CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ABOUT THIS BLOG
当ブログは、管理人の個人運営となっております。KAT−TUN・赤西仁さん、及び所属事務所とは、一切関係ございません。また、内容の無断転載もご遠慮下さい。
ブログはリンクフリーですが、もしお申し出いただける場合は、リンクのメールフォームよりお知らせいただけますと幸いです。
その他、管理人へのメールも、メールフォームよりどうぞ♪
それでは何にもないブログですが、お付き合い下さいませ。
VISITERS


ただ今のお客様:
SEARCH


OTHERS











SPECIAL
MOBILE
qrcode
LINKS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
OTHERS

飛び込み前転 な キモチ

KAT−TUNがすき
赤西仁くんがすき
ほんとすき 大すき 寝ても醒めても。
それはもう
飛び込んで回ってしまいたいくらいに。
<< コメントレスなど。 | main | To Be Continued... >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
あなたがあなたでいてくれたら。
それから。

ひと恋観て来たよー
今日バイトに行く前に、これだけは上げちゃおうと思います。


ひと恋…
こ、、これ、ほんといいドラマじゃござやせん??
マジ普通にハマっちゃってるんですけど。。
なんか今は、
「亀ちゃんや聖が出るからすき」なドラマじゃなくて、
「このドラマに2人が出てくれててラッキーvv」って感じ。
や、むしろその“最高”を作り上げてるのは、
2人始め出演者や制作スタッフの皆さん自身だってのはわかってるんですけど。


なんかちょっと今回は、細かく語りたいかも。。

まず、中村雅俊の息子めーー!!
ってゆうのは置いとくとしまして(←じゃあなんで書いたの;)

弘人が菜緒を追っかけてった後の「ありがとう」の言い方聞きました??
あのしっかりした凛々しい言い方!最高じゃないかーー(泣)
もうそこだけリピっちゃったよ…;4回くらい(爆)
その後のもごもごした笑顔も、
「亀ちゃん演技うまくなったなー」って思った。
これ…亀ちゃんなんだよね…
やばい。。早くも、完全に弘人くんになってしまった。
MAKOの中で。。。


菜緒ちゃんが電話で、勢い余って告白するシーン。
これ、こんな幻想的でベタなラブストーリーの中で、
逆にものすごくリアルで感情移入しやすいな、と思いました。
ドラマで見ると拍子抜けしちゃうような展開かもだけど、
実際こんなもんかもしれないよね。
こうゆう大事なとこを、シチュエーションでドラマチックに演出するんじゃなくて、
台詞回しや俳優の演技だけで雰囲気を作っちゃってる辺り、
「やるな」と思ったね(にやり)←何様!!


あとね、ドラマの中で甲が演技してるの見て、
「聖が演技の演技してるーー」と思って、面白かった。
や、ウケた、とかじゃなくて、
「ほおっ」と思ったの。
不器用でまっすぐな甲が、更にとっても素敵に見えました^^


そして最後のシーンでございますよ…
やっぱ亀ちゃんは、同年代ラブが正解だったね。。
これ散々MAKOは言い散らしてたけども。
これしかも、亀ちゃん&はるかちゃんでドンぴしゃりでないかい??
別に、そこに年上だとかそうゆう年齢差による
お色気的な「萌え〜」展開は必要ない気がする。
同じ目線で2人で一緒にひたむきな感じが、
やっぱりものすごくハマってる気がするよ。
ほんとこれは亀ちゃんにぴったりな役だなぁ…

弘人の嫉妬のし方とか、
ばいばいの後振り返らないでどんどん離れてく菜緒の背中を
何となく寂しく感じちゃったりとか、
どんな気持ちも整理できないまま正直にぶつけちゃうとこが可愛いよね。
ある意味菜緒より幼く感じるよ。

「あなたがあなたでいてくれたら」
菜緒の言葉がもうガツンと響いた。
理屈じゃ説明できない部分で、相手自身が欲しくてたまらないんだよね。
でも、相手の存在そのものを愛しく感じているのは、
もしかしたらむしろ弘人の方なんじゃないかな。
少なくともあの画面からは、それが伝わって来た。
菜緒を見つめる弘人の目は、もうしっかり彼女を心で求めてたよね。

