動物救急。
相葉ちゃんの登場で、嵐の年を思い出しました。
私の中では今のとこ、Mr.24時間テレビは相葉ちゃんだからね。
動物好きのKAT−TUNメンバーには、特に応えるVTRだっただろうね。

18:54
広末涼子のロケ。
なんでだろうね。まだまだこの世界は、理不尽なことが…絶えないね…
当時の悲惨な報道はもちろんのこと、
女性教師の方、向かいのアパートのお母さん。
それぞれに密着したドキュメントを見たことがあります。
何度も何度も、この事件については、まず単に起きた事実そのものから学びました。
でも、何度見ても、心が握り潰される。
KAT−TUNはもしかしたら、
きちんとこの事件を学んだのは、初めてかもしれないね。
今正に心を痛めている彼らがリアル過ぎて、痛々しくて、
なんだか二重に心を潰されたみたいだ。
今、生きてる私。生きてる命。大切にしないと。

19:19
あのコーナーの次がくりぃむとマチャミのロケでよかったね。。
みんな、穏やかな表情。
でも。きっと、今まで以上に、平和であるということを、噛み締めてると思う。
ふざけてお母さんに叩かれて、「でも俺ごはん残さずちゃんと食べてるよ(笑)!」って。
平和で穏やかな証拠じゃない^^
お父ちゃん、お母ちゃんに「日頃感謝してる」って。
ささやかだけど、最高の幸せじゃない。
2度目の映像だね^^あったかいから、何度見ても、幸せだ^^
出た!「何もしてあげたないね」(爆)聖爆笑^^!!!!!
きっと、「こんな親父になりてぇ」って、思ったんだろうね^^

19:30
トライアスロン。
何度も何度も馬場アナを呼ぶ聖。はやる気持ちを、もう抑えられないんだね。
馬場アナといえば、グラチャン^^
あの頃は、こんな絆が結ばれるだなんて、思いも寄らなかったよ。

19:35
モザイクアート、完成。
みんなで握った、この1本の紐が、確かな、絆。
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
すごい!!!!!みんなが今、一つになったよ!!!!!!!
さあ、アンガールズに届け!!!!頑張れ!!!!!!

19:39
ヒガシのコールで、王監督。
うちお母さん、王監督のものすごいファンなんだ。
だから、家中にサイン色紙があるの。
ファンってゆうか、好きなの^^人として。
だから、私にとっても、王監督って、特別な人。
完全復帰が待たれます。

19:47
加山雄三と谷村新司到着。
本当に、もうラストスパートです。

19:51
トライアスロン。
気力。分けてあげたい。届け。届け><
仁くん><まだまだ元気!!!
KAT−TUN含め男性出演者皆さん、ヒゲが目立って来た。
それだけ長い時間、気を張ってるんだね。
でもそれも、あとちょっと><

19:57
トライアスロン。
もうすぐゴールだ!!!!!!!
雨のしぶきが><
やったーーーーー!!!!!!!!!
じゅんのの声が、激しく響いてる><

20:01
いよいよ?KAT−TUN?来た?

20:04
来た!!

………………………………………………
ずるいよ…これは…最後がしかもcareって…

仁くん…これを書いてたから、休憩が1人長かったのか。
仁くんのことだから、絶対本番中に書いてるはず。あえてね。
実感したことじゃないと、ことばにできないんだもんね。

わざと冷静に読んでさ。
かすれた声の感じとか、咳払い。何かこみ上げてくるものがある証拠。
それを必死に隠して。
自分の、不器用な書き方、表現のしかた、きっともどかしく思ってると思う。
でも、確実に仁くんの言葉で。飾らないで。
それがきっと、彼にとっての1番のテーマなんじゃないかな。
そんな仁くんのことばを。
1つ1つ、「うん、うん」って。みんな。「わかってるよ」って。
「意外だ」って言いながら、でもどこか「大丈夫、わかってる」って。

そして。亀ちゃんから仁くんへ。
こんなにも赤裸々に、一生懸命話してくれて…
もうだめだよ。涙で目の前が霞んじゃうよ…
聞きながら、仁くんは何を思ってるのかな。
徳さん、いいことゆうじゃん。そう。そうなの。
「こいつ」って。最大の愛を込めて「こいつ」って。
そんな2人の関係。あたしは一体何度救われて来ただろうか。
好き過ぎて、嬉し過ぎて、壊れそう><

仁くん、「泣かない」って決めたもんね。
特別な目的とかじゃなくて、「そう決めたから」ね。
傍から見たら別にそんな必要なんかないのに、「みんなに宣言しちゃったし」って、
必死でこらえてるあなたが、もう最高に愛しい。恋しい。
すきです。ほんとに。すきだよ。
目に溜めたその気持ちは、5年分の絆だね。
KAT−TUN。みんなすき。だいすき。届いてほしいよ。この声が。

それとなく組んだ円陣が。もう………
すき。もうほんとすき。KAT−TUN大すき。最高。
少し息が上がって、上擦っちゃってる歌声の仁くんが、もうほんと愛しい。
抱き合うじゅんのと聖。素敵過ぎる。

歌い終わった後。
こんな笑顔が…今正に、武道館で><
もうどうしよう。果てしなく愛おしいんですけど。
絶対じゅんのの涙とかにまたツッコんでるんだろうな。
そりゃあもう、愛情たっぷりに^^

20:30
この辺からは、もうアンガールズのゴールに向けてだね。

応援と歌と、みんなもうほんと、我を忘れてる。
でもそれでいて。
自信があるとこだけ、しかも大熱唱ってのが、超KAT−TUN(笑)
そう考えると、約26時間、意外な顔は本当に初対面だった反面、
最初から最後までKAT−TUNはKAT−TUN、
良い意味で変わらなかったんだね^^

20:39
やだ〜〜〜〜ゴールテープ持ってる仁亀が、ひどくかわいいんですけど!!
おっ田中?1人先に行くのか??行っちゃうのか???
と思ったらなし崩しで行ったーーーーーー!!!!!
とゆうことで、100kmマラソンゴーーーーーーーーール!!!!!!!
すごいな…ほんとに行っちゃったよ。しちゃったよ。ゴール。
しかもサライの前に…
てかどんだけ「小木さん」押しだよ(爆)!!
後ろのKAT−TUNが超かわいく笑ってるからいいけど(爆)。

20:45
サライ。
えっこんな晴れ晴れとした、明るいエンディングなんて今までなかったんじゃない??
いや、知らないけど。何となくイメージ的に。
どっちにしても。
こっちのがいい。ありがとう。アンガールズ!!
涙涙で終わるのも、それはそれでよし。
でも、本番中にしっかりと。達成感を感じてくれているから。KAT−TUNが。
それがもう、とにかく嬉しい。嬉しいよ。
1人残らず、6人みんなが楽しそう。「やり切った」って顔してる。
それだけでもう。胸がいっぱいだよ。
限りなくエンドレスなサライに歌いながら笑って引いてる仁くんが、
最後にとっても“らしかった”。

20:52
放送終了。
こんな、大き過ぎる充実感と空虚感との同居なんて、
たぶんもう一生ない。
とにかく今言えることは。
KAT−TUNがすきだ。それはもう、果てしなく。
今までも。そして、これからも。ずっと。

| 24時間TV | 03:28 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 03:28 | - | - | pookmark |