それで最後のちゅーですよ。
2人にとっての初めては軽めのってのもいいよね。
しかも弘人の方から。
また菜緒ちゃん天然に自分から「ちゃんとして」ってあーた…(゜゜;
で、改めて「ちゃんと」するときは、
まずしっかり見つめ合うんだけど、
その後弾かれたように性急にくっつけ合うとこなんか、
もうほんと胸がぎゅーっってなったよ…
泣いちゃったよ…(←なんでだろうね;)
「もう止められない」感が溢れていてね…
止められないけど、障害がありありなことはもう目に見えてるし…
でも、すきになっちゃったんだもんね。。
愛しちゃったんだもんね。。
愛されちゃったんだもんね。。
一旦抱き合っちゃったら、もう踏み止まれないよね。。

ああ切なひ;;


また次週予告の甲くんがあーた…
超ド級にかっこよいんでなくて??
「可愛いだけで好きになったと思うなよ」
裕子ちゃん相手に「思うなよ」キターーーーー
いっつも裕子に対しては下手に回った感じの振る舞いしかできなかったのに…
初めてちょっと感情剥き出してない??
やばいもう超かっこいい。超かっこいい。

やだもう。
来週が楽しみで楽しみで仕方ないよ。全く。
展開は、100%幸せばかりじゃないってわかってるのに。
それはものすごく恐いのに。
でも、単純に、「続きが早く観たい」です。
これだよこれ。これこそ、ドラマの醍醐味でしょ。

よかった。
このドラマで一喜一憂してれば、そのうちに年末になって、
その前後にHappy!2、白虎隊もあって、
その頃にはきっと新しい発表もあるかもしれないし。
辛いことがあっても、確かな幸せを感じながら、年を越せそう^^


それと。
これ、賛否両論かもしれないんですけど。
亀ちゃんの演技に、仁くんの要素がプラスされて来たわ。。
私の中で、
「亀ちゃんは心で演じる人」
「仁くんは目で演じる人」
ってゆう認識があるんですけど。
亀ちゃんの目の演技に、磨きがかかって来た気がする。
ふふ、レベルアップしてる。確実に。
こりゃ仁くん、頑張んなきゃね!
2人で切磋琢磨するのは、MAKO的にとっても心地よい^^
仁くん負けず嫌いだから。離れた場所でも、競い合ってよ。みんなと。
あっちでいっぱい大きく豊かになって、
また私たちの前で色んな顔見せてよね。



てゆうか私。
もしかして相当言い回し恥ずかしい??(←今更。)
結構友達とかにも真顔でこっぱずかしいことゆうよね、私;>私信
でもまぁたぶん今後も変わりませんけども。。


あ、あとあと。
こないだ初めてのだめを見てたら、血が騒いじゃって。
音楽って…素晴らしいねっ(←若干胡散臭い;)

私、小田さんの音楽の作り方とか、ほんとすきで。
メロディラインは短調で何となくもの悲しいのに、
和音は長調だから暗くなり過ぎなくて。
ずーっと長調かと思ったら、締めで短調持って来たり。
その逆も然り。
その切なさがいいよね…

この曲もな…ほんといい曲なんだよな…
いつか、ほんとに、いつになってもいいから、
仁くんも一緒に歌ってね。
6人で、歌ってね。


******
ひ、ヒガシ先輩が、かの悲劇の松平容保公なんすか!?
浅野内匠頭とかさ…家臣からの忠義は厚いけど、
何となく悲劇的な役ばっかやね…;ヒガシ兄さん…(爆)
聖くん、いっぱい勉強さしてもらいなパィ^^



じゃあこれからバイト行って来まーーす^^/
帰って来たら、ウタワラ感想UPするつもり^^
| たったひとつの恋 | 20:06 | comments(1) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:06 | - | - | pookmark |
いっつも会議でひと恋見れないんだけど、ここのレポだけで把握してます笑。ってことでこれからもレポやってね☆笑。
MAKOがね、恥ずかしい事言うのはもうしょうがないよね。でも私も似たようなものだよね。
| ヒロ | 2006/11/01 11:04 PM |